続網走番外地の作品情報・感想・評価

「続網走番外地」に投稿された感想・評価

りんご

りんごの感想・評価

4.8
健さんはパンツ売っててもかっこ良い

女性がたくさん出てるので衣装見てるだけでも幸せ
elurra

elurraの感想・評価

-
嵐寛、強かった。健さんの命日だったが、熱があったので軽めのやつ。
主人公橘真一(高倉健)が網走刑務所を出所し函館から本州青森に移動してくる間の出来事を描く本シリーズ第二作。
網走を出て早くも橘が青函連絡船内でトラブルに巻き込まれるというストーリー。

一作目と基本的なトーンを変更するではなく、観客の健さんに対する期待を裏切るでもなく。
場所を変えてその土地々々にある特徴を上手い具合いに取り込んで作られた作品。

網走番外地シリーズの頃の健さんの魅力は何でしょう。
仁義をキチンとわきまえたアウトロー。
自分から悪事に積極的に手を染めることは決して無く、周りに引き摺られて仕方なくそうなってしまうのですが、それを自分自身の人生の問題としていつも受け入れて、しかも周囲の困っている人達の苦悩も一緒に引き受けて対応していく懐の深さが最大の魅力です。
都度起きる難題を「お兄さん、仁義を欠いちゃいけないよ」とあのカッと見開いた目と短髪で不器用だが格好よく解決していきます。

このレビューはネタバレを含みます

晴れて出所した健さん。今作では女性用下着を売ったり風俗店で蒸し風呂になったりギャングとドンパチしたりマリモをキャッチボールしたり、大忙し。前作に引き続き賭け事には弱い。

マリモの取引現場で鬼寅さんが踊ってるシーンがツボ。
2作目から『網走番外地』を壊せるあたり凄い。むしろ東映ギャングシリーズとか地帯シリーズと化してる。
mince

minceの感想・評価

3.5
端的に言えばラフ。でも勢いを感じる。1作目を事前に観ておけばよかった。海外で投影する場合、毬藻はなんて訳すんやろう。娯楽ヒット映画の2作目。「続・網走番外地」ツカにて。もしSexPistolsが2ndアルバム作ってたらこの映画の感じみたいな。

長万部町、海岸線沿いの国道を走りながら「オシャ、マンベ」と爆笑しながら唱え続けたことを思い出した。まさに悪魔の呪文だった。2013年11月25日
negiko

negikoの感想・評価

3.5
2015年11月18日 健さんの追悼特集で鑑賞

一作目とずいぶんテイストが違うので、途中まで『網走番外地』というのをすっかり忘れて見てた。
途中で一作目に出てきた大先輩が出てきて「あー、この人一作目にいたー!」ってなって初めて『網走番外地』だったこれと思い出した。

10年近く前に網走番外地ってどんなシリーズだろうと思ってこの作品を見たようだけど(多分この一作で挫折)、見たこともすっかり忘れてたし2回目見ても全く思い出せなかったので、この作品から見るのはあまりオススメしません。

『網走番外地』としては違和感あるけど、映画自体は面白いです。
Makyu

Makyuの感想・評価

3.4
前作と比べて少しテイスト変わったかなと思ったけど、高倉健さんの渋いかっこよさが見られて良かった。
追悼も込めてこのシリーズを初めて見ているが、もっと早く見るべきだったと感じている。
のぶ

のぶの感想・評価

3.6
前作、網走番外地は白黒でしたが、続網走番外地ではカラーに。前作同様の登場人物がより生き生きとしているように見えました。ストーリー自体はご都合主義のようで、そこに爽快感があり、まるで水戸黄門や男はつらいよを観ているよう。タイトルこそ重々しいですが、良い具合に軽くて観やすい映画です。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.5
前作のキャスト・キャラクターを使ったスピンオフ作品みたいな物。

母親の妖艶さを受け継ぐ「嵯峨三智子」がヒロイン。
最初は微妙だなぁ(失礼)と思ってたけど…
『アンタに惚れちゃった』のセリフにキュン死♡
『身を綺麗にしたらまた好きになってもイイ?』に萌え死♡
健さんの照れ隠しもまた良し。
>|