彷徨える河の作品情報・感想・評価

彷徨える河2015年製作の映画)

EMBRACE OF THE SERPENT

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:115分

3.8

あらすじ

アマゾン流域の奥深いジャングル。侵略者によって滅ぼされ た先住民族唯一の生き残りとして、他者と交わることなく孤独に生き ているシャーマンのカラマカテ。ある日、彼を頼って、重篤な病に侵 されたドイツ人民族誌学者がやってくる。白人を忌み嫌うカラマカテ は一度は治療を拒否するが、病を治す唯一の手段となる幻の聖なる植 物ヤクルナを求めて、カヌーを漕ぎ出す。数十年後、孤独によって記 憶や感…

アマゾン流域の奥深いジャングル。侵略者によって滅ぼされ た先住民族唯一の生き残りとして、他者と交わることなく孤独に生き ているシャーマンのカラマカテ。ある日、彼を頼って、重篤な病に侵 されたドイツ人民族誌学者がやってくる。白人を忌み嫌うカラマカテ は一度は治療を拒否するが、病を治す唯一の手段となる幻の聖なる植 物ヤクルナを求めて、カヌーを漕ぎ出す。数十年後、孤独によって記 憶や感情を失ったカラマカテは、ヤクルナを求めるアメリカ人植物学 者との出会いによって再び旅に出る。過去と現在、二つの時が交錯す る中で、カラマカテたちは、狂気、幻影、混沌が蔓延するアマゾンの 深部を遡上する。闇の奥にあるものとは...。

「彷徨える河」に投稿された感想・評価

abemathy

abemathyの感想・評価

3.5
原題「蛇の抱擁」を頭に入れてから鑑賞した。
この題材でこれだけの映画に仕上げた力量に敬服する。ただ、どうも「西欧から見た野生」という匂いがして仕方ない。そもそもが白人探検家の記録をもとに作られたのだから、それを言ってはお終いなのかしら。
Mizuna

Mizunaの感想・評価

2.8
先住民と西洋の価値観についてはもちろん、人間の本質と狂気についても考えさせられた。
私にとっては新しい世界でよくわからないところが多かったけれど、だからこそ見る機会があってよかった。
みなみ

みなみの感想・評価

3.8
大学で鑑賞!
文明と自然っていう単純な対立構造ではないよなぁと思った。あと異常な宗教が集団をまとめるのに利用されてるけど、生き残るためにある種必要なものなのかも。
いろんな文化が混ざり合って、でも完全には混ざってなくて、そのまま1つの街の中に存在してるコロンビアの雰囲気やっぱり好きだ。
こんな作品を見ると
人が知り得たもの
科学ゃ化学が証明できたもの
拙い言葉で伝えられるものが如何にちっぽけかが分かる

人が想像できないもの
人が考えもしないこと
人が決して知り得ないものが、深海ゃ宇宙にゎあって、今作でゎ現代のジャングルにまるでパラレル・ワールドのように存在するかも知れない世界・人種・思想・薬等を実在した探検家の日記を基に描いてある

人ゎ己の愚かさゃ無知をチャンと認識して、次のレベルへと進化できるのだろうか?

(ーー;)
Taul

Taulの感想・評価

3.0
アマゾン遡上の旅。知識、所有、伝承、宗教といった文明論や、先住民と学者の関係の面白さの中、不思議な体験を経てトリップしていく感覚。流れ着くのは宇宙の神秘であり、人間の持つ異形のようだ。台詞も映像も語り過ぎな嫌いはあるが、白日夢のような余韻。
劇場で観るべきだった。チャンスがあれば次こそは…無理かな。
常にオリジナルな作品というのは強いエモーションで作られる。
よくこの映画撮りきったなと感心した。
アマゾンの奥地、厳原住民の佇まい、どこからどこまでがセットで、演技なのかよくわからなくなる。
とても印象深い、忘れられない映画。
素晴らしい!
同じ世界に住みながら、彼らは複雑化された世界で全く違う世界を観ている。
戯画化されたバラエティの先住民を一掃するような、文明の儚さと彼らの確固たる強さを感じる。
幻冬舎新書
『なぜメリル・ストリープはトランプー 』
で紹介されてたこともあってレンタルを。


呪術者カラマカテの元に
やってきた2つの時間軸の
2人の白人探検家。
幻の花を求めてアマゾン
の奥へと突き進む、
モノクロ世界の
ジャングルクルーズ。




『地獄の黙示録』や
『アギーレ神の怒り』
を彷彿させるものの、
今回と決定的に違うのは
それらは欧米人からみた
不可解なジャングルの姿で、
今作は先住民の視点。




現地の先住民と学者との関係性、
知識や所有そして宗教といった文明論
…と面白みを感じるポイントは点在。


モノクロ映像に加えて
基本的に静かな映画。
リトマス試験紙のように
「眠たくなるか否か」は
見る側の関心度合が
そのまま反映されそうw


個人的に眠たくならずにすんだのは,
中島らも『ガダラの豚』を
読んでた分だけ"呪術"に関して
それほど違和感なく
入っていけたのも大きかったのかも。
カメラのあり方やカットの割り方、台詞の使い方などに対して、映画表現としての思想や哲学、方法論といったものがない
>|