キング・コーン 世界を作る魔法の一粒の作品情報・感想・評価・動画配信

キング・コーン 世界を作る魔法の一粒2007年製作の映画)

KING CORN

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.4

「キング・コーン 世界を作る魔法の一粒」に投稿された感想・評価

iroha

irohaの感想・評価

3.4
トウモロコシドキュメンタリー。
バイオエタノールについて撮られてなかったけどそういやこの頃まだ発展していないね
改めてトウモロコシの万能性は凄いと感じたね
扇

扇の感想・評価

4.1
食育系ドキュメンタリーでは頭一つ分抜けて面白かったなと思いました。
飼料としてのトウモロコシとその乱暴な消費の仕方、人工甘味料としての材料、経済構造。
勉強というと堅苦しいけど、とてもためになりました。
これを見たあと炭酸飲料水を飲むことが激減しましたね。
エンターテーメントととして面白さはかけてます。淡々とコーンやその取り巻く環境が描かれています。

お勧めとかしないけど、今の食環境について知りたいというなら、そのテキストとして価値があるものと思います。

結論として、現状が間違っているのか?正しいのか?私にはわからないです。
作品としても、ある意味最後にはその辺、中立で締めくくられています
大学の授業で鑑賞。
全体的にゆったりとした映画で出てくる言葉も難しかったりするので少し退屈。

でも、自分の普段食べているものがいかに身体に害があるのか分かりやすく説明してくれていて、自分の食生活に危機感が募る
勉強になる映画でした。
tomyam

tomyamの感想・評価

4.0
新しく知ったことはそんなになかった。

あまくない砂糖のはなしの方が面白いけど、知らない人からしたらこの作品もゾッとするようなことのオンパレードだと思う。
Kokia

Kokiaの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

高果糖シロップを作る為の食用ではないコーンを大量生産する為に国が助成金を払ってまで拡大していることに驚き。

コーンシロップは今は甘味料として炭酸飲料やケチャップ、クッキー、フライを揚げる油の原料となり、食用ではないコーンそのものは牛の餌となるが、コーンを食べ続けた牛は成長は早いものの胃潰瘍になり早く亡くなるんだとか。
人間でも知らずに食べ続けていると肥満を引き起こし、後に糖尿病になり死にも至るというから、とんでもない原料だと思った。

食材を買うときはコーンシロップ由来の食品は買わないようにしたい...
atsushi

atsushiの感想・評価

3.3
映画としては良い出来とは言え難いが、たまにこういうものも観なければ。
1日1本炭酸飲料飲む人はそうでない人と比べて糖尿病になる確率が倍になるとか。覚えておきたい。。。
“食育”というとどうしても難しくなりがち。でも、この映画は大事なことを伝えつつも、コミカルな部分もあるため、子どもも観られる作品だと思う。

映画の中で二人の青年がトウモロコシのルーツを探ろうとするが、彼らの姿が教えてくれるのは、まず知ろうとすることが大事で、そこから自分が何を選択すべきかということ。

今は食べものを自分で選べる時代。
それに気づくための映画なのではないかと思う。
落合光

落合光の感想・評価

3.3

「いのちの食べかた」と併用して視聴する事をお勧めします。
映画としての出来はいまいちでした。
いお

いおの感想・評価

3.5
添加物、遺伝子組み換え食品について調べている時見た。
今は食品を買う時内容表示をよく見るようになった。
なるべくググらないと意味が分からない単語が入ってる食品を買わないようになって、体調が良くなった。ブドウ糖果糖液とかを取るとお腹を壊す事が分かってきた。
今まで仕事ストレスでお菓子をバカ食いしたりしてたけど、その時選択するものを選ぶようになって、胃もたれが減った。より自炊するようになった。
彼氏も同じように食生活が変化したが、脂肪が目に見えて減ったかんじ。ちゃんと計ってないのだけど。

生活改善したい人には「あまくない砂糖の話」という作品を勧める。コーンは糖にも姿を変えるのだが、糖繋がりの話。
>|