ギャング・オブ・アメリカの作品情報・感想・評価・動画配信

『ギャング・オブ・アメリカ』に投稿された感想・評価

norichan

norichanの感想・評価

3.0
伝記を記すべくマフィアのボスにインタビューする作家。俺が死ぬ前に公表したら殺すと脅されるが…
実話
ハーヴェイ・カイテル

サム・ワーシントン

ジョン・マガロ
実話ベース すごい。キューバ、ユダヤ人、イスラエル、CIA。流れた血、栄光と孤独。
シネマ

シネマの感想・評価

3.0

2時間弱…長かった…
伝記モノらしいが、背景がわからないと面白さもわからないのかも…

ハーヴェイ・カイテルの演技で最後まで観られた感じ

あれ、誰が観てもハニトラでしょ…本人だけが気づかないという…

>>続きを読む

老人の過去話を聞いているという形なので、現在も過去もあまりに淡々とローテンションのまま進んでいく。邦題はギャングだけど、これは実業家の話(少なくとも当人からしたら)であるような…。
盛り上がりには欠…

>>続きを読む
Maoryu002

Maoryu002の感想・評価

3.8

作家デヴィッド・ストーン(サム・ワーシントン)は伝説のマフィア、マイヤー・ランスキー(ハーヴェイ・カイテル)の伝記を書く機会を得てインタビューを始めるが、逆にランスキーに自身の家庭問題を掘り下げられ…

>>続きを読む
あとり

あとりの感想・評価

3.1

名前でしか知らなかったマイヤー・ランスキーの半生は壮絶で壮大だった。
ユダヤ系としての生い立ち、ビジネスマンとしての手腕、夫や父としての素顔が取材を通して語られる。
ドンパチはほぼないが、ハーヴェイ…

>>続きを読む
う~む、特にコメントはない。この手のギャング作品は観たなぁ。タイトルは忘れたが😅。私の好みではなかった。以上
ハーヴェイ・カイテル
サム・ワーシントン

自分をどう評価するか?大切な評価は一つしかない。
 「愛する人の目に、自分はどう映るか?」

「過去は変わらないが、過去の捉えられかたはかわる」

ランスキーもルチアーノも時代や環境が彼等をマフィアに育て上げた。マイヤー·ランスキーが他のマフィア達と違ったのはやはり頭脳だったんでしょうね。知らなかった事がちらり見えた気がして面白かったです。
禁…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事