天使の卵の作品情報・感想・評価

「天使の卵」に投稿された感想・評価

うずら

うずらの感想・評価

3.5
原作ファンだからだとも思うのだけれど、良い印象が残っていない。
とし

としの感想・評価

2.8
冒頭の沢尻エリカによる宮沢賢治で「あれ?」って思ったけどラストまで「う〜ん」っていう感じの映画だった。 この手のストーリーは「セカチュー」で見てるわけよ。役者の演技を含めてそれを超えるストーリー展開が惹きつけられる要素もなかった。 過去の恋愛を忘れられない程の大恋愛というふうにも描ききれているとも思えなかったし、悲しいはずの役どころである夏姫に感情移入もできなかった。 ただ、小西真奈美の「美」はよく撮れていたと思う。
ニコ

ニコの感想・評価

4.2
原作未読。

天使のたまご、天使の梯子、2部作。

当時、切なくて切なくて。

リピートしてみた記憶。
JIN

JINの感想・評価

2.4
市原隼人目当て!美大志望の浪人生、彼女の姉に惚れちゃったの巻。
内容が陳腐。後半が超つまらない。
春妃の演技がヘタ…👼🏻そもそも『天使の卵』の意味がしょうもない。
まっすぐな歩太が、春妃の心を掴むところは良かった!笑顔がかわいい。手に包帯してるラブシーンかっこいいね☺️
原作読了後に鑑賞。

春妃のキャスティングは素晴らしかった。
みぃ

みぃの感想・評価

3.5
原作を読んでて、私の好きな小説で、映画があると知り、見ようと決めてました。
胸がギューッと苦しく、切なくなりました。
RyuOkuda

RyuOkudaの感想・評価

4.0
何の気なしに見始めて、最後まで見てしまいました。原作読んだと思うのですが、ストーリー思い出せず新鮮でした。じわっとキます。
小西真奈美いいなぁ。
otenbaluna

otenbalunaの感想・評価

4.0
市原隼人、小西真奈美、沢尻エリカ、戸田恵子と好きな役者さんばかりが出ていたのでそれだけでも魅力的な作品。
純粋だからこそ辛くて、内容は少し重かったなぁ。光がとても効果的で、紅葉とかの色も鮮やかで全体的にすごく綺麗な映像だった。BGMのチェロ?の音色が印象に残った。原作も読んでみよう。
Yuta

Yutaの感想・評価

4.2
歩太(市原隼人)が彼女・夏姫(沢尻エリカ)の姉・春妃(小西真奈美)に恋をする物語。原作は村山由佳の小説。主題歌「君がいるから」by Sun Set Swishは沁みます。
原作に人生を変えられるほどの影響を受け何度も読みふけった身として当時公開日に映画館に公開日に見に行った。正直涙が出た。こんなに悲しいことはなかった。唇を噛み締めて最後まで見た。悔しかった。あの素晴らしい原作をこんなクソ映画にするなんて、製作者一人一人を恨んだ。
数えればキリがないが、原作の中でとても重要なシーンや伝わるシーンが抜けて、余計で全く整合性のないシーンばかりがそこに映し出されている。それもその余計なシーンがつまらなさを加速させていき、テーマ性も何もあったものじゃない。これなら自分が映画を撮った方がいいと本気で思った。そのくらいこの映画がクソで原作を愚弄し馬鹿にしているとしか思えない。この映画を見て原作を読もうと思う人間が居ると思えない。それが一番悲しいことだ。
>|

あなたにおすすめの記事