大統領の執事の涙の作品情報・感想・評価

大統領の執事の涙2013年製作の映画)

LEE DANIELS' THE BUTLER/The Butler

上映日:2014年02月15日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「大統領の執事の涙」に投稿された感想・評価

じゅり

じゅりの感想・評価

4.0
高校生ぶりに見た
raceとかgenderとかの社会問題をすっごい悶々としてる時期に見たのがなつかしい。

実際、オバマ政権が世界に与えた影響て半端じゃなくて、この映画ではホワイトハウスが舞台でそれを描いている。
肌の色とか国籍とか家柄ってどうしようもないし、理不尽ばっかりだけどそんなことじゃなくてもっともっと大事なことがあるって、心から思える映画。
ささ

ささの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

歴代アメリカ大統領に仕えた執事のお話。
主人公のセシルは農園育ちで、白人に親を殺害され、生きていくために白人に仕える仕事に就いた。セシルの子どもであるルイスはそんな親が嫌で、公民権運動など黒人の自由のためにたくさんの運動を行っていた。2人は一見対局にいるように見えて、実際には同じ方向を向いていたように思います。セシルは歴代大統領に献身的に仕えることで、黒人の尊厳を守ろうとし、ルイスは積極的な運動を行うことで、黒人の権利を得ようとした。
何度も辛い場面がありましたが、最終的にセシルとルイスが仲直りし、アメリカ初の黒人大統領が誕生し、希望がみえてよかったです。

小学生の頃、オバマさんが大統領になってモノマネが流行るくらい大きな出来事だったけれど、黒人からしたらどれほど大きな希望だったのか、理解できた気がします。
にしや

にしやの感想・評価

3.0
なんか淡々としすぎてて映画としては微妙だったな…作劇的に深みがないというか…。なので、ラストのオバマ当選がどれだけ意義深いものだったかってとこもそこまでグッとこなかった。

「フォレスト・ガンプ 一期一会」と同じで、主人公を軸にアメリカの歴史をガガッとなでていく系の映画だったけど、正直フォレスト・ガンプも個人的にそんな好きじゃないので、こういう形式はあんまり響かないのかもしれない。
apple

appleの感想・評価

4.0
オバマ政権誕生がいかに多くの人を勇気付けたか、ようやく実感をもって想像できるようになった。日本人には中々理解できないracismの問題の根深さが分かる。
人種差別撲滅のための息子たちの頑張りに涙が出た。ケネディなどの歴代大統領の人格も表現されていて面白い。
黒ぶち

黒ぶちの感想・評価

3.5
そもそも黒人ってだけで奴隷だった時代があったわけだしそう簡単には解決されない問題だろうね。確かに黒人の犯罪は多いのかもしれないけど、それも結局貧しさや迫害が元凶だと考えると切ないわ。
実話ではないが、時代背景や歴代大統領はノンフィクション。
主人公の黒人青年が少年時代に農場を出てから、何を見、何を習い、どう生きていったか。妻、息子達との関わり、彼自身の変化など見どころが多い。
人種差別が当然のように行われていた時代の様子や、差別される人々の生きにくさ、公民権運動の危険性や流れなどを追うことが出来たのも、勉強になった。
をゆぃ

をゆぃの感想・評価

2.6
途中、気分的に辛くなり
観れなくなる気持ちがあったが
それに負けず最後まで観てよかった。
最後の最後は
歴代の大統領達の想いを胸に
歩き出すセシルは紳士で素敵な最高の執事であった。
後半泣きっぱなし笑笑
maki

makiの感想・評価

4.5
人種差別問題はとてもおもい内容で、始終辛かった。
けどこういう歴史をしっかり知っておくべきだと思った。
人種差別や公民権運動といった話の大筋も面白かったが、歴代大統領の性格やトイレ事情?!の描写もあり面白かった。
banchou

banchouの感想・評価

4.2
人権とは、家族とはいろいろと考えさせられる映画。
ケネディが暗殺されていなければ有色人種が公民権を勝ち取る流れも随分と違ったのだろうな。
レニー・クラヴィッツは気付いてもマライア・キャリーは言われないと絶対気付かないでしょ。
>|