ローマ、愛の部屋の作品情報・感想・評価・動画配信

「ローマ、愛の部屋」に投稿された感想・評価

order

orderの感想・評価

4.4
Netflixで配信が終了する直前だったので見ました

やっぱりイタリアの愛の映画は美しいですね

レズビアンもそうなのですがLGBTQへの理解が深まって欲しいと切に願います

ただレズビアンの映画は本当に美しいです

アデルブルーは熱い色がますますみたくなります
早く見ます

途中の男の人がちょっと可哀想な気になるシーンがありますがそこは軽く流します🌊
この男の人がまさかの美声で衝撃です
この歌声を聴くために見る価値あります👀

とにもかくにも愛に対して深く考えさせられる映画でした

愛に国境も性別も場所も関係ありません

もっとLGBTQへの理解が深まります様に
Rm

Rmの感想・評価

3.5
流石ヨーロッパの映画って感じる映画だった。
場面は全編ホテルの一室のみで、過去の回想を映像化せずに言葉でのみ語り視聴者の想像力に委ねるところに芸術を感じる。最初は真っ暗だったのにじっくりと部屋に差し込む光量が強くなって深夜から朝まで二人が過ごした時間の長さが見て分かる。まあ二人の人生からしたらとっても短い時間なんだけど。
部屋のあちこちにある絵画やバイオリンが綺麗なオーケストラの音楽がいかにもローマで美術館のよう。
お互い嘘で語り合うのもお洒落だったなあ。
吉田

吉田の感想・評価

3.8
ただの美人の裸が見れるレズ物かと思ったら良作だった
どんなにドラマみたいでロマンチックな出会いでも、
別れというものは現実的で切なくてさびしいものなんですよね
椎名林檎的に言えば「朝が来ない窓辺を求めているの」ですね
付きつ離れつの2人の話。
一つの恋愛を一晩でまとめましたみたいな話だけど当たり前ながら一つの恋愛の間に起こる数々の衝突や葛藤を一晩にまとめられるわけもなく、一晩にいろいろ起こりすぎ感はある。
光の当て方が非常にうまく、女性が美しく見える。
音楽がうるさいししつこい。
イタリアの芸術史に詳しかったらもうちょっと楽しめるのかしら。
ホテルの部屋の中のワンシチュエーション
女性同士の同棲愛の物語。
1時間半のほとんど裸で特に物語の山場も無く割と序盤で飽きがきた。
途中ちょこちょこ出てきたヨーロッパの歴史的な絵、あそこにも何か意味があったのか学だあればもっと理解できたかもしれない。それにただエロいだけの映画では無いのでそこは良かったと思う。
moso

mosoの感想・評価

4.3
何かすっごく引き込まれた映画だった。
(同性愛ものが苦手な人にはオススメしません)

2人ともずっと裸だし、官能シーンも多々あるけど全て美しかった。
クスッと笑えるシーンや、女友達とキャッキャしてるような楽しいシーンもあって和んだ。
ラストの別れるシーンは私的に最高な終わり方
だったと思う。

舞台がホテルの1室だけなのに、飽きずに見られた。ローマに行きたくなった。ローマの歴史を勉強したくなった。
mmmkkk

mmmkkkの感想・評価

1.0
まじでつまんなかった。

ローマでたまたま出会ったスペイン人とロシア人の女性がホテルで朝まで過ごす一晩の話。

大学1年生くらいなら「叙情的で美しい」とか言いそうな映画、って感じ。

挿入歌もセリフも安っぽくて最後まで見るのしんどかった。
うゆ

うゆの感想・評価

-
最初、夜とはいえど画が暗いなぁ…と思って見てたけれど、絡みのシーンで全裸の女性の絡みが美しくて見惚れた。
暗い部屋で間接照明の光を受けても艶のある肌感が美しかったし、肉感や骨格も光で綺麗にディティールが見えて、私が理想とするレズビアンのセックスの絵だ!と思った!
あと、白い明るいバスルームで2人がローブを着せあって、並ぶシーン、結婚式を感じさせる演出と脚本…だと思った。

ストーリーはローマで初めましての国の違う女性2人の一夜で、セックス→互いの話の起伏の繰り返し…なんか良くも悪くも劇っぽく感じた。

大人の女2人の話って感じだけど、女の子って複雑だけどチャーミングだなぁ、という感じが劇中かなり流れる曲が可愛すぎるあまりにそう感じた。
寝れなくて、夜中に布団で見た。
単純な作りのストーリーだけど、観ていて飽きなくて不思議だな〜っと思った
どうせただの雰囲気映画だろうなと観なくてもわかる的な感じで後回ししてたんだけど厳格なモラルがあってまあまあ良かった。これだけのベテラン監督だから絵になってるけど同じ題材でもへぼい監督がやってたら超事故案件。
嘘ついてみたりやっぱりやめた的な駆け引きがむかつく人には向いてない。
>|