虹の女神 Rainbow Songの作品情報・感想・評価

「虹の女神 Rainbow Song」に投稿された感想・評価

話の構成が退屈しないでよかった。本編より「The End Of The World」のほうが好き。
RA

RAの感想・評価

2.0
公開時に見たきりなので記憶があまりないんだけど、上野樹里が可愛くない女だな、と思ったことは覚えてる。

上野樹里巧いんだけど、巧いからこそちょっと嫌な女とか可愛くない女やるとほんと可愛くなく思えちゃうんだよな…
このクソみたいな邦題のせいで、見逃がすところじゃったい。

岩井俊二が絡んでるのを知って観た。

やられた。なんか上野樹里がとてつもなく自然で切ない。切なすぎて辛い。ベタな映画だと思って観てたけど、ラストでおらはやられたばい。

2006年の映画なのに、昭和のように古臭く滑稽で。自主制作映画のだささが効いとる。

他の作品ほとんど知らんけど、上野樹里ってこんなに良い女優さんだったのか?蒼井優も登場シーン少ないけれど良かった。市原隼人は中学生に見えるぞ。相原翔子のくだりは岩井俊二感を出したかったのか?よくわからんが。

しかし虹の女神 Rainbow Songて。

邦題考えた奴、オッケー出した奴、なんとか懲らしめる事は出来ないだろか。ならおらが考える。えーとえーと「あらやだ虹だわカメラ止めないで」とか。

おらも処罰してけろ。
akology

akologyの感想・評価

3.0
前半は、ハズレかな?と思ったけど、ストーリーが徐々につながり、最後は人の絆がつながり、なかなか良かったです。

この頃の市原隼人の若々しさ、みずみずしさときたら…男の人はいつのまにかオッサン化してしまうのが残念。
一方、蒼井優ちゃんはこの頃も今もみずみずしさが変わらない。
改めて、昔から良い女優さんだわ
aopon

aoponの感想・評価

3.0
久しぶりの再鑑賞。
年上との恋の章がやっぱ意味不明。
上野樹里と蒼井優の透明感が素晴らしい。
やよい

やよいの感想・評価

3.0
「環水平アーク」が1番目に出てきた٩(ˊᗜˋ*)و
テンション上がる。

...が私の最高潮。
そこからは何となくダラダラ。
ながら見だったからかも。

というか、多分苦手系の映画。
やっぱり岩井俊二が原因?(-∀-`; )
とても切ないストーリー。
学生から社会人になる時の夢と現実のギャップ、恋人と友達のギャップが歯がゆい。
映画撮影のシーンが大変そうでおもしろい。
最初の市原隼人のグイグイキャラにだいぶイラっとしたのと、年上詐欺女性との章を入れるなら、もっと他の話できただろう。。ということで減点
ただ切ないしやるせないストーリーだと思ったけど、あとから心に刺さるものがあったなと思う映画だった。
莉子

莉子の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

正直、映画をみんなで観るシーンまでは面白いと思わなかった
なんか、中途半端で初々しいのが嫌だった
だけど、大学生がこんな素敵な映画を作ったって知った時からはその気持ちを含めての作品なんだって。なんか好きになった

あぁ、人間はキラキラしている時としてない時があるんだなぁ。キラキラの時はそれに気づかずに楽しいが無くなると過去に縛られる。果たしていいのか。良いんだよね、、?
心の軽い麻薬なのかな、なんてね。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.5
ボーイッシュな上野樹里も歯がゆい市原隼人も初々しい蒼井優も素敵だワァ
そして相田翔子、棒読みながらなかなか頑張った。

冒頭にラストを持って来て、ラストに冒頭のシーンに戻る。こういう構成は好み。
その後に起るあらゆる事が切なくなる。
>|