彷徨える河の作品情報・感想・評価

彷徨える河2015年製作の映画)

EMBRACE OF THE SERPENT

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:115分

3.8

あらすじ

アマゾン流域の奥深いジャングル。侵略者によって滅ぼされ た先住民族唯一の生き残りとして、他者と交わることなく孤独に生き ているシャーマンのカラマカテ。ある日、彼を頼って、重篤な病に侵 されたドイツ人民族誌学者がやってくる。白人を忌み嫌うカラマカテ は一度は治療を拒否するが、病を治す唯一の手段となる幻の聖なる植 物ヤクルナを求めて、カヌーを漕ぎ出す。数十年後、孤独によって記 憶や感…

アマゾン流域の奥深いジャングル。侵略者によって滅ぼされ た先住民族唯一の生き残りとして、他者と交わることなく孤独に生き ているシャーマンのカラマカテ。ある日、彼を頼って、重篤な病に侵 されたドイツ人民族誌学者がやってくる。白人を忌み嫌うカラマカテ は一度は治療を拒否するが、病を治す唯一の手段となる幻の聖なる植 物ヤクルナを求めて、カヌーを漕ぎ出す。数十年後、孤独によって記 憶や感情を失ったカラマカテは、ヤクルナを求めるアメリカ人植物学 者との出会いによって再び旅に出る。過去と現在、二つの時が交錯す る中で、カラマカテたちは、狂気、幻影、混沌が蔓延するアマゾンの 深部を遡上する。闇の奥にあるものとは...。

「彷徨える河」に投稿された感想・評価

324

324の感想・評価

3.8
意外とテンポが良く、表面的にしか理解できなかった印象。深部に行くほど謎が強まる。
KOBORI

KOBORIの感想・評価

2.2
カラマカテがオードリーの春日に激似で入りこめなかった。
vanilla

vanillaの感想・評価

4.0
私のスカスカな宗教観ではどんどん理解が追い付かなくなり。。何かを得るために何かを捨て、想像を絶する文化と出会い先へ進んでいく ある意味ロードムービーなのかな…
前知識なしで借りてよくわからんけど原住民とか好きーみたいな気分で見て途中寝て巻き戻したけどまあまあ面白かった。

不思議と見入ってしまった。

山伏修行か!

と叫びたくなる


修行も終えたので皆さんにこの映画をオススメします!
There were so many scenes that left me wondering how they shot it.
jitsumon

jitsumonの感想・評価

4.0
台詞1つ1つに深いメッセージがあり文化そのものの定義に考えさせられる映画。

最先端の映像技術を用いなくてもここまで映画は美しく作れる物なのだと教えてくれた気がする。

自分はチュジャチャキから逃れられないでいる気がする。
manuca

manucaの感想・評価

4.0
ヤノマミやイゾラドなど良質なドキュメンタリーでアマゾン少数民族の一端に触れる事はできますが このモチーフを物語として作品にした事が貴重だと思いました。主人公たちが遭遇していくグロテスクな狂気。コンラッドの「闇の奥」を源流とした「地獄の黙示録」と同流の物語。モノクロームのアマゾンがとても美しかった。
miyu

miyuの感想・評価

3.8
アマゾンの奥地には、呪詛、慈悲、虐殺、崇拝、支配、略奪…
その世界はカオス…

シャーマンであるカラマカテと
ヤクルナを求めて旅をする
ドイツ人民族誌学者と
アメリカ人植物学者の旅を交互に描く…

ワタシにとては、未知の世界に引きずり込まれ、かなり、興味深い映画であった🎬

が、モノクロ映画なのに
ラスト辺りでのカラーは…
なんだかチョット 奇異に感じた…

魂の目覚めの表現???

原住民族が自分達を抑圧し
略奪する白人を忌み嫌っていたが…
シャーマン カラマカテは
ヤクルナを与えて、彼を認めた様な…

不思議な映画で、退屈な印象は
全くなかった…
ジャングル奥深くに私には理解すら出来ない文化を伝え、守り、神々が司った自然、動物を敬い神を崇め質素に暮らす人々がいる。
その反面、ゴム農園で迫害を受け、奴隷同然で働かされている、或いは家族を殺害された人々がいる。
失われゆくものの物語。
そして、その大きさを感じた。

実在した冒険家の日記を元に映画化され、
神の領域に足を踏み入れてしまった錯覚に陥りながらも貴重な体験が出来る作品だ。
最初現代から過去へ代わる前、カメラがボートから河の流れへとティルトするにつけ、長回しになるのかと思うとあっさりカットで過去に進む一方、中盤過去から現代に場面が映る際には河の流れを挿んでワンショットで時代が飛ぶ。その一貫性の程度への評価は別として、その違いが一番印象に残ってる。
>|