団鬼六 美女縄地獄の作品情報・感想・評価

団鬼六 美女縄地獄1983年製作の映画)

製作国:

上映時間:77分

3.2

「団鬼六 美女縄地獄」に投稿された感想・評価

高倉美貴以外の女優さんが、むしろよく縛られてますね。
祝言の当日に夫を戦地へと送り出された富豪夫人(高倉美貴)が、夫人のことを密かに横恋慕する村役場の青年(山路和弘)によって、拉致監禁されてしまう。高嶺の花に対する陵辱と調教を描いている、SM路線のロマンポルノ。団鬼六原作。

赤紙(召集令状)が飛び交う有事の村落を舞台にして、男女の性の営みが描かれる。調教プレイの内容は出涸らしのものばかりだが、展開がアップテンポのため、ドラマの停滞感が良い意味で薄い。寒村のトラディショナルな雰囲気も最高。

何よりも、責め手となる青年が、夫人に対してデスマス調であり、常に謙っているのが良い。主演女優・高倉美貴のおっぱいが谷ナオミのそれと似ており、大理石のような肌を拝めるところも絶品。雑多な日本家屋の内部を動き回るカメラワークや、局部に消しを入れずに女体を写し込む職人技など、演出面での見応えが強化されている。

やっていることは普段通りの団鬼六スタイルだが、個人的には擁護したい一品。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.6
30年前もみんなエロエロ笑。エロいからこそ人間は生きてるんですって誰かの言葉思いだした