エヴァグレイズを渡る風の作品情報・感想・評価

「エヴァグレイズを渡る風」に投稿された感想・評価

イワシ

イワシの感想・評価

5.0
バール・アイヴズとクリストファー・プラマーの敵対関係がやがてねじれて友情へと変遷する様こそニコラス・レイ。プラマーのクローズアップと視点ショットが切り返される幻惑的な小舟を押すシーン、小舟で顔を切り取られてるせいかドライヤー『吸血鬼』の棺のように見える。

無法者の密猟者集団を率いるバール・アイヴズの赤髭をこんもり蓄えている顔に小さなビー玉のような青い目が光っているのが凄く良い。アイヴズはアンドレ・ド・トス『無法の拳銃』でも無法者のボスを演じててこれも素晴らしい。
BB

BBの感想・評価

-
異様なやりとり、異様な対決、異様な緊張感、異様な展開…。
ピーター・フォーク出てる。デビュー作。
フロリダの自然保護区を舞台にした、環境問題をあつかった西部劇というか東部劇というか。異色作。自然保護側の主人公と、密猟者のボスとの間に生まれる友情というか不思議な関係が素晴らしいのよ。