大統領の執事の涙の作品情報・感想・評価・動画配信

大統領の執事の涙2013年製作の映画)

LEE DANIELS' THE BUTLER/The Butler

上映日:2014年02月15日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「大統領の執事の涙」に投稿された感想・評価

C

Cの感想・評価

4.2
一昨日?観ました
これもまたいい映画だった!
色んな立場から考えさせられる映画
シカゴ7裁判と時期が重なってるところあっていろんな背景見えてよかった
大木茂

大木茂の感想・評価

3.1
執事視点でアメリカの歴史をウィテカーが演じていて面白かったけど
執事の事より黒人解放の話が多かったな

歴代大統領がスターばっかりで結構楽しめた
やっぱニクソンって嫌われてんだなぁ笑

奥さん最初から老けすぎじゃない?
真剣に観たら私なんかが評価していいものじゃないと思いました………
Sammy

Sammyの感想・評価

3.9
給仕される立場になって、知識じゃなく心で悟るものがあったのかなぁと思った。
れい

れいの感想・評価

3.9
1人の執事、セシルの人生物語。
人種差別が描かれている作品の中では暴力的なシーンが少ない映画だったけど、やっぱり目を覆いたくなるようなシーンもあった。
過去の歴史をきちんと受け止めて人間が同じ誤ちを繰り返さないように、地球に生きる人間の一人として生活していきたいな。
yui

yuiの感想・評価

4.8
『闇は闇を追い払えない。闇を払うのは光だけ。』

2時間ちょいでセシルの一生を見たと思うと
何だかすごいな…

歴史だったり彼らの人生を見たからこそ
オバマさんが大統領になったシーンはグッときた。
色々あったけど夫婦二人の関係が最高。
最後にあのネクタイを付けるのが、なんともね。

個人的には、
ツンデレでネクタイピンくれたり
トイレにまで犬連れてる
ジョンソン大統領がすきだった〜
ケネディ大統領の「私は黒人の苦難を分かっていなかった」みんなわかっていないと思う。オバマが大統領になったのは素晴らしい事だったんだと改めて思う。
夫婦の歳のとり方がお見事。
あり

ありの感想・評価

3.9
今までアメリカの歴史にほとんど詳しくなかったのでこの映画を見たことで人種差別や公民権運動の流れを知ることができた。このように人種差別の歴史を辿ると、2009年にオバマ大統領が誕生したことは彼らにとってどれだけの意味をもたらしたのだろうと感慨深くなった。
よとり

よとりの感想・評価

3.0
公民権運動や人種差別に関する映画は結構見てきたけど、白人サイドの黒人目線で当該問題を描く作品は初めて見た

差別が当たり前、差別に従わないのが問題である、そんな価値観のもとで生まれた人々が世界を変えるように風潮に抗い続けるのは簡単なことじゃない
Qota

Qotaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

Darkness cannot drive out darkness;only light can do that.


1人の男がアメリカ史を生き、見た。

農園での少年時代〜黒人大統領誕生までに
流れた血、涙。

"ハウスニガー"としての顔と、
"人間"としての顔。
>|