ザ・ダイバーの作品情報・感想・評価

「ザ・ダイバー」に投稿された感想・評価

himaco

himacoの感想・評価

4.4
米海軍で初めての黒人ダイバーとなったカール・ブラシアの壮絶な半生を描く実話。

1943年、黒人差別の残る海軍で潜水士を目指すブラシア(キューバ・グッディング・Jr)
養成所で待ち受けるのは黒人に対する差別と、元エリートダイバーで現在は鬼教官のサンデー(ロバート・デ・ニーロ)

何事にも屈しないブラシアを演じるキューバ・グッディング・Jrも素晴らしいけど、なんといっても鬼教官のロバート・デ・ニーロの迫力に圧倒される。

ブラシアの純粋な姿に全編通して流れるドラマチックな音楽も相まって、何度も感動の波が押し寄せてくる。

エンディングのBrian McKnightいい!
ハル

ハルの感想・評価

3.9
実話ですごくいい作品です。
DVDみつけたら買いたいですね。
きょん

きょんの感想・評価

3.9
パイプをくわえてる鬼教官のデニーロがはまり役。
海軍のダイバーを目指すカールも差別イジメ足の切断などの逆境にもめげず意思を貫き通す真の強さが光る。
実話をもとにした作品はよっぽど脚本がひどくなければ文句のつけようがない。
洋画を積極的に集めだしたけど、まだまだ吹き替えの違いに気づいてなかった頃に観た作品。
デ・ニーロは津嘉山正種。ソフト版ヒートやフジ版RONINなどデ・ニーロは津嘉山さんが1番♪
キューバグッディングJr.は恋愛小説家とはまた全然違う役柄で登場。さすが役者さんです。
数年に一度観たくなる作品。
T

Tの感想・評価

4.7
アメリカ魂。恐ろしい話だが、奴隷貿易をサバイブしてきたからの、民族的身体能力であろうか!いや、彼の不屈の精神‼️
実話らしい展開。でも何でこんなつまらない邦題にしてしまうんだろう。
主人公は名誉を重んじる海軍の精神を最後まで貫いた、それがテーマな訳で、それがたまたまアフリカ系アメリカ人初のマスターダイバーだったというだけでしょう。
miracle

miracleの感想・評価

3.9
何度も「観るのを辞めよう」と思うほど
精神的、肉体的に苦しい訓練。

アメリカ海軍史上、アフリカ系黒人として初めて「マスターダイバー」の称号を得た潜水士
実在の人物「カール・ブラシア」の半生を描いた映画。

黒人差別がありスタートラインが違う。
だけど人一倍マスターダイバーになりたいという気持ちが大きい。
何事にも負けず、心のままに貫く!
ほんと考えられないほどすごい人だと思った。
ある意味、ここまで捧げるって羨ましい。
天職!

法廷でのデニーロと主人公のかけあいが泣けました。

デニーロ素敵〜✧̣̥̇
Takuji

Takujiの感想・評価

3.3
前に観た時はバーでの息止め勝負が印象的でした。今観るとデニーロの威厳がすごい! 勇気と努力で差別と戦った初の黒人ダイバーのお話。
Orchid

Orchidの感想・評価

3.5
誰もが無理だということに立ち向かう強さ。
かっこよかったです!

人種差別が激しい時代でも、その人自体を評価してくれる人が必ずいる。

ロバートデニーロかっこよすぎたー!
犬

犬の感想・評価

3.7
ASNF

伝説のアフリカ系アメリカ人の海軍ダイバー、カール・ブラシアの半生をモデルに、人種を越えた男同士の友情や共感を描いた感動のドラマ

田舎町の小作農から海軍兵士へと

黒人だからって関係ない!

凄い人ですね

男たちのお話
胸が熱くなった
特にラストは感情移入しました

あと父親がスゴい

訓練所は海猿的な感じ

キューバ・グッディング・Jrはスゴい演技
デニーロも印象的
シャーリーズ・セロンはそんな出てこなかったけどキレイ

あなたは何分間、息を止められますか?
>|