彷徨える河の作品情報・感想・評価

彷徨える河2015年製作の映画)

EMBRACE OF THE SERPENT

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:115分

3.9

あらすじ

アマゾン流域の奥深いジャングル。侵略者によって滅ぼされ た先住民族唯一の生き残りとして、他者と交わることなく孤独に生き ているシャーマンのカラマカテ。ある日、彼を頼って、重篤な病に侵 されたドイツ人民族誌学者がやってくる。白人を忌み嫌うカラマカテ は一度は治療を拒否するが、病を治す唯一の手段となる幻の聖なる植 物ヤクルナを求めて、カヌーを漕ぎ出す。数十年後、孤独によって記 憶や感…

アマゾン流域の奥深いジャングル。侵略者によって滅ぼされ た先住民族唯一の生き残りとして、他者と交わることなく孤独に生き ているシャーマンのカラマカテ。ある日、彼を頼って、重篤な病に侵 されたドイツ人民族誌学者がやってくる。白人を忌み嫌うカラマカテ は一度は治療を拒否するが、病を治す唯一の手段となる幻の聖なる植 物ヤクルナを求めて、カヌーを漕ぎ出す。数十年後、孤独によって記 憶や感情を失ったカラマカテは、ヤクルナを求めるアメリカ人植物学 者との出会いによって再び旅に出る。過去と現在、二つの時が交錯す る中で、カラマカテたちは、狂気、幻影、混沌が蔓延するアマゾンの 深部を遡上する。闇の奥にあるものとは...。

「彷徨える河」に投稿された感想・評価

kapo

kapoの感想・評価

4.0
ジメジメとした夏の夜の鑑賞にピッタリな、
美しさと儚さが入り混じった
高温多湿なジャングル舟旅物語り。

この映画、スんゴイ。

モノクロでありながら、
緑の鮮やかさを感じ、
深い森の匂いを感じ、湿度を感じ、
静淡なのにダイナミックで、
とにかく豪華で美しい。

時代を交差した二人の研究者と現地人が
アマゾンの森の奥地へ舟を漕いで、
ズブり、ズブり、と入っていく。
その美しさと言葉の深さに、私も
ズブり、ズブり、とハマっていった。

より良く生きる為の文明の開化は、
過去と未来への幻想の摩擦(現在)によって
成り立っている事を強く感じずにはいられなかった。

そこには笑う者と泣く者の二者が必ずいる。

こうやって
進化して来た事実への感謝と、
泣いて来た者への慈しみ、
残された野蛮さや自然への敬意を
忘れてはならないのではないか。

そしたらもっと、
感情を超えたところへ行き着く気がした。

そしてつくづく人間って、
変化が好きな動物やなぁ、って。
それは進化なのか何なのか。

なんて思う、とても地球的哲学な映画だった。

こうやってシャーマンを通して見ると、
もう地球の存在自体がスピリチュアル、
な感覚。
アマゾン・シャーマン・先住民・文明・信仰・狂気。
とにかくガツンと来た。
Googlemapでもアマゾンの闇は覗けないらしい。
ボーグマンの人出てた。
slow

slowの感想・評価

3.9
アマゾン川流域にひとり孤独に生きる男がいた。男は強欲な白人達に侵略され、滅ぼされた先住民族の生き残りである。あの時、この男が出会った倫理観や価値観は、数十年経っても不変なものなのだろうか。

そこには人知では計り知れない膨大な情報が流れているのではないか。大密林を蛇のようにうねり走る川。ヘルツォークをも踏み台にし、時空を旅しているような不思議な体験がそこにはあった。何億光年という歴史への旅、川を遡る旅にもそのようなものがあるのだろうか。水は血液のように酸素を運び、生命を生かし、文明を殺しもする。その川面に映る男の顔は、いつかの高ぶりを思い出し、笑ったようにも歪んだようにも見えた。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.7
生い茂る木々、むせ返るような熱気、ジャングルの奥へ進むほどに文明から離れ原始の世界へと入って行く。
まさに人間の心の奥へと入り込んでいくようで、さながら地獄めぐりのような恐ろしさもあった。
狂気に満ちた文明人たち。ある者は神であろうとし、ある者はそれを崇める。
離れた世界で見える文明人の愚かさたるや。世界は広い。想像がつかない世界はまだまだあるなー。
世界は広い。現代に生きる自分の視野の狭さを感じることができた気がする。二つの時間軸があることはわかったけど、研究者を同一人物だと思い込み、カラマカテは別人だと思っていた…。

観る前にサイトでストーリーをざっと読んでおくことをおすすめします。
pachi

pachiの感想・評価

3.9
本日は南米映画をご紹介!
コロンビア史上初のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。
20世紀初頭アマゾンに足を踏み入れたドイツ人民族学者 テオドール氏と、20世紀中盤に同じくアマゾンに入ったアメリカ人植物学者 リチャード氏という、二人の実在する探検家の日記・記録を元に作られた作品。
主演二人は本物の現地の部族の方!すごいリアル感でした。
モノクロ映画で、こちらの好奇心をガンガン刺激してくれます。
南米好き、アマゾン好き、クレイジージャーニー好きにはたまらない映画と思います!!!すごい面白かった!
-----
ある日、先住民カラマカテが、一人の弱ったドイツ人学者と出会う事から全てが始まる。自らの部族を壊滅させた白人への恨みから助ける気はないというが、、、
その数十年後、聖なる植物ヤクルナを求めてアマゾンにやって来たアメリカ人学者リチャードと出会う。長きに渡る孤独な生活で記憶がなくなっていたカラマカテだが、彼との旅で過去の記憶が蘇ってくる。
アマゾンの奥地では何があるのか、、
あったのか、、、
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.5
題名から みるのためらいがちだったが、すんなり鑑賞。
100年程前のジャングルを巡る日記を基に映画化。
時代が交差する場面や、最後の方のあのシーンなど、アナログ感あるが、好きだった。
それとあの笑いや、独自の生き方をしていたシャーマンが魅力的だった。
JOJO

JOJOの感想・評価

-
この映画 『美色のコントラスト』
ぜひ観てみたい。
いつか見られるチャンスが訪れるはず。
す

すの感想・評価

3.9
けど1:08で編集入ってるよね??
InSitu

InSituの感想・評価

4.3
まず映像が美麗過ぎてビビった。木々と空の繊細な白黒のコントラスト。日光、もしくは月明かりに照らされる人の肌の艶。雄大でアブストラクトな河の鏡。このモノクロームな映像が、ラストのスターゲートに活きてくる。ラストは本当に惹き込まれてしまった。低予算ながらこれだけ作り込まれた映画に対して(しかもDVDレンタルで300円程度で借りた私には)、プロパガンダ云々と云った文句なんてとても思い浮かばない、ただ唖然とするばかりである。今だったらヘルツォークの良さが分かるかもしれない。
>|