ヒッチャーの作品情報・感想・評価

「ヒッチャー」に投稿された感想・評価

小夏

小夏の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ど う し て こ う な っ た

リメイク作品は基本的に原作を超えることはないし、良くないものが多いが、これは特に駄作だ。

まず主人公がアメリカンボーイからバカップルに変わっている。
最悪だ。
ヒッチハイカーもただの変態殺人鬼になってしまっている。
最悪だ。

ラストのシーンで何故かいきなり主人公の女が強気になって、ヒッチハイカーを殺してやり遂げた感を出すが、積み重ねもクソもあったものではないので、全く意味がわからない。

オリジナルのラストに似せようとしたのかもしれないが、ヒッチハイカーただの変態殺人鬼だしありえない。

とにかく無い。
制作年からすれば、まぁこんな感じでしょう。

似たような作品に『レストストップ』を思い出しました。
もしそれとこれを連続で鑑賞したら、後々内容がゴチャ混ぜになってしまうんじゃないかと思います(^^)

お約束のツッコミどころも満載されてます☺️
大きく分類すると……
・警察(保安官)がチョー無能
・カノジョの言動に度々イラッ
・え?なんでそこでそうするかなぁ
ま、B級映画にはつきものなので、慈愛の念で観てあげましょう(´ 3`)

こういう作品のカップルのカレ氏って、ちょっとムカついたりバカだったりするものですが、今作のカレ氏は好感持てるキャラです。
好きな人は好きだろうなって感じのルックスだし、人としての常識も持ち合わせているのでウザくないんです(^^)
それだけに……あの仕打ち、あれにはショックを受けましたねぇ(/´△`\)

ショーン・ビーンのイカれたサイコ野郎ぶりが見ものですが、違和感を感じずにはいられない人もいるんじゃないでしょうか(*´-`)

最後に大事なことを。
残念ながら今回、ノーおっぱいで(。´Д⊂)
キワドイ場面はあるものの、ノーおっぱいで(。>д<)
あ、太ももは堪能できます(*´∀`)
でもノーおっぱいで(;つД`)
ヒッチハイクした男がサイコ野郎だった話。リメイクとは知らずに見ていたけどこのサイコは本当に何がしたいのかがわからない。女も女で逃げ道のない場所に自ら足を運んでいったりアホ丸出し感があって微妙。
ren

renの感想・評価

2.7
ヒッチハイク

長期休みに入り旅行に行こうと遠出をする。が、外は大雨。道のど真ん中で1人立つ男が。そう、これが物語のはじまり。
ヒッチハイクで乗った男がサイコパス。あとはアクションやスリルを楽しむだけ。
いわずと知れたルトガー・ハウアーの
「ヒッチャー」のリメイク。

オリジナルでヒッチャーに追い回されるのは単体らしいけど、こちらは脳ミソを何処かに置き忘れてきたようなバカップル。

ストーリーは、大学生の男女が春休みを利用して、長距離ドライブに出掛け、とある事情からジョン・ライダーと名乗る男を同乗させる。
ところがこのヒッチハイカー、イカれた殺人鬼だったのだ!!

‥ていうか、この作品、ニューメキシコに遊びに行く道すがら事が起きるのだけど、確か「悪魔のいけにえ」及び、「テキサスチェーンソー」も、若者たちはニューメキシコを目指す途中だったはず‥ニューメキシコは危険人物多いなぁ。
そして、あのだだっ広いハイウェイは本当に怖い。
車がおしゃかになっても、何かの事件に巻き込まれたとしても、助けを求める声は何処にも届かない‥おーこわっ。
といっても、アメリカ本土に行ったことないけど(笑)。


さて今回、一番悪いのは勿論ジョン・ライダーだけど、このバカップルも相当悪い。






頭が。
ジョン・ライダーが火種だとしたら、バカップルは灯油撒いて逃げ回っているようなもので、考えなしにただ逃げ回るだけなので、周りがとばっちりを受けてどんどん殺られていく。

おいおい‥ジム!バカ!とか、グレース!違っ‥あーもー!とか、このバカップルにイライラしてわーわー言う旦那が横に居たので、怖さも半減。
ヒッチャーを逮捕するも彼の記録がないなんて、お前はジョーカーかってツッコミたくなるし、警官も簡単にやられすぎだし、一応カップルの味方のようなカーボーイハット警官も指示するだけでお前が行けよってもどかしいったらありゃしない。

でも話は面白いです。派手で、ケレン味たっぷりな感じはそれはそれで良い。

カップル2人で生還するタイプのサスペンスだと思ってたので、トレーラーで腰の牽引療法が始まってぶっちぎれた時は、不意打ちすぎて思わず変な悲鳴を上げてしまいました。
スプラッター好きはさぞ満足する事でしょう。
(あれはグロかった‥巻き戻して二度見)

昔に公開されたオリジナル版の方が断然評価が高いので、忘れた頃にそっちも観てみたいと思います。
イライラするシーン多め。
しかし短時間でハラハラ感はありました。
さらっと見れてオススメ。
ゆうな

ゆうなの感想・評価

2.5
嫌なものは嫌、明らかに死にそうなくらい怪我してない限り知らない人とは関わらない、を徹底しましょうというお話。腹たったときに相手このくらい追いかけ回して恐怖のどん底に陥れたらスッキリするだろうなぁ。
先程、クソして寝るなどとカッコつけましたが、トイレに行く夢で慌てて目が覚めました。いよいよマセております、プリンスです。
脳のメモリー不足で新しい記憶が曖昧ですので忘れる前にもう一発投下です。
やりました。ヒッチャー!
ヒッチャー絡みの作品があり過ぎて状況がよくわかりませんが、コレはハウアー先生のリメイク版とゆう事でよろしいでしょうか?
今回の仕掛け人は、大学生カップルのジムとグレース。よくわかりませんが、米国人でしょう。チャラチャラと車で旅をしている訳であります。コレはもう仕方ありませんね。それでは登場して頂きましょう。ジョン・ライダー!真っ暗闇、土砂降り、道の真ん中とゆう悪条件の中からの参戦で御座います。風邪ひいちゃうから!
普通はこの状況でヒッチハイカーなんて乗せませんが、大学生カップルのドライブを観てても仕方ないので乗せて戴きましょう。もう皆さん解ってますから、乗せて2分でテキパキと仕事に掛かります。彼女と何発ヤッたんだ??エクスキューズミーな質問をぶちかましてから、ナイフでホラホラしてくる訳ですね。
そこから先は車から蹴落とされてみたり、再会してみたりと、付かず離れず持ちつ持たれつの3人のロードムービーが始まる訳で御座います。オリジナル版を何回も観てる私としましては、ハイここでアレ!ハイ、ここであのセリフ!ハイ、仕掛け人ここで逃げて!と、割と細かい所まで思ったとうりに事が進む訳でして、これは観る意味があるのかどうか。パトカーが来ようが、ヘリが来ようが、ジョン・ライダー敵無しで猛進する訳ですよ。これはもはやヒッチしてハイクするなんて呑気な話は大きく超えている訳でございます。そして盛り上がるクライマックスの大型牽引免許の路上教習。ほら、半クラ半クラ!!そんなギクシャクしてたらハンコやれないでしょ!
あらっ!ちょっとちょっと!なんでそんな所にジム君?椎間板ヘルニア強制牽引もしっかりリメイク。観る意味無いです、コレ。
顔だけアイコラして何作も作れる訳ですよ。目新しい所は、保安官役のセラミック松村氏ぐらいですよ。
アレ?アレアレ?
ちょっとちょっと、ジョン・ライダー、良くみりゃショーン・ビーンじゃないの!!こんな所で何やってるかなぁ!
知ってたんですけどね。一応。
ショーン・ビーン、嫌いじゃないけどハウアー先生に比べると、やはりちと弱い。ちゃんと言葉が通じる顔しておる訳ですよ。
もう一回この話でリメイクする時は、プーチンか神田正輝にして下さい。その時はまた観る!
でわまた!
執拗とはこのこと。
これは怖いわ…。

犯人は異常なタフネスと精神力の持ち主。

ヤバい奴には関わらないに限ります。
特に路上は。
yasu

yasuの感想・評価

2.6
1986年のヒット作をリメイクしたサイコ・スリラーらしいが、何となく盛り上がりに欠けるというか…大学生カップルの不運さには同情するが、思いきりの良さがなくパッとしない印象。殺人鬼役のショーン・ビーンの怪演と、ラストシーンだけはかっこよかったように思う。
>|