アメリカン・パロディ・シアターの作品情報・感想・評価

「アメリカン・パロディ・シアター」に投稿された感想・評価

劇場未公開作品。当時の第一線級キャストが多数参加した、カウチポテト向けスケッチ・コメディ。ザ・シネマ町山智浩撰。下らないけど面白いアメリカ版ギャグ100連発。不運な黒人「テルマじゃない」。今月のプレイペット。TVの中から"セルマ"と叫ぶ。SF映画『月のアマゾネス軍団』。ノーソウル病の黒人シンガー。カップル適合チェックマシン。退屈な男の評論。葬儀ジョークショー。タイタンズの"ビンビン君"。ラス・メイヤーが貸すビデオ。性病予防啓蒙映画『若気の至り』
絨毯のカツラと透明人間声出して笑った😂デート機械ほしい👨‍💻💻
TAXSEA

TAXSEAの感想・評価

4.5
町山智浩さんのオススメ。

くだらない、くだらないからこそ最高。
ラスメイヤーも出てたことに驚きと嬉しさが溢れた。

特に好きだったのはクレジットカードの話とコンドームの話かなあ。

黒人のCMみたいのも良かったなあ。

これはもう一回観れる。
全20話のパロディー・オムニバス映画。

ギャグのオンパレード。
ジーナ

ジーナの感想・評価

1.0
ナンセンスなショートコントの詰め合わせ映画。
しかし、これがどうしようもなくつまらない。。。

ベタなお笑いに抵抗は無く、ドリフ大爆笑とかは大好きです。
ファミリー劇場で全話を録画してるほど。
もちろん60〜80年代の古い映画も大好きです。

しかし、この作品はどれも失笑もの。
当時のアメリカ人にとってはハートをガッチリ掴む魅力があるのがしれませんが、これならドリフ大爆笑を何千回も見ていたい。

ミシェル・ファイファーは美しいですね。
琉太

琉太の感想・評価

4.0
30年ぶりに観た
ショートコント集
ベタなアメリカンコメディ好きの自分には堪らない作品
2回目なのに結構いけた
出演者に無駄に豪華
ミッシェルファイファーが綺麗
昔ながらのコント番組を再現してるような作品。
監督たちのユーモア。

世代としてはおそらく70年代ハイティーンな人がハマると思いました。

鑑賞後、解説を読むとなお、面白いはずです。

エンドロールの教育映画のパロディがまた、面白い。

どんなスターが出ているのか、楽しみに見て欲しいです。
青猫

青猫の感想・評価

5.0
90年代の深夜テレビのザッピング感、レンタルビデオのノスタルジック感。
深夜映画が深夜アニメに変わってしまった今だからこそ、当時より今観た方が価値があるくだらなさ。
最初はめちゃくちゃ笑ったけど、徐々に失速…当たり外れは個人の(以下略
シスケル&エバートのパロディは笑えた。あとプロデューサーがロバートKワイスなんだが、ブルースブラザースや裸の銃を持つ男も作ったブルーズを持った男なのだ。だからモンティパイソンやフライングコップ好きにはたまらない一本。
やたらとすごいキャスト陣なのも流石。あのおじさん誰だっけ…って思ってたらラスメイヤーだった。マッチーの解説も良き
日本リリース当時の自分の趣味的に観ていておかしくないはずなんだけどつまんなそうだと思って観てなくて今回初見。その予感は冒頭で大当たりだなあ、だらしない『ケンタッキー・フライド・ムービー』だなあ、と思ったが、辛抱して観てたら魂のない黒人とか葬式ショーあたりから結構イイのが出てきてなかなか良かったです。だらしない感じは最後まで続くけど。たまたまだけどこの前観た『月のキャットウーマン』が元ネタのひとつだった。
>|