パリの哀愁の作品情報・感想・評価

「パリの哀愁」に投稿された感想・評価

クロディーヌオージェの美しさは変わらず。ジュリーが…。過激派が急に出てきて脚本が酷すぎで突っ込みどころ満載。逆に楽しもうと努めました。クロディーヌオージェのシトロエンSMは格好良かったとだけ言い切れる。
べらし

べらしの感想・評価

2.4
アラブ・ゲリラの自動小銃が例のダカカカカ!っていう東宝SEで草
大口広司を最後までドラマに絡ませてあげて…
DjKokiAbe

DjKokiAbeの感想・評価

3.2
パリを舞台に、日本人の青年(沢田研二 )とフランス人の人妻の悲恋を描いた作品

今年の5月にCSで放送したんですね

かなり前にYou Tubeを携帯にDLしていて容量がいっぱいになってきたので観て削除しなきゃと思いやっと観ましたがテレビ放送をビデオ画質で録画した映像で音声と映像もズレまくりだったのでCSの綺麗な画像で観たかった…

相手役のクローディヌ・オージュ(フランスの女優、元・ボンドガール)がデカくて沢田研二が171cmらしいので175cmくらいありそうでした
クローディヌ演じるマリーの旦那が悪い人っぽくてカルチェのライターに毛皮のコート、シトロンのスポーツカーとお金には不自由はしてなそうだけど愛の無い生活を送っていたところにジュリーと出会って短い時間(テレビ放送の為にカットされ僕が観たバージョンは76分くらいでした )にこれでもかと詰め込んだ展開で今観ると斬新で突っ込みどころ満載でしたがナカナカ楽しめました

相手がゴツいせいもあったかもしれませんがジュリーが滅茶苦茶細くて華奢でした

美しい頃のジュリーの映画なので是非、DVD化して欲しいものです

ジュリーとクローディヌが抱き合っている本作の画像、沢山あるのでfilmarksさん、是非画像アップして下さい!

ジュリーは「太陽を盗んだ男 」「ときめきに死す 」とカルトな名作が多いですが1番カルトで大好きなのがテレビドラマの「悪魔のようなあいつ」です

内容がヤバ過ぎて1度も再放送されていない作品で、ここでの沢田研二はダントツで美しいと思うのでヤバい内容も含めて劇お薦めです
(以前、渋谷のTSUTAYAで5枚、計7時間半を全部借りて観ました )
出目×姫田の素敵仕事。70年代の少女漫画の雰囲気がパンパンに詰まっている。
沢田研二氏とクロディヌ・オージェの共演の恋愛モノでした。フランス⇆日本の言葉だったり不自然な感じは拭えませんでしたが、クロディヌがとても美しかったです。
s

sの感想・評価

-
小さい頃、サムライとかがヒットしてた頃かな。しかも昼間に普通に民放で。そんな時代だったんだよね。それきりですが、頭にイメージが残ってる。