レディ・キラーズの作品情報・感想・評価

「レディ・キラーズ」に投稿された感想・評価

ノーカントリー前、2004年作品。
こんな作品があんの全然知らんかった。

正にコーエン兄弟っぽい質感。
風景とかにCGとかと合成とかやってるんだろうけど、その全部が中々見たことない感じで、作中でも重要な部分で何回も出てきて印象的。
フィルムの質感だけでとったらインサイドルーウィンデイヴィスに近いかな。
話の内容はコテコテのコメディで、途中からサスペンスっぽくなってくけど、基本何でもかんでも笑いに繋げていく感じ。
話の内容も難しくないし、知能指数低めな笑いなども含めて気軽に見れる作品ではあるけど、笑いの質が低いのが全体的にマイナス部分。

一見トムハンクスと分からない主人公の変人さを表現した演技は中々見応えあり。
各キャラクターの濃さや話の内容的にもコーエン兄弟というよりクエンティンタランティーノ。

クリスマスとかにみんなで見たりする感じの映画かと。
冒頭がダラダラして、なかなかストーリーが転がり始めない。コーエン兄弟の作品を4本ほど見たがそんな感じが多くて、自分には合わないかな…
考えすぎだよ
マダムはそんなに考えてないよ
でも守護霊は強そう
HyuGaji

HyuGajiの感想・評価

3.2
こういう映画は何度観ても飽きない

面白かったけど、トムハンクスじゃなかったらマイナス1点だった

まあ良かった
トムハンクスにこんな絶望を与える人を初めて見た。
オーシャンズ11を何とも小バカにしたような内容。

悪いことをしたら、その分しっぺ返しがくるよ!と痛切にブラックコメディとして訴える。

笑いのツボは日本人には合わないかもしれない。
少々ブラック過ぎて、笑っていいのか?顔をしかめるべきなのかがわからない…

コーエン兄弟をマスターしている人たちにはすぐ馴染めるのだろうが、コーエン兄弟の作品で鑑賞したのは
ノーカントリー、トゥルーグリット
のみ。

今後、ファーゴとインサイドルーウィン、
近日、サバービコンを観ようと思っているので、ブラックコメディにも耐性をつけよう。

とても綺麗に上手くまとまっているので、理性が追い付かず、
数日たってこの感覚がおもしろかったということだとわかるような作品。
もう

もうの感想・評価

3.5
コーエン兄弟の気楽に観れる犯罪コメディ映画。
トム・ハンクスの胡散臭い詐欺師や間抜けな泥棒たちも個性的でいいけれど、騙そうとした相手が悪かった。
おばあさん強かった。
そして、猫のピクルス最強!
切断された指をくわえて橋の上から死体が運ばれる船に落とします。
グッジョブです。
ayouk

ayoukの感想・評価

3.2
観たことあるストーリーだなと思っていたら、1955年製作のイギリス映画『マダムと泥棒』のリメイクだった。

多少違うけど進行が読めてしまって残念。
変更箇所はコーエン兄弟のほうが面白く、トムハンクスの表情も好きなので最初にこっちを観たかった…
JTK

JTKの感想・評価

3.6
トム・ハンクス演じる胡散臭さ丸出しのニセ教授によって集められた五人の犯罪者が、カジノの地下金庫に眠る大金を盗む為にトンネルを掘る。と、あらすじだけ書くと通俗的な物語もコーエン兄弟にかかればお得意の底意地の悪いブラックなドタバタ喜劇に。
安っぽいヒューマニズムも恩着せがましい教訓など何もない潔き痛快さ。
面白い!コーエン兄弟に外れなし。
カジノの金を盗もうと計画を企むが一番の敵は破れない戸や防犯カメラでも無く、地下室を貸してくれたマダムだったという話。
一番の見所である盗みより、マダムをどうするかのほうが尺が長くて笑う。時間かなり余ってんのにどうなるかと思ったがトントン拍子に話が進んでいき、飽きずに見れた。
2018 51本目

トムハンクスのこういったコメディタッチの映画は新鮮だった。
内容はそこまでだけど、気楽に見れる映画。
>|