アスファルトの作品情報・感想・評価

アスファルト2015年製作の映画)

Asphalte/Macadam Stories

上映日:2016年09月03日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

フランス、郊外のとある団地。車椅子生活を送るハメになったサエない中年男と訳アリ気な夜勤の看護師。鍵っ子のティーンエイジャーと落ちぶれた女優。不時着したNASAの宇宙飛行士とアルジェリア系移民の女性。寂れた団地を舞台に、孤独を抱えた6人の男女に予期せぬ出逢いが訪れるー。

「アスファルト」に投稿された感想・評価

Aryasa

Aryasaの感想・評価

3.8
多くを語らず観る側に登場人物の背景を推察させるというか、感じさせる。それがまた話に入り込んでしまう。それぞれの孤独と、それぞれの背景。踏み込みすぎない距離感。日常にはありえないけど、宇宙飛行士のくだりが一番暖かく響いた。
あや

あやの感想・評価

2.5
最後のイザベルさんが窓から顔を出すシーン、すき!
ジャケットのシーンです。

静かーな映画でした。
メインの6人にすごい大きい変化があるわけではないしちょっぴり心が温もるちょっぴりの刺激が良い。

フランス映画だったか...
これがわかる感性がまだ私は育ってなかった。

悔しい。だが分からん。
めぐみ

めぐみの感想・評価

3.5
なんだか不思議な映画。ツタヤで物色してたらジャケットのイザベル・ユペールに目が留まって借りてみることに。

フランス郊外のさびれた何もない街の何でもない一つの団地の中で起こる3組の男女の話。フランス映画らしく(?)特別大きな何かがあるわけではない(と言っても宇宙飛行士が団地に不時着するのは大きなことだけど)、けどそれぞれ心に孤独を抱えていて、その孤独を不器用に静かにゆっくりとおそるおそる埋めていく、そして少しずつ優しい気持ちになれる、そんな映画だった。

2階に住んで階段で自宅へすぐ行けるからエレベーター工事の費用は出したくない孤独な中年男がひょんな事故(でもすごいホラー)で車イス生活を余儀なくされさあどうする×孤独な夜勤の看護師。

鍵っ子で孤独な美少年(監督の息子らしいがものすごくこの少年が美しい!この子の為に見てくれ)×昔は有名な女優だったけど落ちぶれて次の舞台に立候補したいがうまくいかない孤独な女(イザベル・ユペールが64歳らしいのだけどめたくそ美しい)

NASAの宇宙飛行士×息子が刑務所におり孤独で慎ましい生活を送るアルジェリア系の老女…(この組み合わせ、全く言葉が通じないのにどんどん気持ちを通わせていくところが素敵だった)

そんな3組が孤独を埋めあう静かで寂しくて優しい話。
オチも含めなんかじわ~~とした。好き嫌いは別れそう!でもほんわり。
まあなんせ鍵っ子の美少年と元大女優役のイザベル・ユペールの組み合わせの画面の美しさが良いので…あでも心がほっこりは宇宙飛行士の話かな~~~
tomoya

tomoyaの感想・評価

4.0
性別年齢人種を越えて。
YokoGoto

YokoGotoの感想・評価

3.3
<落書きだらけの団地で、孤独と隣人のぬくもり>

イザベル・ユペールは何歳なのか?
実に、64歳ですよ!あんな現役感の漂う女の色が気漂う64歳いますか?(笑)あんな64歳になろう。(笑)

イザベル・ユペールにリスペクト。
ひぐ

ひぐの感想・評価

3.9
かなり良かった
ひとつの団地のなかに生まれた3つのストーリー。
みんな格好悪くて一生懸命で優しくて、
大好きな作品になりました☺️
ゆったりとした映画だけどクスリポイント多いからサクサク観れる!
>|