タイガーランドの作品情報・感想・評価・動画配信

『タイガーランド』に投稿された感想・評価

Natsuho

Natsuhoの感想・評価

3.1
「殺せば生きて帰れるぞ」

そういうこと言われて、己との戦いやったんかな。。。
個人的には「カジュアリティーズ」の方が好きかな。
k

kの感想・評価

3.7
ベトナムに赴く兵士の最終訓練場、”アメリカのベトナム”ことタイガーランド。”フルメタルジャケット”の前半部分を膨らませたような、”訓練”にスポットした戦争映画。
呼吸するように暴言を吐いて、鬼のような体罰も日常茶飯事。キングオブ体育会系のUS.ARMYの風景。
徴兵も志願兵も、それぞれ何かを抱えて、何かを乗り越えようとして”ここ”にいる。
異端児ながら圧倒的カリスマの主人公はコリンファレル。自己顕示欲ゼロの主人公タイプ。さっぱりしてるのに熱い男。かっこいいな。
やっぱり米軍の訓練風景は延々見てられる。
ほーく

ほーくの感想・評価

3.3
【戦々恐々】
今回も作品とは無関係に。

いやね、人生それなりに積み重ねると、いろんなことに出くわしますよね。

何気ない自分の放った言葉から、あれよあれよと転がり始める事態…。

なんでこうなった?

今日ね、とあるイベントがあるんですけど、もう予想がつかなくて、戦々恐々としとるんです。

いや、そんなに大事ではないんでご心配なく。
ただ、まあ、平穏無事とはいかないかな💦

あ、糖⚫病ネタ、お気遣いありがとうございます。
頑張って、回復したいと思います。
だって、食べ歩き、大好きだから🎶

では、作品について。

先日の「チョッパー・リード」と同様、「トロイ」パンフレット上のブラッド・ピットへのインタビューに触発されて、レンタルしたもの。観察いや、鑑賞対象はコリン・ファレル@ボズ。
 眉毛とまなざしが印象的だ。地味で陳腐な脚本なのに、ボズという役柄を印象的に演じた(主人公なのに決してヒーローではない)というところが才能として認められるのかもしれない。そういえば、「エネミーライン」では、ばかっぽいアメリカ兵を自然に演じてたもんなあ~。「S.W.A.T」は観たかった作品なので、今度あわせてレンタルしてみよう。
 さて、作品としてはどうか。国内でも反戦運動を中心に厭戦ムードが高まる撤退間際のベトナム戦争時期の米国内新兵訓練所を舞台とした、志願したり、徴兵されたりした若者達を描いた作品。珍しく、「家族のために戦うんだ。自分を守るために戦うんだ。仲間を守るために戦うんだ。」的な映画じゃないなあと思ったら、2000年の作品でした…。やっぱりなあ。作品としてはさほどみるべきもののない、青臭いドラマです。さて、次は「ブラックホーク・ダウン」をもう一回観よう。
自分が🪖系が余り好きじゃないんだろうからスコアが低めだが悪くはなかったと思う。

多分、デビュー間もないコリンファレルは元々はサッカー選手として前途有望だったらしいが堂々たる主演ぶりだった記憶。
えりみ

えりみの感想・評価

4.1
多分みたと思うんやけどなぁ…
clip!してなかったので
WOWOW録画
作品に恵まれないイメージのある😅
コリン・ファレルが光る映画✨
ブリーフ姿のコリンファレルが光る😃

ベトナム戦争映画が流行った頃とは違う時代
(2001年公開)に作られたベトナム戦争映画
実戦を描写しない戦争映画
反戦映画🕊
ストリップクラブでおっぱい出たり
ボカシ入りセックスシーンがあるけど
レイティング見当たらず😵
両方のキンタマにクリップを挟む
312型無線機の別な使い方を教えてくれるけど
レイティング見当たらず😛

1971年
ベトナムの戦場へ向かう新兵たちが訓練する、ルイジアナ州の米軍基地。
8週間の基礎訓練の後
一週間過ごすのが『タイガーランド』
〜アメリカのベトナム〜

軍隊に入ったのに
公然と反戦平和を唱え😨
外出禁止令を平然と破り😨
巧みに軍規を盾に取り、
除隊を願う兵士たち筋道つけてやる😨
ボズ(コリン・ファレル)
基礎訓練中に営倉暮らしのボズ😵
やれば出来るコなのに🎯

「役職が人を作る」ってのは会社でもある
良い意味でも悪い意味でも😓

小学校も出てないのに詩人な新兵😃
〜同じ月を見ている〜
嫁も子供もおんのに軍隊入ったらアカンやろー🙅
いつでもロクデナシ呼ばわり
嫁には浮気され
男らしく死んでやる!と軍隊入ったらアカンやろー🙅
まともな人は入隊せえへんって
それが現実よねぇ🚬
命令の内容に疑問を抱かず考えず実行出来なきゃ
戦争なんか出来へんよねぇ😥

散々足抜けさせたボズが戦場へ行く
というオチ?が
やるせない気持ちを増幅させる😢
Ryo

Ryoの感想・評価

3.3
フルメタルジャケットに似てるけどこっちの方が人間味を大切にしてるイメージ!
コリンファレルがいい。
一番命を大事にしなければいけない人らがことごとく大事にしない。
たったひとりだけ、ルールに則って命を大事にしてる。

それ以外は3つの派閥に分かれて
ひとつは、やめたいけれどどうすりゃいいかわからん。
ひとつは、人を殺したくて仕方ない。
ひとつは、国のためと保身のため。

まぁどの立場もよくよくわかるけれど、
最後の最後まで全部自分を貫き通した
命を大事にする正義という純粋さは勝つよな。
さあっ

さあっの感想・評価

2.8
自分がもしコリン ファレルと一緒に訓練していたら
凄くイライラしそう
mtmt

mtmtの感想・評価

3.8
ベトナム戦争末期。アメリカ国内の陸軍新兵訓練基地が舞台。コリン・ファレル演じる優秀かつ変わった哲学を持つ二等兵を中心に物語は展開する。彼を慕う者もいればその逆も。その事がアメリカのベトナムと呼ばれる最終訓練地「タイガーランド」での大事件につながる…。冴えわたるジョエル・シューマカー監督の演出。各シーンが高リアリティ。
山桃

山桃の感想・評価

2.8
実際にこんな人物がいたらすぐに除隊になるのかな。どうなんだろう。
>|

あなたにおすすめの記事