グッド・シェパードの作品情報・感想・評価

「グッド・シェパード」に投稿された感想・評価

第二次世界大戦からキューバ危機までのCIAが組織されるまでの話。解説聴きながら観てたけど、伏線がすごい。ぼーっとしながら見てたらたぶんそんな面白くないけど、伏線見つけ始めるとめちゃおもしろかった。
ななな

なななの感想・評価

4.0
久々に頭の中をフル回転しながら映画観ました。
時代が前後するし、登場人物が似ていて
「この人誰だっけ?」って思うことがしばしば。1回観ただけじゃ理解するの難しいです。。
このあたりの歴史を知っていればまだわかっただろうけど・・・

とか言いつつ、この映画好きやわぁ。
周りの人を信じられることや、自分を信じてくれる人がいることって
本当に幸せだなーって感じました。

それと、マットデイモンが全然老けてないのが気になった(笑)
 アンジェリーナ・ジョリーはゴツくて苦手なんだけど、初めて良いと思えた。でもそれだけだったな。変に重苦しくてお話は分かりにくい。デ・ニーロ監督作なら「ブロンクス物語」を観ましょう。
ayouk

ayoukの感想・評価

3.4
子供だった息子がいきなりエディレッドメイン君になってから時系列が頭の中で混乱してきたんだけど、父親役のマッドデイモンがエディ君と歳が近いなぁってとこと、老けないとこと、コート着た後ろ姿が冴えないとこにイマイチ内容に集中できず…

ハラハラドキドキではなくドロっとしたCIAのお話。

デニーロ監督、大学の博士号をとってるだけあり、んー、内容難しい!
es

esの感想・評価

2.5
キャストは好み。
もう1回観たら感想が変わりそうだけど、これっきり観なさそう。
nagisa

nagisaの感想・評価

3.0
難しかった
若かりし日のエディレッドメイン、でも今とそんなに変わってない 歌うまかった
一回じゃ内容理解できない…
CIAの成り立ちを背景にした一人の諜報員の物語です。時代の背景は1930年代~1940年代、1960年代から1970年代と二つの時代に跨がった時系列シャッフルとなっております。そのため、気を抜いてると話しの流れに置いてきぼりを喰らうことになるので、注意が必要です。
当時の歴史に精通されてる方なら、かなり楽しめると思います。ヒトラーの台頭から第二次世界大戦の終焉まで、ソ連との冷戦時代と激動の時代に生きたCIA諜報員の人生を実話ベースで描写しているのは興味深いところです。
家族にも自身の正体を知らせられない苦悩はどんなものだったのでしょうか?世界が違いすぎて想像することさえ出来ませんでしたが…。
キャストも豪華です。マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー、ロバート・デ・ニーロと文句なしです。ただ役にマッチしてたかは疑問です。デイモンは台詞の少ない役でしたが、表情で語る役者であらず…。その妻役はアンジェでなくても良かったですし、むしろ彼女はCIA諜報員の役のほうが似合います。デ・ニーロに関しては、もっとアクかインパクト強い役でないと物足りません…。
そうは言っても、重厚感ある作品です。最近では珍しいじっくりと堪能できる映画ですね。
まほに

まほにの感想・評価

2.0
公開時に観たけどいまいち理解出来ずとても退屈だった思い出…
いつかまた観たら感想が変わるかもしれないけど、また観る勇気はない。
tottsun

tottsunの感想・評価

4.0
個人的にエディレッドメイン祭り開催中②
私が最近見た映画35
「グッド・シェパード」
内容は1961年4月17日、キューバ革命により共産主義政権へと変わったキューバのピッグス湾にてアメリカ中央情報局(CIA)内部の情報漏れによって作戦は失敗してしまう。CIAは窮地に追い込まれ、作戦の指揮を執った諜報員・エドワード・ウィルソンにも疑いの目が及ぶ。そんな中、彼の元に一本のテープと写真が送られてくる。
果たして情報を漏らしたヤツとは…
また、来ましたスパイ映画。
これは「裏切りのサーカス」と同じように派手さは無く、静かに進んで行きます。
1回だけ観るよりも2回、3回と見るべき映画だと思います。
主演はマットデイモン、その奥さん役にアンジェリーナジョリー、監督はロバートデニーロです。
その2人の息子役としてエディレッドメインが出てました。彼が出ているというだけで気になって借りた割には好みの映画に出会えたというか、好きな分野でした。
私的には☆☆☆☆かな。
レンヤ

レンヤの感想・評価

3.6
CIAの諜報員として生きる主人公(マット・デイモン)を通し、秘密結社、戦争、恋愛、家族、ifを描く。タイトルは聖書の「善き羊飼い」から。らしい。「ダ・ヴィンチ・コード」でも感じたのだが、こういう宗教色強めの作品は日本人にはピンと来にくいと思う。長く重厚なストーリーなのだが、組織中の地位を駆け上がっていくと同時に孤独を深めていく主人公が切なく、家族を省みず組織と国に身を捧げた男の英雄譚という塩梅だろうか。サスペンス好きなら楽しめるのでは。
>|