マダムと泥棒の作品情報・感想・評価

「マダムと泥棒」に投稿された感想・評価

Yu

Yuの感想・評価

-
可愛いおばあちゃま達がたくさん出てくるハートフル(?)コメディ。

泥棒がおばあさんを利用して強盗を企てる、という賢そうで賢くないお話。
優しく正義感があるけどお節介で変わったおばあさん、という設定がラストで上手く生きてくるのが面白いです。

冒頭の影の演出が上手くて、これは色んな映画で真似されてるんだろうなあと思いました。

コーエン兄弟のリメイク版も観てみたいなあ。
eriko

erikoの感想・評価

3.5
チャーミングでかわいいんだけれど
年配者の悪意のない過剰なお節介って厄介だな〜自分も生い先気をつけます
kthk1914

kthk1914の感想・評価

5.0
2021年94本目。ばあちゃんが出てくるコメディに外れナシ。途中のばぁちゃんが増えるとことか爆笑。
文春文庫 洋・邦名画ベスト150

中・上級篇で、洋画のなんとベスト1に選ばれた。

アレックギネス!
ピーターセラーズ!

イギリス🇬🇧ブラックコメディ!
面白い。強盗団がおばあさんを犯罪に利用しようと考える話。

強盗団とおばあさんという取り合わせが面白い。おばあさんが上品で強盗の調子が狂ったり、強盗がおばあさんに怒られたりするので、笑ってしまう。

設定の面白さだけでなく、後半はブラックで、良いさじ加減。ギャング1人1人の個性や、列車が出す蒸気、線路の上に架かる橋といった要素を物語に生かしている。

ギャングの中心人物にアレック・ギネス。全くジェダイの要素がなく、笑い方が邪悪。俳優はやっぱりすごい。

映像は家の中がカット割、野外はカメラワーク中心。台所はカットを割るために、セットを複数用意してるかも。家と橋や、現金強奪時の位置関係が分かりにくく感じた。
とし

としの感想・評価

3.9
2020年11月28日
映画 #マダムと泥棒 (1955年)鑑賞

全く予備知識なく見たんですけど、面白かった。#ケイティ・ジョンソン が上品なイギリスのおばあちゃんを演じていて、その普通さ加減が泥棒との対峙を際立たせ、面白くさせていた。
#アレック・ギネス のメイクは不要と思うけどね
オススメですね
強盗計画に利用する老婦人に愛着が湧いてしまい、しかも誰もその事を口にしないツンデレばかりの泥棒一味。まあ老婦人優しくしてくれたもんね!笑笑
この老婦人の優しく、正義感のある性格が犯罪映画である本作に緊張感を与えている所が面白い。

また、あるシーンで泥棒一味の1人が使う「どうする?バスを借りるか?」というセリフが最高です笑笑


後半になるにつれてブラックコメディ要素が強まり、単純なコメディ映画を期待していた自分は意外でした。ブラックコメディとは言っても、そんなに笑えるわけではない。泥棒一味に天罰が下ったかのようなエンディングも笑って良いのかな。
umihayato

umihayatoの感想・評価

5.0
ファーストカットからヤバかった。
マダムの家の立地とデザインが最高で期待が高まる。
あーなんか寓話的なお話の世界に入っていけそうだーと。
アレックギネス、ダークサイドに落ちたヴィジュアル系バンドかってくらい化粧が濃い。

おばあちゃんたちが鬱陶しくて最高
呆れるギネスの顔もたまらんのである。


イーリングスタジオのドキュメンタリーが特典についていて、スコセッシやデリーギリアムが滅茶苦茶楽しそうに話してるのがとても嬉しく、もっとこのスタジオのものを掘ってみようかなと思いました。
桃

桃の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

夫を亡くして1人暮らしで部屋貸しをしている夫人のもとに、泥棒5人組が音楽団のフリをして居候するお話。
1955年に公開されたイギリス映画。

泥棒達は、レコードをかけて練習するフリをしたり、しまいにはおばあちゃんを泥棒のシナリオの一部に入れてしまったり、身内も裏切ったり、とんでもなく悪い。

一方、おばあちゃん、すごく可愛くてお上品なんですが、正義感が強くて頑固で行動力があり過ぎて、悪者たちもが翻弄されがち。
そして泥棒もいつの間にか、おばあちゃんのファンになっちゃう。
お友達が来て、とりあえず1時間は泥棒達に一緒にお茶会に参加させるおばあちゃんが好き。

結局悪いことをしたら因果応報で自分に返ってくるって話ですが、警察に事情を説明し、最終的にお金は(泥棒達が言っていて筋書き通り)おばあちゃんの元にっていうのがまた皮肉。
方眼

方眼の感想・評価

4.0
”The Ladykillers”1955作。アレック・ギネス、ピーター・セラーズ。英国婦人と泥棒5人組のよく出来た犯罪コメディ。後半、泥棒が減っていくところが、それまでのコメディ=リアリティラインと少しずれているような気がして、なんとか別の終わり方は出来なかったか。老婦人たちが集まるシークエンスは、その間といい、婦人のモラルといい、非常に良い。演出は丁寧。観ながら、リメイク有りそうと思っていたら、コーエン兄弟がアメリカ南部の話にして作ってた。
>|

あなたにおすすめの記事