アベンジャーズの作品情報・感想・評価

アベンジャーズ2012年製作の映画)

THE AVENGERS

製作国:

上映時間:144分

3.8

「アベンジャーズ」に投稿された感想・評価

ド派手だなー。って感じ。

要するに「核にもなるダイヤを盗んでテロを目論むマフィアと、それを追うデコボコ刑事モノ」のスケールデカい版。

とりあえずここでフェーズ1が終わり。やっとこ1/3ですか。


✔︎アイアンマン
✔︎インクレディブル ハルク
✔︎アイアンマン2
✔︎マイティ ソー
✔︎キャプテンアメリカ
▶︎アベンジャーズ
----------------
アイアンマン3
マイティ ソー/ダークワールド
キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー
ガーディアンズ オブ ギャラクシー
アベンジャーズ/エイジ オブ ウルトロン
アントマン
----------------
キャプテンアメリカ/シビルウォー
ドクター ストレンジ
ガーディアンズ オブ ギャラクシー リミックス
スパイダーマン ホームカミング
マイティソー/バトルロイヤル
ブラックパンサー
アベンジャーズ/インフィニティウォー
アントマン&スワイプ
✔︎キャプテンマーベル
アベンジャーズ/エンドゲーム
スパイダーマン ファー フロム ウォー
◎アベンジャーズシリーズ6作品目
フェイズ1/パート6

◎感想
今までの個々だった物語がひとつにまとまる作品です。
アベンジャーズフェイズ1の5作品のラスト作品に相応しい作品です。

そして中々ギャグ線の高い作品なので、所々声を出して笑うことになります。

予想していたよりも大規模な世界観の作品でしたが、それをきっちりと締める時も流石みんな大好きアベンジャーズなだけあり綺麗にまとまっています。

次回作も楽しみです!

◎より楽しむために先に見た方が良い作品
・アイアンマン
・ハルク
・アイアンマン2
・マイティー・ソー
・キャプテンアメリカ
寅さん

寅さんの感想・評価

5.0
繋がりが気持ち良い
この映画に限っては他のマーベル作品を、観たほうが200%増しで楽しめる。
他の単体作はある程度時系列バラバラでも楽しめるが。
特に言うことなし
誰推しかで変わる程度
自由からの解放、アメリカへの問い
もう全てを必然で繋げるという芸術的センス、大人から見れば無理矢理感は否めないが観ていて気持ちが良い
ワクワクが止まらない
キャプテンアメリカのユニフォームの件が嬉しい
ハンマー重いのに飛行機良く飛べるなとか考えてみる。
自意識と自意識のぶつかり合い
アメリカらしい。
コールソンがやられて、彼らがまとまるにはこれくらいのことがないと。って良いねーヒロイズムの自意識、他のヒーロー達と一緒。しかも虚構内にいて、私達側の視点で物をみている。

決意表明

良いじゃん!期待を残した終わりかた!

やっぱりこう言うの好きだよ!
3io

3ioの感想・評価

3.7
To catch up Avengers: Infinity War.
One of MCU movies.

Earth's mightiest heroes must come together and learn to fight as a team if they are going to stop the mischievous Loki and his alien army from enslaving humanity.

This is my first movie to watch this all heroes movies so I didn’t understand at some point. What I felt was that I need to catch up some backgrounds. However it is understandable even though I didn’t watch any other movies related to this movie.



初アベンジャーズ
面白かったです


父親とニックの吹き替え
誰かすごく考えた笑
竹中直人でした◎
つまらなそうなパーティーに笑った。そこがハイライトかも?単純にアメリカ産のヒーロー物って感じが拭えなかった。ヒーロー個人個人の作品のが面白い。ハルクの暴れっぷりは気持ちいい。
ケンヤ

ケンヤの感想・評価

4.3
アベンジャーズというプロジェクトは劇中で語られるように古臭くて実現不可能なアイディアだったかもしれない。
それは我々の住む現実世界にとっても同様である。
世界的に知名度が高いとは言えないキャラクター達を単体として映画化し、それを同じ世界軸にねじ込み説得力を出さなければならないという無理難題をこの作品はやってのけた。
各ヒーローの単体作品の積み重ねももちろんあるがそれを踏まえなかったとしてもこの「アベンジャーズ」単体でしっかり観客が着いてこれるように配慮がなされている。
しかもそれが過剰なセリフや回想などによる「説明」シーンではなく次々と展開されるストーリーの中でキャラクター達のやり取りや行動によって示される。
一見ごった煮のエンターテインメント超大作に見える今作はキッチリ「人物」を描くことに力を入れておりかなり真っ当な「劇映画」として勝負してきている。
人物に厚みがあることによりエンターテインメント映画としての軸の強さも遥かに増している。
突飛などんでん返しや取ってつけたような派手なシーンも必要ない。
王道な展開であっても感動に満ちている。
それはヒーロー達が実在感がありとても魅力に富んだ人物としてそこに存在し、奇跡のような勇気と行動を示してくれるからだ。

僕はヒーローが好きであるのはただ能力があるからじゃない。彼らがユニークで優しく人間味に溢れているからだ。
始めてのアセンブル
マーベルシネマティックユニバースは、キャラクターが多く登場するほど面白い気がする
それにしても、いつも内輪揉めしてるなこの人たち

どのキャラクターも見せ場があって良かった
特にアイアンマンの見せ場が多い
そして今作のMVPはロキ!
盛大に笑わせてもらいました
2012年公開
監督:ジョス・ウィドン
===

世界征服をたくらむ悪の神に対し、スーパーヒーローがチームを組んで挑むお話。

異星人の襲来、爆発するマンハッタン、圧倒的パワーのスーパーヒーロ、上官との確執と内部混乱などなど…

既視感だらけの設定で、良くも悪くも安定感抜群のプロットでした。「スーパーヒーローが夢の大集結」以外の特徴は、まあ、ないですね。これで熱狂出来るかどうかは、文化的背景を共有しているかどうかにかかっちゃっているので、日本人は大変だと思う。

プロットも文化的背景も含めて、「日本よ、これが映画だ」ではなくて、「日本よ、これがアメリカだ」っていう作品。これで熱狂するアメリカ人のメンタリティの方が興味深いです。

同じアメコミものでいったら、ダークナイトの方が、人間と向き合っているのと、裏切りがあるので、全然好き。

2012年8月21日
SUKERUMAN

SUKERUMANの感想・評価

4.3
待ちに待ったマーベルヒーローの
大集合作品、第一弾!!

それぞれのキャラクターが持つ個性が爆発して鳥肌立ちまくりでしたねー

正直、ストーリーは、まぁ。。笑

沢山のヒーローが一つのスクリーンに集まることに価値があり!
>|