ヒッチャーの作品情報・感想・評価

「ヒッチャー」に投稿された感想・評価

hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

2.9
リメイク版。ひたすら鬼ごっこ。なんで乗せちゃったのって終わりまで思う映画 笑
80s

80sの感想・評価

2.0
あれだけやりたい放題された挙句、自分たちの命が危険な状況にあっても引き金を引けないヒロインにはイライラさせられっ放し。見ず知らずのご遺体乗せたまま運転する度胸はあるのに、彼氏が絶体絶命の危機に晒されていてもまだ躊躇してる。

「役立たず」と吐き捨てるジョン・ライダーに思い切り同意してしまった。
2018 222本目

ほんとしつこい男でした。
あとマイケルベイは、どんな映画でも車ぶっ壊しまくるってことが分かった。
まな

まなの感想・評価

3.5
ハリウッドお得意の、見る側が手も足も出ない不条理系ムービーです

誰が、何の為に、何でそれを
っていうやつです。通り魔的な。

この手の映画は、あまりむしゃくしゃしてる時にはオススメ出来ません。
フレッドアステアの様に軽やかなステップを踏みたくなるハッピーな時でないと、メンタルが耐えられません。
しかし、そんな時こんな映画みたくありません笑笑

彼氏、彼女と距離感詰める為に観るのかな。こういうのは笑笑
ショーンビーンは歳とってもカッコいいね!!
そして、アメリカのカップルって見た目以上に面倒くさくてバカっぽいね!
小夏

小夏の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ど う し て こ う な っ た

リメイク作品は基本的に原作を超えることはないし、良くないものが多いが、これは特に駄作だ。

まず主人公がアメリカンボーイからバカップルに変わっている。
最悪だ。
ヒッチハイカーもただの変態殺人鬼になってしまっている。
最悪だ。

ラストのシーンで何故かいきなり主人公の女が強気になって、ヒッチハイカーを殺してやり遂げた感を出すが、積み重ねもクソもあったものではないので、全く意味がわからない。

オリジナルのラストに似せようとしたのかもしれないが、ヒッチハイカーただの変態殺人鬼だしありえない。

とにかく無い。
制作年からすれば、まぁこんな感じでしょう。

似たような作品に『レストストップ』を思い出しました。
もしそれとこれを連続で鑑賞したら、後々内容がゴチャ混ぜになってしまうんじゃないかと思います(^^)

お約束のツッコミどころも満載されてます☺️
大きく分類すると……
・警察(保安官)がチョー無能
・カノジョの言動に度々イラッ
・え?なんでそこでそうするかなぁ
ま、B級映画にはつきものなので、慈愛の念で観てあげましょう(´ 3`)

こういう作品のカップルのカレ氏って、ちょっとムカついたりバカだったりするものですが、今作のカレ氏は好感持てるキャラです。
好きな人は好きだろうなって感じのルックスだし、人としての常識も持ち合わせているのでウザくないんです(^^)
それだけに……あの仕打ち、あれにはショックを受けましたねぇ(/´△`\)

ショーン・ビーンのイカれたサイコ野郎ぶりが見ものですが、違和感を感じずにはいられない人もいるんじゃないでしょうか(*´-`)

最後に大事なことを。
残念ながら今回、ノーおっぱいで(。´Д⊂)
キワドイ場面はあるものの、ノーおっぱいで(。>д<)
あ、太ももは堪能できます(*´∀`)
でもノーおっぱいで(;つД`)
ヒッチハイクした男がサイコ野郎だった話。リメイクとは知らずに見ていたけどこのサイコは本当に何がしたいのかがわからない。女も女で逃げ道のない場所に自ら足を運んでいったりアホ丸出し感があって微妙。
ren

renの感想・評価

2.7
ヒッチハイク

長期休みに入り旅行に行こうと遠出をする。が、外は大雨。道のど真ん中で1人立つ男が。そう、これが物語のはじまり。
ヒッチハイクで乗った男がサイコパス。あとはアクションやスリルを楽しむだけ。
いわずと知れたルトガー・ハウアーの
「ヒッチャー」のリメイク。

オリジナルでヒッチャーに追い回されるのは単体らしいけど、こちらは脳ミソを何処かに置き忘れてきたようなバカップル。

ストーリーは、大学生の男女が春休みを利用して、長距離ドライブに出掛け、とある事情からジョン・ライダーと名乗る男を同乗させる。
ところがこのヒッチハイカー、イカれた殺人鬼だったのだ!!

‥ていうか、この作品、ニューメキシコに遊びに行く道すがら事が起きるのだけど、確か「悪魔のいけにえ」及び、「テキサスチェーンソー」も、若者たちはニューメキシコを目指す途中だったはず‥ニューメキシコは危険人物多いなぁ。
そして、あのだだっ広いハイウェイは本当に怖い。
車がおしゃかになっても、何かの事件に巻き込まれたとしても、助けを求める声は何処にも届かない‥おーこわっ。
といっても、アメリカ本土に行ったことないけど(笑)。


さて今回、一番悪いのは勿論ジョン・ライダーだけど、このバカップルも相当悪い。






頭が。
ジョン・ライダーが火種だとしたら、バカップルは灯油撒いて逃げ回っているようなもので、考えなしにただ逃げ回るだけなので、周りがとばっちりを受けてどんどん殺られていく。

おいおい‥ジム!バカ!とか、グレース!違っ‥あーもー!とか、このバカップルにイライラしてわーわー言う旦那が横に居たので、怖さも半減。
ヒッチャーを逮捕するも彼の記録がないなんて、お前はジョーカーかってツッコミたくなるし、警官も簡単にやられすぎだし、一応カップルの味方のようなカーボーイハット警官も指示するだけでお前が行けよってもどかしいったらありゃしない。

でも話は面白いです。派手で、ケレン味たっぷりな感じはそれはそれで良い。

カップル2人で生還するタイプのサスペンスだと思ってたので、トレーラーで腰の牽引療法が始まってぶっちぎれた時は、不意打ちすぎて思わず変な悲鳴を上げてしまいました。
スプラッター好きはさぞ満足する事でしょう。
(あれはグロかった‥巻き戻して二度見)

昔に公開されたオリジナル版の方が断然評価が高いので、忘れた頃にそっちも観てみたいと思います。
イライラするシーン多め。
しかし短時間でハラハラ感はありました。
さらっと見れてオススメ。
>|