夜の道の作品情報・感想・評価

「夜の道」に投稿された感想・評価

パトリック・スチュワートによるアコーディオンの演奏が聴ける気楽な映画。鉄道をクビになってから5年も方々でアコーディオンの弾き語りをして食い繋いでいる正義感の強い兄と、野盗の一味に加わり様々な悪事に手を染めてきた弟は絆を取り戻せるのか?という話。
オーディ・マーフィはパトリック・スチュワートを丸顔の童顔にしたような顔をしていて、ふたりが並んでいると確かに少し似ているし、兄弟だと言われればああそうなのかと納得してしまう。
タイトルに反して夜間のロケーション撮影はないのだが、暗闇のなかで発砲するシーンはカラー映画だからこその表現だったのだろう。
アコーディオンに関する豆知識だが、夏場だからといって薄着で弾くと、蛇腹の部分に挟まれて乳首が破壊される。マジで痛いので多少なりとも服を着て弾こう。
2015
ストーリーよく覚えてないけど、ジェームズ・スチュワートだから悪くないはず!
totom

totomの感想・評価

3.0
【あらすじ】コロラド山脈の奥地で、鉄道の工事作業隊への給金輸送列車が襲われた。鉄道工事会社の支配人は現場へ給金を届けるため、輸送金の護衛を元鉄道員のマクレーンに依頼。5年前、列車輸送強盗団の一味だった弟ユティカを追っ手から逃がしたのが原因でクビにされたマクレーンは、今はアコーディオンを道連れに各地を渡り歩いていた。条件つきで引き受けたマクレーンは預かった1万ドルを懐にしまい、コロラドの作業場へと向かった…