ガントレットの作品情報・感想・評価

「ガントレット」に投稿された感想・評価

ショー

ショーの感想・評価

4.0
壮絶な銃撃と凄まじい決着の仕方。ジャンルがわからない稀有な映画だと思う。ヒロインもいい。
jun

junの感想・評価

2.5
記録

まぁすごく何で?が多い!笑
ヘリからの銃撃、あの距離
当てられないのは不思議過ぎ!!

まぁ武骨な刑事役は
ホント世界一似合う!
感想川柳「殺す気なら とっくの昔に 死んでるな」

TVでやってたので観てみました。φ(..)

組織がらみの重要事件の証人を、ラスベガスからフェニックスまで護送する任務を受けたしがない刑事ベン・ショックリー。だがベガスで彼を待っていたのは、若く美しい娼婦マリーだった。組織に命を狙われているため無事にフェニックスに辿り着く事はできないと言うマリーの言葉にショックリーは耳を傾けないが、二人の行く先々でトラブルが続出する…というお話。


1977年というと自分が生まれた年((((;゜Д゜)))クリント・イーストウッドも若い!(;゜∀゜)

『上司に頼まれ証人を連れていこうとしたら、一緒に殺されそうになった』というちょっと前に流行った系統。(゜ロ゜)

建物を撃ちまくって倒壊させたり、ヘリコプターから逃げるのにわざわざ広い荒野に逃げたり、バスで突っ込んでくるのにタイヤは撃たないとか、今ではなかなか見られない演出。(・・;)

とにかく敵は撃ちまくりです。(^^;でもベンはほとんど撃ってない。( ´△`)ダーティー・ハリーとはまた違う雰囲気。

敵の黒幕を『コミッショナー』と呼んでいたので、ボクシングとかのコミッショナーを思い浮かべましたが、どうやら政府機関の長官や委員会の人を指す名称みたいですね。(゜ロ゜)

ラストもなかなかの小芝居感f(^ー^;ハリウッドなりのド派手な演出だけど、展開は穴だらけかな〜。

んでまず(^_^)/~~
クリント・イーストウッドの作品を観るのはおそらく初めて。そして彼が俳優もやってるということすら知らなかった笑

あんまり観ないタイプの映画なのでこんなに銃弾を浴びせられても生きていられるものなのか、人間って強いな、と人生勉強させられました。
でも襲われたり怪我をしたりというストーリーの割に、見終わったときの感情的にはすごく爽やかで胸糞悪くならないというのと、うまい具合に恋愛要素入れてきたので潤いが保たれたというのが個人的には良かったです。
「俺の女房いい女だろ?」byクリント・イーストウッド(笑)

子供の頃引っ越して、そこで仲良くなった友達が今作のパンフレットを見せてくれて凄く見たかったのに、当時は家庭用ビデオもない時代だったので、そのまま40年未見だった作品!(笑)
やっと見られました!

全てを破壊する一斉射撃!って話し。
これ、イーストウッドが監督もやってるんですが、全然知りませんでした(笑)
イーストウッドって自分が映画出なくなってから監督しだしたんやと思ってました(笑)
実話ばかり監督してると思ってたから、アクションものも監督してたの意外やった(笑)
ストーリーはほぼありません!(笑)
裁判での証人を護送しようとしたら、証言されたくない人から狙われる、ってのなんやけど、誰が犯人かはすぐわかるし、内容薄い薄い(笑)
とりあえず今作はイーストウッドと当時の夫婦関係だったソンドラ・ロックがイチャイチャするのと、何でもかんでも一斉射撃で破壊し尽くすだけです!(笑)
有名なラストのバス破壊シーンがあるけど、それだけやなくパトカーや家まで撃って撃って撃ちまくります!(笑)
というわけで、同じ事を何度もやってるから、ラストのインパクトがあまりないんですよねー(笑)

めちゃくちゃ古い吹替で見たんですが、男も女もセリフが古臭い!(笑)
今時こんな喋り方おらんやろ!?って感じでした(笑)
って吹替してるの山田康夫に納谷悟朗…まるまるルパン三世やん!(笑)
バスのシーンが記憶の断片にあって、ずっとダーティハリーだと思ってた・・・
ry0

ry0の感想・評価

3.5
家もバスも射撃練習の的。たぶん、人が撃った銃弾数でこれを超える作品はない。それくらい無駄に撃ちまくってた。これがガントレットだ、とイーストウッドが言わんばかり、嫌というほど伝わった。
kon

konの感想・評価

3.4
イーストウッドのスタイルはこの時から変わらず
独特の表現で戦いを描いてる
しんみり進む感じも良い
Boss2054

Boss2054の感想・評価

4.7
実に良く出来てるよね。
最初から最後まで一瞬足りとも飽きさせない。
まあ、少しくらい内容が薄いのはこの際気にしない。
とにかく、男、
クリント・イーストウッドの魅力炸裂!
ドカーン❣️
悪い奴らは男だろうが女だろうが、みんなぶっ飛ばす。
今だった、問題だろうけど、
ラスト直前のガントレットはまさにガントレット。
最早、ファンタジーだけど、
盛り上がる。
ラストの警官隊に囲まれての直接対決も凄い!
まるで、西部警察。
あ、これ、褒め言葉ですから、
気分転換には最適。
気分良くなるコト請け合います。
ニック

ニックの感想・評価

4.0
久しぶりの視聴。クリント・イーストウッド刑事もの初期の作品。ダーティハリーもいいが、これも好きです。型破りで正義感というより意地っぱり。だが人間性が感じられます。リアリティで考えると、色々違うだろというぶぶんもあるが、それはともかくあえて追求しない。時代が感じられる作品。スコアはクリント・イーストウッド増しです。
>|