君よ憤怒の河を渉れの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「君よ憤怒の河を渉れ」に投稿された感想・評価

山狩りでクマに襲われるシーンには脚本家の正気を疑った だって2回もやるんだもん
強盗強姦の濡れ衣を着せられた東京地検の検事が逃亡し、警察に追われながら事件の真相を探っていくサスペンス映画。指名手配された健さんが、日本中の山林を逃げまどい、着ぐるみのヒグマに2度襲われ、洞窟で焚き火する和製サバイバルゲーム。セスナで津軽海峡を越え、三沢基地のF-4戦闘機(のおもちゃ)まで出動、新宿駅西口では馬で大暴れする。話は無茶苦茶だが、金のかかった和製冒険映画でなかなか面白い。平松伸二の漫画に出てきそうな原田芳雄や、一途で情熱的なヒロインを演じた中野良子など登場人物の魅力も感じられる。逃亡中に繰り返し流れるハワイアン調の劇伴に大人の事情を感じずにはいられない。
2018.10.27 日本映画専門チャンネル(録画)
噂通りの珍作。
色々なものがおかしいです…
そしてBGM、こうなった理由が知りたい…
何十回も観てますが、毎回楽しく観れる、70年代和モノ大作です。健さんが『新幹線大爆破』に続いて佐藤監督と作った映画という時点でもう好きです
『新幹線大爆破』の突然の柔道部以上にツッコミドコロ満載なシーン連発ですが、それでも2時間半飽きさせないのは娯楽映画としては大正解だと思います!中国では当時大ヒット映画だった様ですね
健さんはもちろん、芳雄さんの相変わらずの無骨さと中野良子さんが70年代を感じさせます。西村晃さんや岡田英次さんが何やらしても悪い役上手いなぁと思います
せっ

せっの感想・評価

4.0

真由美がちょろい。
いくら助けて貰ったからってその日のうちにあなたしかいないのって。。ロミジュリですか。
.
結局高倉健だから好きになったんだろ??ブスに助けられても好きにならないだろ??(笑).
.
そんなことは置いといて、この映画今年公開してた『マンハント』の原作。マンハントを見た時、急なズームとか大げさなカットに何コレ?って思ったけど原作のオマージュだったんだね。
.
福山雅治がやってた刑事の役の人は全然福山雅治より味があって良い。でも2人のバディ感はマンハントの方が良かった。手錠をかけたままのアクションシーンはなかったのね。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.7
中国で大ヒットしたと言う作品ですが、私には、なにをもっての「憤怒の川」かが全然わかりませんでした\(^o^)/ なんかすごい、のっぴきならない状況のはずなのに、音楽がすごい、なんと言うか、のんきで違和感すごかったです。
最高に痺れた!
ド派手で、渋いし、色っぽいし、70年代のカッコよさがギラギラしてる
えし

えしの感想・評価

3.5
キ…キ○ガイ病院…

1970年代半ば、新宿で1人の男が強盗傷害容疑で逮捕される。
その男は単独捜査をしていた検事であり、その容疑も身に覚えのないものだったが、物的証拠が次々と見つかり、何者かに完璧にハメられたようであった。
男は逃亡を図り、事の真相を暴こうとするが…

まさか「ふんぬ」ではなく「ふんど」とは。
観はじめて明かされる読み方。
いきなり始まる事件。
次々と起こる出来事。
息もつかせぬツッコミどころ。
繰り返しかかる謎BGM。
クマ、馬、女体、ガンアクションなど盛りだくさん。

これが中国で大ヒットして、のちのマンハントになるんだから面白い。

日本映画専門チャンネル2018/7/10。
76年邦。お金をかけて、役者を集めて、ゲリラ撮影までしたのに、音楽で台無し。汲んであげたくても、受け入れられない音楽のセンス。女の後ろに隠れるなど、高倉健には不似合いな役。切れて発砲するアホ警官の原田芳雄はグッジョブ。どんな局面でもきちんとお仕事される面々に敬意。チョーさんの馴染むこと。「なんでだよ、ジョン・ウー」と思ったが西村晃のシーンの室内装飾は確かにウーワールド。
nobuo

nobuoの感想・評価

3.3
高倉健主演の大味サバイバルサスペンス。福山雅治/ジョンウー版リメイクの怪作「マンハント」とは全く別物だが、これはこれで記憶に残る恐ろしい珍作。

ゴールデンカムイばりにしつこい着ぐるみ丸出しの熊襲来、初操縦のセスナ機vs自衛隊機、新宿駅前での馬爆走等々、トンデモシーンの数々が襲い掛かる。
また使い所を間違ってる劇伴や全く嬉しくない唐突なベッドシーンでは、変な笑いが込み上げてきた。
上記のネタシーン以外に関しては妙にテンポが悪く間延びしており、お世辞にも格好良いとは言えない...。

本作を大幅に改変し、ブロマンス要素込みのスタイリッシュアクション映画に仕上げたジョンウーの凄さがわかった...。
というよりも、段々マンハントの虜になりつつある自分がいる。福山雅治の日本刀袈裟斬りや高精度射撃、アンジェルスウーのガタイと無敵っぷりが全く頭から離れない。
>|