シャロン砦の作品情報・感想・評価・動画配信

「シャロン砦」に投稿された感想・評価

だい

だいの感想・評価

2.0
まあよくある、
功を焦る無能な上官の下で、それに反発する部下が軍紀違反に問われる話。
なわけだけども、

主人公が野蛮すぎて共感できぬぁい!!!!!

酔っ払って無茶苦茶する!
勝手に人の家に入り込む!
上官の妻を無理矢理奪おうとする!
挙げ句の果てには素直に自分を受け入れない上官の妻を殴る!

行動原理には理解できるとこもあるけど、
あるけどさ…

あの酔い方だけはダメだろ!!

結果、
いくらどんな行動をして、
いくら何を言っても響かないんだよなあ。


むしろその板挟みに遭うリオーダン大尉が有能でいい人過ぎて泣く。
現場を知らないララミー砦の将軍にまで悩まされて大変すぎだろ!


テーマ的には、
「文明化」を軸に猟師という半未開人が文明に馴化していく様、
ってのを描いてるとは思うんだけど、

全部中途半端!!

娯楽作としては起伏があってそれなりに楽しめるけど、
残るものは無いよなぁ。

最後にジェドを軍曹に登用するのも含めて、
リオーダン大尉の人間性がいちばんの見所だと思うわ。
lemmon

lemmonの感想・評価

3.4
アメリカの北軍に追いやられる先住民族。
ただその土地で先住民とある程度共存していたアメリカ人達にまで影響が及んでいた。
今回はそのアメリカ人が主人公。
こういうタイプの状況にある作品を初めて観た。


主人公は田舎者で、兵士に憧れを抱き、北軍の門を叩く。憧れと戸惑い、そして北軍大佐の妻に恋するなど、暴れ回る。

楽しかったが、ヴィクターマチュアが、何というか、この役にあってんだかどうなんだかが気になった。濃ゆい😅。クドい😬。若手向きだったようにも。


御贔屓ロバートプレストンが大佐役。
うん、彼も濃いなあ。
が、彼は役に合ってた!


大佐の妻が、綺麗な人だなあと思ってたら、アンバンクロフトだった。この頃は正統派美女だったんだなあ🥰。金髪で驚いた👱‍♀️。


最後まで飽きさせないし、他ではない物語で楽しかった!
主題はどこなのか掴めず、モヤモヤしてはいる😅。
afforlax

afforlaxの感想・評価

3.6
なんでこれ見たんだろう、、
別につまらないわけじゃなかったけど、自分にはレベルが高かった
斜面のシネスコ、ロングショットでアクション。最後に雪降ればだいたいオッケー。
dude

dudeの感想・評価

3.5
一人が開けた場所へ囮に出され、主人公が裏から木に登ると息を潜めている先住民の軍勢が見えるというシーンは良かった。身も蓋もないがヴィクター・マチュアの野生演技?がキツい...。
犬

犬の感想・評価

3.3
戦場

猟師であるジェドと相棒2人の3人組は、先住民に銃や馬を奪われる
その理由がシャロン砦を建てた軍にあると気づいた彼らは、その砦へと向かうのだが……

文明

対レッド・クラウド
戦うべきかどうか

ドラマ要素もあり

軍隊がスゴい

もちろんアクションもあり
あとロマンスも
ヴィクター・マチュアは口元がねちょねちょしていて苦手。パパ活してそうなスケベ面。
フランク・ボーセージ『幸運の星』
ダグラス・サーク『僕の彼女はどこ?』
に次ぐ映画史上最高の幸せの雪が降る。
シネスコと西部劇の相性がいいのか、アンソニー・マンのシネスコを用いた演出が素晴らしいのか。
シネスコを用いた空間設計の模範解答。
ラストで主人公が木によじ登り、地面に隠れる敵の先住民を見下ろすショット時の横長画面と随所にある高低差演出は格別だぜ!
今年になってようやく西部劇の魅力が分かってきた。
マ

マの感想・評価

-
ロングショットと高低差、砂埃。雪と「解散!」にはやっぱりグッときてしまう
部族と争って砦に駐屯してる北軍に猟師が参加し大佐の妻を好きになるお話

「つまり、好きな女がダメなら好きでもない女を愛する、そんなのズルい」
>|