サハラに舞う羽根の作品情報・感想・評価・動画配信

「サハラに舞う羽根」に投稿された感想・評価

saaya

saayaの感想・評価

3.8
ラストは好きやけど、ストーリーは普通、という感じ。
でもヒース・レジャーは相変わらずかっこいいし、ジャイモン・フンスーも良かった!
ccr

ccrの感想・評価

-
臆病者のレッテル覚悟で固い決意の元、除隊したけどやっぱ友達助ける為に身一つでスーダン?
登場人物の感情の変化とか展開をこちら側がある程度汲み取らなあかんとしても簡単にスーダン行き過ぎ

その他諸々ツッコミどころ満載のおかけで
感動してる間がなかった
壮絶で壮大な友情物語かな。

最初から除隊なんか申し出なけりゃって思っちゃうよ…。
ハリーが1人でスーダンへ向かい、生死をさまようような過酷な状況の中で親友たちを助けに行く様は、相当無謀ではあるが心を打たれる。

そして、スーダンでしりあったアブーという傭兵との友情もなかなかよかった。

彼の気遣いが無ければこのストーリーは成り立たないかも。

ジャックが自分を助けてくれた存在がわかるシーン、あれはウルウルしてしまった。

ジャックとハリーの友情、アブーとエスネの存在、想像できる結末ではあったけれど、そこまでの経過が面白く、壮絶・壮大でよかった。

ヒースレジャーは良いなぁー。
Liu

Liuの感想・評価

3.7
ヒースレジャーの演技力何回見ても高い。
自分の誇りのためにここまで戦える姿ってかっこいい。
7泊8日レンタル5本1000円の頃に観賞🎥
屈強さが頼もしい系

大英帝国の更なる領地拡大のためにエジプト遠征をしていた19世紀末
当時の臆病者のシンボルが、白い羽だった

窮地のヒースレジャーを助ける現地の傭兵アブーの力強さが記憶に残る
cie

cieの感想・評価

3.5
ハリーが除隊した理由も、一人でスーダンへ向かう意味もよくわからなかった。彼はなにを恐れていたのかも明確ではなかった。
除隊した理由は見えなかったけど、国や周りに流されず、自分の意思を持って動くという意味では刺さった。

アブーがハリーを助け、守る理由も謎だなあ。

戦闘シーンで、ハリーが走ってる馬に飛び乗るところはすごい。
ヒースの運動神経よすぎ…!
犬

犬の感想・評価

3.4
警告

これまで何度も映像化された英国文学の古典を原作にしたスペクタクルロマン

国のため

過酷な闘い
アクションもなかなか

タイトルの意味
雰囲気ありました

ロマンスも少し

俳優陣が豪華
ケイト・ハドソンが良かったです
hirock

hirockの感想・評価

3.9
好きなストーリー。
臆病です。でも、臆病じゃない時もあります。
ろっち

ろっちの感想・評価

4.6
19世紀末、大英帝国は女王陛下の名の下、世界の4分の1を支配下に治め、なお領土拡大を続けていた。
結婚間近のエリート将校のハリーは、スーダンの反乱軍鎮圧を命じられるが、疑問を抱き、一人だけの命では無い、と、除隊の道を選ぶ。そして同期の仲間から臆病者の印の白い羽根が送られる。さらに追い討ちをかけて婚約者からも白い羽根が送られる。
打ちひしがれ、考え、悩み、ハリーは単身スーダンに向かうのだった。仲間を援護するために……。ってあらすじ。
これは面白かった。グロいようなシーンはほとんどないが、悲惨さはよく分かるように出来てますし、戦闘シーンも迫力あるし、ストーリー展開も悪くないし、良作です。グイグイ心に響きました。
白い羽根で傷つき、白い羽根に動かされて、白い羽根で救われる。
まぁ多くは語るまい(笑)の私が、「隠れた名作みぃ〜つけた」で、たまには語るの巻。 (笑)でした(笑)
>|