ゴッドファーザーPART IIの作品情報・感想・評価

ゴッドファーザーPART II1974年製作の映画)

THE GODFATHER: PART II

製作国:

上映時間:200分

ジャンル:

4.2

「ゴッドファーザーPART II」に投稿された感想・評価

マイケル・コルレオーネの物語

父親みたいになりたかった。

約束を守り忠義を重んじ組織の為に生きていく事を引き受ける。が信頼は得られない。家庭を愛するが崩壊する。

どこで間違えた?

人の失敗を許せない。立ち止まって振り返りまた前を見る。最善の道を考える。考える。だが結局、人の失敗を許せない。

ああマイケル。
傑作であることは間違いない。
本作を好きな方も大勢いると思う。
たぶん皆さんと同意見でレビューコメントもかぶると思い、本作の感想はあえて差し控えたい。
その代わり、本作に関わるエピソードをひとつだけ。
学生のころ映画のチラシ収集が流行っていた。本作のチラシが高値で取引されていて自分はそのチラシを持っていた。
中学生の美術の授業でレコードジャケットを自由に書くという課題が出されたとき、本作の当時のチラシ(現在のパッケージとは異なる黒と白のシンプルなデザイン)をコピーし完成させた。
出来上がった作品を見て我ながら出来の良さに自己満足感に浸っていた。すると、クラスの女子がこちらを見て何か言っているのに気づく。
いやな予感は的中。どうやら自分の作品に興味を持ったらしい。案の定自分の作品を取り上げクラスメイトに見せびらかすという暴挙に出た。
ひたすら恥ずかしい思いをしたことを今でも覚えている。
映画チラシ関連でもうひとつ。
クラスメイトに西くんという男子生徒がいた。彼の本名は別にあり、あしたのジョーに出てくるマンモス西に風貌が似ていたのでそう呼ばれていた。
心優しい人物で彼も映画チラシを集めていた。
ある日、事件が起きた。彼が大切に持っていた「ET」のチラシが見るも無残にぐしゃぐしゃになっていた。
その瞬間でチラシの価値は無くなり転売もきかない、そんなチラシを見てひたすら震えながら怒りと闘っている西くんを見て、声をかける事が出来ない、ただただ気の毒に思い何も出来ない自分が情けなかった。
Guy

Guyの感想・評価

4.0
静かなる崩壊と華麗なる誕生。
マイケルの苦悩とビトの力。
圧倒的傑作。
ジョン・カザール
capakyun

capakyunの感想・評価

3.9
アルパチーノがスカーフェイスの時の3億倍くらいかっこいい
Shizka

Shizkaの感想・評価

2.5
前作でもそんなに良かったとは思えないのだが、美学があった。今回はシリーズ中で一番ダメかも。二大スター共演はお!と思うけどね
一葉

一葉の感想・評価

3.0
顔がなかなか覚えられず、行動理由がすっと頭に入らなかった。
ファミリーがいなくなっていくね。
Minami

Minamiの感想・評価

3.7
マイケルに貫禄が出てきた!
ikuko

ikukoの感想・評価

5.0
なんてったってパート2 ❣️
>|