R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私の作品情報・感想・評価

「R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私」に投稿された感想・評価

a

aの感想・評価

3.0
2013年2月2日公開。 監督は竹中直人。

原作は「女による女のためのR-18文学賞」を受賞した、蛭田亜紗子の同名小説。

会社や母親との関係にストレスを感じてるOL(平田薫)が、自分で自分を縛るプレイにハマるお話。

おとなしめな女性が主人公なのだが、彼女が会社でのストレスにさらされたり、バシバシくる感じの母親にガミガミ言われたりする様が、観てて悲しい。 そんなに重い表現じゃないのだが、いたたまれない気持ちになります。

彼女も含めて、会社の上司や同僚が登場するたびに、その人の生い立ちから現在までがイラストとともに手短に紹介されるのが面白い。 上司のひとりの、「モデルになったがあまりにナルシストすぎて現場で反感を買い、3か月で引退」とか結構笑えます。 みんなどっかで挫折してる人たちばっかりなので、なんか親近感がわきます。

最初はビニールテープで縛ったりしてたのだが、本格的な縄で自分でなめしたり、完成した縄をうっとり見つめながら舐めたりするシーンはなかなか淫靡です。

その行為が段々エスカレートしていきつつ、周囲の人たちとも絡んで色々あるのだが、髪短いし体も細すぎて全然色気を感じなかった彼女が、ハッとするほどセクシーに見える瞬間が何度もあって、なかなか撮り方が上手いと思います。

原作もそうなのか、監督が竹中直人だからかはわからないけど、結構コメディっぽい作風で、監督らしい笑いは7割ぐらいスベってると思う。 竹中直人の笑いって、クドすぎたりウザかったりするのだけど、たまに笑えます。

彼女が縛りに対して盛り上がってる理由というか、情熱みたいなものが全然感じられないのが残念だった。 もっとなんかあるだろう。 自分で縛った状態で犯されるシーンがなかなかエキサイティングだったのだが、せっかくならもうちょっとエロくしてほしかった。 中途半端だと思う。

ストーリーは凡庸だけど、全然興味のなかった主人公が、最後には好きになる作品でした。
吉田

吉田の感想・評価

-
自分が嫌いないかにもそれっぽい邦画
現実ではありえない「変わってるでしょ?」な部分を詰め込んだような
平田薫をもっと普通の女として描いたほうが
自縛って性癖が活きたのではって思った
監督がフェティシズムに興味ないことがよくわかりました
無駄にキャストが豪華、ずるいわ!
平田薫は相変わらず素敵な女優さんですよほんと
でも、せっかく脱いでるのにもっとエロく撮らんともったいないと思ったな~
ナレーションの説明過多と絵での説明はなんか他に手がなかったのかなー
もっとなんかできたはず!って思っちゃう
どうしたって見所はチャイナ女装のツダカン自縄自縛、むしろそっちのストーリーこそ見たいと思わせるツダカン
緊縛それ自体のパワーはわかりますよ、分かるだけにあんな適当に解かないで安藤政信!
全部解いてその先までが緊縛です
ys

ysの感想・評価

3.0
先週ラブサイケデリコの2人だけのアコースティックライブに行き、久々にNEVERLAND♬も歌ってくれてよかった。
“TWO OF US”Tour 2019 六本木EXシアター。
というわけで、ラブサイケデリコのNo reason♬が主題歌のこの作品を鑑賞。
ラブサイケデリコが主題歌の映画、ドラマはほぼ観てるけど、
これだけ躊躇してました。
目覚めると困るので、笑
竹中直人監督作。原作は蛭田亜紗子。
あやとり好きのOLが、自縛(セルフボンデージ)にハマるお話。
本格的に道具を揃えて、縄のなめし?
自縛ブログも公開。
自縛メル友もできます。おじさんの。
自縛ジョギングや、自縛出勤、自縛プレゼン。
スリルが快感になる。
だんだんエスカレートして、
実現するのか?自縛オフ会。おじさんと。
前半はちょっとコミカル。
後半はシリアス。
縛るならトラブル、後悔、依存症に気をつけて。
ピース綾部、杉本彩が懐かしい。
鈴木奈々、蛭子さんもいます。
安藤政信が宮本恒靖にそっくり!⚽️
津田寛治を観てると、どうしても園子温の恋の罪〜♬を思い出す。
自縛してイモムシのように転がっていると
ザ・スターリンの虫♬や
戸川純の蛹化(むし)の女♬(オリジナルはヨハンパッヘルベルのカノン♬)を思い出す。
エンディング曲はラブサイケデリコのNo reason♬

🏆ラブサイケデリコ 主題歌映画ランキング🏆
4.0 昼顔、任侠ヘルパー、ホテルビーナス、
天使の恋(主題歌は伊藤由奈だけど、挿入歌3曲)
3.0 自縄自縛の私、

先週は、noodlesのライブも初めて行った。
FMで知ってハマり2年くらいがっつり聴いてたので、生で聴けて感動しました。
レトロでクールで激しくてキュートで
洋楽みたいなロックンロール。
下北沢CLUB Queにて。
ニューアルバムのジャケットは
奈良美智さんの書き下ろしイラスト。
王様になれ🎬にも出演。
mizuki

mizukiの感想・評価

3.7
なんか好きだった
途中の上司が部屋きてやっちゃうシーンがやたら好きでそこだけ何回か再生してて、自分でキモってなってた
でもなんか人間だなみんなって思える作品だった
あーぁ

あーぁの感想・評価

3.4
そうだよね、皆んな自分で自分を縛りたいよね。
セルフボンテージしたいよね。

そうだなぁわしはセルフより俄然しゅりちゃんにちん子縛られてぇぞ!


自らを縛り上げることで自己解放する女のエロ良い話。
会社で溜まるストレスに自分を緊縛する事をやめられない日々をブログにアップするOL平田薫。
そんな緊縛ブログを通して女装緊縛マニアのツダカンと交流するようになるのだが、、、

ツダカンが今回も実に良いよなぁ
女装して自縛するツダカンとのブログのやり取りがまた秘密を共有する2人の心の拠り所になっていくのがええねんな
ともあれツダカンの緊縛姿が見れただけでわしゃ満足よ(*¯艸¯)

そんな世間の目を気にしてきた2人が少しだけ前向きになれるラストもすこ。

あとピース綾部の熱すぎるキスシーンはツダカンと亜紗美姐さんの日本人が良くやる濃厚なキッスを思い出した。
綾部ハリウッドでそのキッスを広めてくれ。


映画観て思ったけど案外うちの仕事場も変態ばっかやから実は服の下に自縛した体を隠してる人いるんやないかなぁ
少なくともリモバイ仕込んどるやつは絶対おるね、って考えながら仕事してる( ^ω^ )

なかなか緊縛物って手が出んのんだけど、これを機会にそろそろ友松監督のKINBAKUシリーズにも手を出そか
エロいやつ観よ〜と思って観たら拍子抜けしそう。
テーマの割に刺激は弱め。
どこにでもいるあんまり口ごたえできないタイプの女性が、前よりほんのちょっとだけ力強く生きていけるようになる話、だと思った。私は。
竹中直人のナレーションがよい。
監督だったって見終わってから知った。

このピース綾部良くないですか?
俳優になるって言って今はニューヨークにいるんだっけ。
渡米したの、あんまりいい言われようはしていない印象だけど、化けてほしいなあ。
ネットで見た自縛にはまっちゃった。

津田寛治の女装自縛が1番良かった。
すみそ

すみその感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

テーマの割に変態性はほとんど皆無。
映画はほのぼの雰囲気で進み、周りの人間も良い人ばかりでシリアスな場面はなく、映画というより深夜ドラマのテンションで鑑賞。
仕事に疲れ快楽に溺れていくという感じでもないし、興味本位で自縛の世界に入った主人公より後に登場する常務の方が自縛に対しての想いが強く背景も深く、正直そっちを主役にしたらもっと面白かったんだろうなと思ったり。
竹中直人が監督という事でどれほど濃い内容なんだろうかと構えて観たけど、全体的に主人公の成長物語にまとめられていて、NHKで流れてそうな爽やか人間ドラマだった。
ちょくちょく芸人が出て来るのが何とも鼻につく。

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/jijyoujibaku
>|

あなたにおすすめの記事