ゴッドファーザーPART IIの作品情報・感想・評価

ゴッドファーザーPART II1974年製作の映画)

THE GODFATHER: PART II

製作国:

上映時間:200分

4.2

「ゴッドファーザーPART II」に投稿された感想・評価

1969年に発表された小説の映画化を、第45回アカデミー作品賞を受賞した前作に引き続き、「フランシス・フォード・コッポラ」がメガホンを撮った本作。第47回アカデミー賞では作品賞を含む6部門を受賞、アカデミー作品賞を受賞した映画の続編が、再び作品賞を受賞した、現在に至るまでアカデミー賞史上で唯一の作品。物語は前作では描けなかった父(ロバート・デ・ニーロ)の青年時代と、息子(アル・パチーノ)の二つの異なった時代の物語を平行させる、当時では型破りの展開で描き、PartⅠの内容を”しっかり”把握していればより楽しめる。今でこそ誰もが認める名優「ロバート・デ・ニーロ」は、撮影当初はまだ無名の存在であったのだが、同作の助演男優賞に同時にノミネートされていた「マイケル・V・ガッツォ」「リー・ストラスバーグ」に圧倒的な演技力を見せつけ、アカデミー助演男優賞を受賞。
高校生の時に初めての鑑賞から30年近く経ち、それなりに映画にも詳しくなってきたが、今観ても複雑なストーリーではないが、溢れる気品・格調の高さは圧倒的で、細かい部分などに指摘を入れる隙を与えない。昨年度のアカデミー受賞式を見て思うことは、失態もあるだろうが、このような本物の傑作をアカデミー賞というものが選び、映画史に残していく事が最も重要な事だと強く感じる。
高校生

高校生の感想・評価

3.9
「不可能だ」
「不可能はない」
「大統領を暗殺するようなもんだぞ」
「驚いたな この世で唯一確かなのは
人は殺せる。」
1作目を遥かに超える映画としてのクオリティの高さ。
完璧すぎる元祖続編映画。
テンポの良さ、俳優達の演技力、なにより映像が持つ迫力が凄まじい!
これは壮絶な20年のタイムトリップだ!
全ての殺戮はクロスする…
yume

yumeの感想・評価

4.5
脚本の重厚感が凄すぎて、あと3回くらい観ないとⅡの良さを理解できたとは言えない気がしている
唯一、編曲が解せん

このレビューはネタバレを含みます

父親からファミリーのビジネスを受け継いだマイケル。さらなる拡張のためマイアミのロスと手を組もうとするがロスはマイケルを殺そうと企む。兄のフレドがロスに騙されて手を貸してしまったためのものだった。
ロスの陰謀により委員会で聴聞を受けるがなんとか切り抜ける。
そして、母が亡くなるとフレドを殺し、すでに力を失っているロスも暗殺する。他方、妻のケイはマイケルの子は生みたくないとお腹の子を堕胎し家を出される。
ビトの若い頃の映像と対比的に話は進んでいく。
マイケルの冷徹、非情さに気持ちがついていかないので一作目より低い点数に。反面、一作目も二作目もビトがカッコよすぎるんだよね
うるふ

うるふの感想・評価

4.2
おはようございます(^_^)ノ

レビュー50本突破!

今回はちゃんとしたレビュー笑

若き日のビト

そしてドンを継いだマイケル

見事な対比ですね

それにしてもデニーロ・アプローチは本当にすごいですね!

マーロンブランドが作り出したビトというキャラクターを完全に自分のものにしているのが脱帽です。

演じるのは凄く難しそうに見えるのに

オールバックのアルパチーノイケメン

1だと美男子だったけど青臭さが全くなくなってる!

ここで少し豆知識

デニーロはシチリア島に実際に住み、シチリア語を完全にマスターしたうえで撮影に望んだとか。

シチリア語はイタリア語とは別の言語らしい。

いつものレビューに戻ります。

ミケーレ

お前は大切なものを一つ忘れている

何を忘れているか 

私は家族を作るために行動し

お前は家族を守るために人を殺した

みだりに考えを口に出してはいかんが


ドンは自分の心に忠実にならなければいけないのだよ

お前にだけは継がせたくなかった

パパはお前を愛しているよ
つらい
栄枯と盛衰の2つの世界
得る男と失う男
つらいなぁ

スパゲティのシーンが見たかったので見ました
Hinako

Hinakoの感想・評価

3.0
イタリア語慣れてないから、疲れるけど。
シリーズをイッキ観した後、「俺の大切な奴に手を出す奴は許さねぇ」っていう感覚が残るのと、暴力について考えさせられる。

それにしても長かった。
>|