日本侠花伝の作品情報・感想・評価・動画配信

「日本侠花伝」に投稿された感想・評価

ひとりの映画監督から推された一本の映画に巡り会えるのに、気づけば30年でした。

加藤泰『日本俠花伝』

まずは皆様に問いたい。
ご自身が数十年前に観た映画の魅力を、たった今しがた観終えたかのように、他人に語る事が出来るか。
そしてその作品の製作時代から半世紀ほど後の孫ほどの世代の若者に(一刻も早く観たい!)と思わせる自信はおありか?

『天城越え』の匠・三村晴彦監督は、1973年に公開されたご自身の師匠の映画について、自分の師匠の偉大さを交えながら、時には非凡なショットの繋ぎ方、時にはローアングルの巧みさ等を身振り手振り演じながら、聴いている私たちに克明に語ってくださり(一刻も早く観たい!)と渇望させてくれました。

東京・高田馬場駅から歩いて10分、東京山手YMCAという小さな施設の1室。

今からあしかけ30年ほど前の夏の昼下がりの事です。

作品の名は加藤泰『日本俠花伝』

三村晴彦監督が師匠・加藤泰の名を挙げた時、私は『江戸川乱歩の陰獣』と『人生劇場』の監督、という程度位にしか認識していない、全く全く、恥ずかしい限りの無知丸出し小僧でした。

三村晴彦監督の語り口に圧倒されたものの、当時から未ソフト化だった(多分、現在も)本作を観る手立てがなく、亀有名画座か大井武蔵館あたりで上映してくれるのを気長に待つ事30年。
その間に
『みな殺しの霊歌』に触れて覚醒。
『ざ・鬼太鼓座』『炎のごとく』と、時系列に逆らった鑑賞行脚の後、ついにあの『明治俠客伝・三代目襲名』に出逢って完全に任侠映画の虜になり、それからマキノ映画を始めとする約100本近い任侠モノと本気で
向き合えたのです。

2017年に初めてHD放送されていた事さえ知らぬ不精者の私を見かねた友人が送ってくれた録画DVDでついに鑑賞。

胸躍らせてテレビ画面と向き合えば、そこに展開されるイメージは三村晴彦監督が熱っぽく語っていたその言葉通りでした。

そもそも冒頭の列車シーンからしてただ事ではない。
下から撮られた走る列車がただ事ではない。断崖絶壁のてっぺん、真木洋子が頼りない村井国夫に詰め寄るカット割がただ事でない。
酒のグラスを片手で握りしめた渡哲也がそのままパン!と割り、半ば強引に真木洋子と結ばれる船着き場の場面がただ事ではない。
全裸で縛られてた真木洋子の拷問シーンがただ事でない。
そして何と言っても荒波打ち寄せる岩場でのクライマックスの乱闘。
ただ事ではない定石です。

(あの男は何に賭けているのだ?)

血塗れの渡哲也の振る舞いに息を呑む曽我廼家 明蝶の独白

言うまでなく、息も絶え絶えの加藤泰・ギリギリ晩年の劇映画に賭けてくれているのです。
だから真木洋子の(幸せです!)という台詞は観ている私たち観客の気持ちと限りなく協和します。
りっく

りっくの感想・評価

4.7
列車内でまるで運命に翻弄されるように女と男が出会う場面から、一貫してローアングルによる加藤泰の美学が炸裂。真実の愛を探し求め、翻弄され、傷つきながら、それでも歩みをやめようとしない力強く儚い女を真木洋子が文字通り全身全霊で熱演。特にリンチシーンの壮絶さ、ラストで情念が血しぶきと共に爆発する渡哲也とともに男どもをたたき切りまくる崖上の場面は映画史に残る。その一方でくしゃみの場面など、笑いを交えるバランス感覚も見事。ワンシーンワンカット単位で目が離せない、壮絶な傑作。
真木洋子と男がセッスクおっぱじめて、その横でクシャミを我慢する任田順好がハイライト。

ラストの殺陣の血飛沫はちとやり過ぎなレベル。
アノ

アノの感想・評価

3.5
『炎のごとく』よりは面白いといえ長すぎるし加藤泰の衰えも感じてしまう。
任田順好がとても良いキャラをしているのに(飯屋の親父との会話は最高に粋) 、前半でいなくなってしまうのは勿体無さすぎる。
任田がいなくなってから映画のテンションも明らかに落ちている。
真木洋子が拷問されるシーンの迫力の無さもちょっと酷い。

最後の立ち回りで渡哲也が敵のボスを殺したときに、物凄い毛むくじゃらのおっさんが画面を塞ぐので吹いた。
すんげえ血吐いてるし何なんだアレは。
脚本構成そっちのけ、加藤泰美学の暴走。

画面の奥で渡哲也が敵ボスを倒してるのに、画面手前で手下が血を吐いて惨死してる顔が大写し。
もう頭おかしいだろ。
長い。
見始めてすぐに、これは長いなと気がつく。冗長。
ですが、素晴らしいシーンもたくさんある。ホントにたくさん見どころある。
真木洋子はたしかNHK朝ドラのヒロイン出身だけど、すごいね。これ以外に何か、作品があるのでしょうか。
くずみ

くずみの感想・評価

4.0
やりたい放題。任田順好と菅井きん、笑いと紙一重の宇和島パート、突然のふんどし祭。渡哲也の目力。
加藤泰が長年暖めていたオリジナル企画らしい。一般的な任侠映画的シナリオでもなく、途中からあまりセリフも聞き取れず内容あまりわからなかったんだけど、とにもかくにも演出が炸裂している。渡哲也との列車での出会い、前半最後の断崖絶壁で風に揺れる日記、拷問、走る馬の下に据えられたキャメラ、岩場での決闘、血まみれのラストキス。久々に終わった瞬間腰が抜けて立てなくなった。
決して出来がいい映画ではないと思うんだけど、情念溢れる演出の数々に見事に打ちのめされた。そしてそれに応える俳優たちの見事さ。エキストラに至るまで素晴らしい。主演の真木洋子は恥ずかしながら存じあげなかったのだが、序盤と終盤の顔がまるで違う、そして身体というか肉体に宿った怨念のようなものも感じた。
スマートさより、型を破れった思いが溢れでているこういう映画には心底憧れますね。
ザ、巨匠のやり過ぎ映画。
東京

東京の感想・評価

3.6
渡哲也が拳銃とライフルみたいなの持って雨の中立ってるシーンガンギマッてた
ムチコ

ムチコの感想・評価

4.5
特濃にもほどがあるー
くしゃみのとことかトゥーマッチで興ざめだし、思想が出すぎかとも思うが、それでも序盤のこちらへ向かってくる機関車そのままのような勢いが好ましい。

極端なローアングルを生かして、足袋のまま駈け出す、手をつなぐ、手先足先に暑苦しいほどの情感。
舟底でくもったコップにお酒を注ぐシーンぎゅんぎゅんきた。赤いトマトと珊瑚のかんざし。

それと、なんといっても任田順好のかなわぬ恋心(そう捉えない人もいるかもしれないけど)。
>|