大統領の執事の涙の作品情報・感想・評価・動画配信

大統領の執事の涙2013年製作の映画)

LEE DANIELS' THE BUTLER/The Butler

上映日:2014年02月15日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「大統領の執事の涙」に投稿された感想・評価

日和

日和の感想・評価

4.0
半世紀前にはまだまだアメリカにも当然のように差別が存在していたことに戦慄を覚える。ただ、現在でも異なる形で差別はある。もし自分が被差別側の人間になったらどう行動するだろうか。より厳しい差別と暴力を経験した父は現行の制度の中で家族を守り安全に生きることを選択し、新しい世代である息子は世の中の不平等に疑問を抱き、戦うことを選択する。家族の分断が辛かったが、どちらの人生も肯定されるエンディングでよかった。
Rita

Ritaの感想・評価

3.4


タイトルからもう
知らない世界が見られる!と期待しました

差別の酷い時代背景のもと
主人公の歩み、家族のあれこれ
アメリカの歴史の流れとともに
とても見応えのある内容でした

7人もの大統領に仕えてきた希少な
主人公なので、もう少しホワイトハウスの中やそれぞれの大統領との交流を観たかったなぁ、、3時間位でもいいのに
ほりそ

ほりその感想・評価

3.4
1人の黒人の人生が描かれている。昔はやっぱり差別が酷いものだと感じた。
Tony

Tonyの感想・評価

3.8
連休にムービープラスで。

原題は The butler
大統領の執事の涙。。。
なんと言っていいのやら。。
これだけグローバル化が進んだ世界で、いまだに邦題は付ける必要があるのでしょうか?

主人公はフォレストウィテカー。
私の中ではデブの黒人のイメージでしたが、
この映画では痩せています 笑
子供の頃、綿花のプランテーションの農奴である主人公は、母を農場主の慰みものにされた挙句にそれに怒った父親を殺されます。お母さんはその後廃人に。。
お母さんがどこかで見た顔だと思ったら、マライアキャリー?!驚きました。
そんな過去を背負いながら、その農場主の家で身につけたバトラーのスキルで大統領の執事にまで成り上がった主人公のお話です。
どんだけ幸運なんだ?というのもありますが、父親を殺した家からもらったスキルで生きていくとか、なんたる皮肉。。

そして、この映画のキーポイントは主人公とその息子たちの生き方の違いから、差別に対する取り組み方の違いを結果まで見せるところです。
主人公は差別に争わず、執事としての仕事で差別と戦っていきます。
一方、息子二人のうち長男は大学から黒人差別に直接的、積極的に戦いを挑み、ブラックパンサーに入信。そして次男はその思いを外に向けて軍隊に入ります。
執事の仕事を優先した主人公は長男とは決裂し、
入隊した次男はベトナムで戦死。。ブラックパンサーに入信した長男は人殺しまで厭わない組織の苛烈さに違いを感じて脱退します。
ただ差別に反対するだけでなく、その選択肢を見せながら、かつ、それぞれの選択肢に結末を見せることで物語は展開していきます。
最終的に主人公は執事を辞め、仕事を理由に長男をないがしろにしたことに対して長男に謝ります。
しかし、私にはどれが正しかったのかはよくわかりません。
ただ、主人公の一貫した執事という仕事に対する誇りだけは、ラストシーンでホワイトハウスを案内しようとする新しい執事に向かって、いらないよ?という、主人公の一言に、何十年もかけた唯一確かなものだったのだと思います。
私も30年会社勤めをした今、主人公と同じく仕事で相手を納得させて、差別をなくす道を選びたいと思いました。
気泡

気泡の感想・評価

3.7
1人の黒人執事を通して当時の実態、時代の変化を見ることが出来る作品。
ほんの一部、上辺だけしか見れないかもしれないけど、それでも人種差別がどんなものだったか感じれると思う。

当時の実際の映像が流れるけど、本当に酷い。
同じ人間同士がやっていることと思えない程酷い。
あれが現実にあったとは…今の日本だと想像し難い。

仕えた歴代の大統領達がみんな良い人で素晴らしかった。
どこまでそうだったか分からないけど、あれだけ差別の酷かった時代にあんなに黒人執事に寄り添ってくれるって人間として素晴らしいと思う。
癖のある人もいたけど(笑)

これを見ると、オバマ大統領が出たことがどれほど凄いことなのか少し分かった気がする。
黒人大統領かーすげぇなー頑張れーって学生の時単純に思ってたけど、世界の黒人たちにとってはとんでもない快挙・奇跡だったんだろうな。

なんとなくで見始めた作品だけど、見てよかった。
hua

huaの感想・評価

3.9
アメリカ激動の時代、34年間8人(含むトルーマン)の大統領に仕えてきた黒人の執事、ユージン・アレンの人生を参考にして描いた作品。

人種差別を扱った映画は今まで何本も観たが、今作もなかなか酷かった。
今もなお無くならない人種差別。
この世に生を受けた人間は皆平等で、肌の色やマイノリティは個性なのだと誰もが思える世の中になってほしいと何度も思いながら観た。

公民権運動に参加する息子と、ホワイトハウスで白人に仕える父の対比も物語の軸になっている。
黒人が闘ってきた長い歴史を知り、オバマ大統領の誕生がいかにすごいことだったのか、希望の光に感じた。

セシル役のフォレスト・ウィテカーは撮影当時40代後半。最後のヨボヨボまで見事に演じきっていた。
そして、歴代大統領が皆本人と似ていて、そこも見どころだった。
セシルの母親役がマライア・キャリーだったとは全く気付かず…
悪くないんだけど、ダラダラとした展開とキャストがなんだか愛せなかった。
なかい

なかいの感想・評価

3.7
何かを変えるために活動し続ける人は凄い。
大統領たち良い人で良かった。
さら

さらの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

今まで見た人種差別をテーマにした映画の中で1番考えさせられた
セシル自身は黒人がアメリカで暮らすための最善の策をしていてセシルの子供は1人の黒人としてアメリカで暮らすために行動していてどっちの考えも否定できないと思ったしセシルのような考えがあって当たり前なのに今まではむしろセシルの子供のような考えにフォーカスするものばかり見てたから余計にハッとさせられた
黒人差別の問題はほんと口を挟んだり簡単に意見を言ったりするのが難しいデリケートな問題だけどだからこそ考えたり知ることはすごい大切なことだと思った。
オバマが当選したところオバマの当選によって待ち望んでいたことに涙する人もいたっていう感動したっていうのもあるし黒人差別がそんな最近むしろ今もあるんだなってことが実感した
デモに参加しにきたって言ったセシルに対して仕事失うよ?ルイスが言った後にお前を失ったっていったところが印象的
何とも言えない爽やかな感動でした。
USにおける黒人の人権運動などとても勉強にもなりました。
主人公は激動の時代のホワイトハウスでアイゼンハワー第34代大統領からレーガン第40代大統領まで仕えます。
この歴代の大統領をすごい俳優さんたちが演じていて、それもまた面白かったです。アイゼンハワーをロビン・ウィリアムズが演じていてちょっとウルっときました。
歴史的には黒人の公民権運動などを中心になっていて、実際の報道映像も折り込まれています。酷いですけどね。
その時代のアメリカ人に生まれなくてよかった!白人だとしても。って思いましたよ。
>|

あなたにおすすめの記事