彷徨える河の作品情報・感想・評価

彷徨える河2015年製作の映画)

EMBRACE OF THE SERPENT

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:115分

3.8

あらすじ

アマゾン流域の奥深いジャングル。侵略者によって滅ぼされ た先住民族唯一の生き残りとして、他者と交わることなく孤独に生き ているシャーマンのカラマカテ。ある日、彼を頼って、重篤な病に侵 されたドイツ人民族誌学者がやってくる。白人を忌み嫌うカラマカテ は一度は治療を拒否するが、病を治す唯一の手段となる幻の聖なる植 物ヤクルナを求めて、カヌーを漕ぎ出す。数十年後、孤独によって記 憶や感…

アマゾン流域の奥深いジャングル。侵略者によって滅ぼされ た先住民族唯一の生き残りとして、他者と交わることなく孤独に生き ているシャーマンのカラマカテ。ある日、彼を頼って、重篤な病に侵 されたドイツ人民族誌学者がやってくる。白人を忌み嫌うカラマカテ は一度は治療を拒否するが、病を治す唯一の手段となる幻の聖なる植 物ヤクルナを求めて、カヌーを漕ぎ出す。数十年後、孤独によって記 憶や感情を失ったカラマカテは、ヤクルナを求めるアメリカ人植物学 者との出会いによって再び旅に出る。過去と現在、二つの時が交錯す る中で、カラマカテたちは、狂気、幻影、混沌が蔓延するアマゾンの 深部を遡上する。闇の奥にあるものとは...。

「彷徨える河」に投稿された感想・評価

本で読んだ南米の幻覚植物ヤヘイを思い出した。薬物のようにトランスするためでなく、彼らにとっては世界や自然を知り、真理と語らうためのもの。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.7
物欲でガツガツした文明社会に生きる者とジャングルで生きる先住民族の知識や知恵をうまくブレンドできたら もう少し楽に生きられる世の中だったかも。無理だったからの結果だろうが。快適に暮らす、欲求を満たす、その為に失った人間の特性。便利に不快なく暮らせるって 考える事をしなくて済む怖さがある。だからって 今 ジャングルに放り込まれたら 自然に瞬殺されるけど笑。
自然と共に生きる人々の言葉や思想は現代のストレス社会を生き抜くヒントになるような気がする。。
yaaa

yaaaの感想・評価

4.0
部族映画。

人を食べたり、舟が転覆したり、肌の色がナス色になったりせず、地味に淡々と幻の植物を求めてカヌーでゆっくり川を下るだけ。
これが深夜に流れる環境映像みたいにボーっと観られる。
文明の侵略と文化の消失、先住民と白人、カラーでなくモノクロ、ヘルツォークと地獄の黙示録と言ってみたい…と小難しいことがあるのだろうが、単純に相容れない同士の道中はおもしろい。うっすらと冒険ものだし。
最後のどえらいロケーションは見ものだし、一部カラーは愛嬌として受け止める。
ものごとを白と黒、善と悪だけで語ることができるのなら、文学も映画も必要ないだろう、と思う。

交錯する時間とアマゾン河と心の狭間を往く、なんとも壮大なロードムービー。

近代化批判や植民地としての怒りという側面はもちろんあるのだけど。それだけでは語れない、諦念や哀しみや受容、かつての文明への憧れや畏怖の念、言葉では語れない複雑にからんだ想いを飲み込むように、ただただ流れ続けるアマゾン河の、その奥深さが、よかった。

彼は何かを見つけたのだろうか。
mayu

mayuの感想・評価

-
解釈が追いつかないくらい壮大な何かを観てしまった。どんなにたくさん本を読んで、地図を見て、映画を見て、莫大な知識を蓄えても、コロンビア奥地の大自然を目の前にすると無意味になるんじゃないかとさえ思えてくる。知識は実際に体感して自分の一部にならなければ虚像でしかないというか…

現代社会においてイニシアチブとなっている西洋科学も、自然の脅威をありのままに受け止めて生きるアマゾンの先住民族のアイデンティティやある種の悟りには到底敵わない気がする。とはいえ私は今、電気を付けてクーラーを効かせて映画を観てるので、近代文明を真っ向から否定なんてできないけど、おかしい部分はたくさんあるよねって気づける映画。

何を言っているのか自分でもよく分からないので、また観ようとおもいます。笑
kimnorah

kimnorahの感想・評価

4.0
モノクロームの映像がとても美しい、本当に起こった事というか、全てが夢だったような気にさせられる。出てくる人々や出来事も夢で見るような、現実っぽくない感じがある、知らない世界過ぎて。
大昔は人間も今よりもっと色々な人達がいて、今人間が他の動植物に感じるように地域によって千差万別だった事を想像させる。
2018(61)
コロンビアのジャングルで時を超える
遡上する河と時空、密林の蛇たち
matsuitter

matsuitterの感想・評価

4.0
2015年のアカデミー外国語映画賞ノミネートのコロンビア映画。

実際に残された研究記録を基にしており、アマゾン河で秘薬を求めて河下りをする展開が時間を忘れさせ瞑想的な精神状態に至る。時代を経ても全く変化しないアマゾン河をモノクロ映像で表現していてまさに呪術的な鑑賞体験だった。

以下のレビューが好きです。
https://movies.yahoo.co.jp/movie/彷徨える河/356867/review/観る人が選ぶ映画/52/
https://movies.yahoo.co.jp/movie/彷徨える河/356867/review/アマゾンの神話/40/

ネガティブな点。

アボリジニ、シャーマニズム、河が出てくる映画って過去に「地獄の黙示録」「アギーレ神の怒り」「デッドマン」などを観てるけど、全部途中で寝ており個人的に地雷。そして本作もやっぱり寝たw 面白いんだけどもいかんせん映像がワンパターンでプロットも変化がゆっくりなのがね。。
bowzZ

bowzZの感想・評価

3.7
コロンブス以来南北米大陸は白人に翻弄されてきたから、先住民の恨みもひとしおだろうけど、この白人探検家は最終的に受け入れられたという事かな。
これは個人的に好みのジャングルの河遡上映画でもあった。
その昔、米大陸が途中にあったおかげで、インディアスを目指していたコロンブスに日本は発見されなくて済んだわけで、もしそうでなかったら、大航海時代以来日本人も米大陸の先住民=インディオたちの立場だったろうと思うと同情を禁じ得ない。
>|