ギフトの作品情報・感想・評価

「ギフト」に投稿された感想・評価

ケイトブランシェット、キアヌリーブス出演、ジャケ写を観て、ホラー作品だと思っていましたが、少しホラー要素ありのサスペンス作品と言った感じの作品

レビューを観ると、結構、評価が低かったのですが、個人的には結構好きな作品でした

特殊な能力を持ったアニー、予知夢や恐ろしい光景が見えるシーンは、ホラー要素も少しありで、中々、面白かった

途中で真犯人が誰か、わかってしまいましたが、そこそこ楽しめました

もう少し、ホラー要素があっても良かったかも
なさか

なさかの感想・評価

3.2
多少オカルト要素のあるサスペンス映画という感じですね。
主演の女優さんが美しいです。
‪霊能者が、失踪事件の協力をする話!‬
‪犯人はまぁ予想通りやけど、ちょっとホラー要素もあってドキドキしたし、予想外だったこともあったから、面白かった!‬
totoruru

totoruruの感想・評価

2.4
豪華なスタッフ・キャストによる、オカルト・サスペンス。


監督は「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ。
「シンプル・プラン」「アルマゲドン」に出演しているビリー・ボブ・ソーントンが脚本に名を連ねています。

キャストは、ケイト・ブランシェット、キアヌ・リーブス、ヒラリー・スワンク、JKシモンズ、ケイティ・ホームズなど。


ケイト・ブランシェットが人の運命を読み取る能力を駆使して失踪・殺人事件を解決するオカルト・サスペンス的な作品。

人によっては突然の音や映像でビックリさせられるかもしれませんが、ホラーではありません。


中盤までは大した事件も起こらず、淡々と物語が進みます。

事件が起きてからは、最初の犯人の有罪確定の様子、真犯人逮捕後の釈放の様子などが描かれていないため、なんだか中途半端でモヤモヤします。


また父親を亡くしたことによる息子の心の傷、息子とケイトとのわだかまり的なことも描いているのだが、いかんせん中途半端に感じた。

物語の本筋とはほぼ関わりがなく、かと言って母子の問題解決に時間を割いているわけではないので、ラストが感動させたいがために取って付けたシーンに思えてしまう。


とにかく中途半端な作品という印象は拭えない。


ケイト・ブランシェットの演技は流石の安定感😃

ケイティ・ホームズのビッチ感はお見事😅

キアヌ・リーブスのDV夫は、目が怖くないのでイマイチ🤔

ヒラリー・スワンクは、DV被害者の悲壮感が足りず、顔が腫れていてもボクシング後かなと思ってしまう😑
そして、その内キアヌを殴り倒すのではと思わせる何かを感じる😱

JKシモンズは役に関して違和感ゼロで、本職の方ですか?と思ってしまいます🙂


個人的MVPは、ジョヴァンニ・リビシです😁
前半とラストでは別人のようで素晴らしい演技でした👏👏👏
mukomadori

mukomadoriの感想・評価

2.5
なんかサム・ライミ監督って名前だけが先行してる気がする・・・

ホラーかと思って観てたらサスペンスか。それもめっちゃ90年代ぽい。ジャケ詐欺。

ケイト・ブランシェットが今よりすこーしだけ若い感じできれい。ケイティ・ホームズの縦に長いパンティが印象的。

#ジャケ詐欺
yuukun46

yuukun46の感想・評価

2.5
うーん、ホラーとしてもサスペンスとしても何か満足出来ませんでした。主人公が中途半端な霊感の割に出しゃばり過ぎな感じで若干イライラ。またホラー要素は時々急に大きな音でびっくりさせる以外にありません。
豪華キャストだけに残念でした。
しゅぺ

しゅぺの感想・評価

3.1
滑ってパンツ丸見えびっくりしたし、ジェシカの巨乳垂れ乳暴れまくってて驚いた。
ひろ

ひろの感想・評価

2.5
キャストが豪華!


JKシモンズたちが家にきてカード見るとこのケイトブランシェットの着てるTシャツがワニ?の絵で笑った。
ペンキで滑ってスライディングするケイトのパンツ丸見えも良い!
papi

papiの感想・評価

4.0
下手な人がやったら完全に火サスレベルの話なのに、ケイト・ブランシェットの上手さでほんのり感動まで出来ちゃう。テッド・バンディに似てる人だな、犯人かな、と思ったら犯人だったんで、アメリカン殺人者面なんだろな…。サイキックはつらいよ、なアプローチって珍しいので、ほんとにサイキックって大変だなとお勉強に。ケイティ・ホームズの誰にも絶対感謝しない骨の髄までビッチ感、素晴らしかった〜。
霊感でゴリ押ししてる感じ、最後は無理があるのでは…?ってなった。
バリー役の演技の違いはすごい。
霊感とか占いとかモチーフにして映画にするのは面白いけど、やっぱりどうしてもご都合主義になりがちだなーという印象。
>|