フレンチ・ランのネタバレレビュー・内容・結末

フレンチ・ラン2015年製作の映画)

Bastille Day

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、イラクで命令を無視し、テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。いち早くマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。誕生し…

パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、イラクで命令を無視し、テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。いち早くマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。誕生した“CIAとスリ”による前代未聞のコンビは、真犯人を探すため、パリの街を疾走する!そして、「36時間後の革命記念日にパリの街を制圧する」という犯行声明が出たことから、事件はフランスの国家的危機へと発展していくー。真犯人は誰なのか?事件に隠された巨大な陰謀とはー?

「フレンチ・ラン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ブライアーがすっっっごいイケメンで惚れた!!!!CIAってすごいなぁ…
最初は険悪な2人がだんだん良いコンビになっていくのは見ていて楽しいです。

マイケルも最初は常に八の字眉だったのがいつのまにかすごいかっこよくなってて、もうこのコンビ最高かよ!!って思える作品でした。
思ったより楽しめた。
CIAのブライアーとスリのマイケル。
良いコンビ。

ブライアーの力業が目立って、
コンビになった割に、
マイケルの能力が埋もれてる感がって、
最初の方は思ったけど。
最後まで観て、このコンビは、
これで良いと納得。
ブライアーが迷わずマイケルを
撃つ場面は、凄いなと思った。
あれは、犯人も驚くわ。

シリーズ化してほしなぁ。
これも2日前に観たやつ。

最初は良かったんだけどね〜
盗んだ鞄が爆発するまでは楽しかった。

スリの能力もっと活かして欲しいな。あれじゃただの一般人だし。黒人の方もあんまし強くないし。あと、警察なのか悪者なのかの区別もつかなくて「ん…? この人達なんなの??」てなる。

いまいちて事で。
普通に面白い。
ただ、ストーリー、設定に
リアルさがない…
スリ役のリチャード・マッデンが
どれだけ凄い技で協力するかが
ひとつの見所だと思うが
爆弾盗んだときは
ただの置き引き(笑)
最後のUSBをスッたのは
抗議デモの民衆が押し寄せ
暴徒化してるなか…
あいつじゃなくても出来るような…
スリの名人の設定必要ないんじゃ(笑)
よくあるネタでしたが面白かったです
あちこち走って常に動いてる感じでアクション映画だなって思いました
ただ敵の目的が単なる金目的っていうのが残念小物感
これ面白いのかな?面白くないのかな(´・ω・`)?

これはレンタルするとき迷いました。
どれくらい迷ったかといったら
スーパーマーケットの駄菓子コーナーで
ハイチュウ買うかプッチョ買うかくらい迷った☺

コワモテCIA捜査官と天才的腕前スリ師が
事件に巻き込まれる定番パターンなんだけど
タイトルのフレンチレストラン🍴🍝みたいに
凄くセンスが良くてオシャレって訳でもない。

でも!昨日劇場帰りに食べた家系ラーメンみたいに
コッテリもしてないし、
プッチョやキャラメルの食べ過ぎで
銀歯が取れるような激しさも心配要らずな
平均値のアクションムービーでした。

更に深く掘り下げるならば、そのラーメン屋は
スープの濃さ、油の量、麺の固さ、を選択できて
私はカタ麺にして胡麻かけてニンニクも入れたから
口が匂わないか心配になりました……
この映画はスープの濃さも油の量も麺の固さも
全部普通設定と言えば分かり易いと思います。

90分くらいでサクッと見れたのも
注文したらすぐ持ってきてくれた、このラーメン屋に似てました。
ちなみに替玉はしませんでしたよ🍜☺

ハイチュウで分かり易く例えるならば
グリーンアップル味が1番近いと思います😌💖
むちゃくちゃ強い男と天才スリのコンビ
テロ組織を止める映画って書いてたけど
思ってたのとちょっと違う感じはあったな

仲間ってわけではないのに
お互いを認め合っているというか
相手の腕を信頼してるというか
一番好きだったのは
最後のデータがポケットに入ってるのを
伝えてサッととっちゃうところ!

あの連携がすごくかっこよかった
もう今度は仲間として
2とか出して欲しいなー笑

そしてそして初めて見たけど
リチャードかっこよかった(*⁰▿⁰*)❤︎
なんてことないバディもの。

48時間を思い出したなぁ。

あの時は本当にエディ・マーフィーが濃いキャラクターで。

チャラくて軽くて、でも本心を見せない、いつ寝首をかくか分からないか感じがとても良くて。

今回の無骨な刑事は無骨過ぎてアクションシーンにメッチャ笑いました。
力業過ぎて(笑)

最後に銀行に乗り込むそのシーンまでが力業。

さすが。


相棒のスリは、意外に地味で、でも見せ場がちょっと少ない印象。

最後の一発逆転が無かったら一緒に行動しなくても良かったのでは…と思う位。


王道といえば王道ですが、真新しさも特にない、「なんて事ない」がぴったりな作品でした。
よくある話

凄腕のスリ師が、テロに利用されるハズだった爆弾入りの荷物を盗み、知らずに捨てた瞬間爆発した。
そのせいでテロの爆発犯に間違えられ、
アメリカのCIAからも、現地のフランス警察からも追われることになる。
が、ただのテロではなく、警察がらみの陰謀に巻き込まれ、CIAに協力しながら解決していく
うーん、しょうもない話だが、これ結局テロはなかったということでいいんだよね? 全ては特捜隊長の仕組んだ自作自演のマッチポンプで、目的は国立銀行から大金データを盗み出すこと。それだったら、何もそこまで入り組んだことしなくても、犯罪予告があったので警備に行くとかでもいいんでは?と思うのだが、やはりことを大きくしないとなかなか特捜隊までは出番が回ってこないということなのだろう。
あの局長は首謀者っていうよりも、分け前をもらうことを条件に協力してた感じか。で、局長の部下たちは特捜隊が犯罪集団だとは知らないわけですよね。
で、一方にはCIA。テロ犯と間違えられた手練れのスリ。このスリだという設定がちゃんと展開に生かされているのは良かった。
あのバッグ持ってたゾエという子は、元々はサヨク活動家なんだけど、活動家を装ったパスカル(実は特捜隊のメンバー)を好きになって言われるがままに爆弾を仕掛けようとしたってわけか。右翼を脅かすだけとかなんとか言われて。でもそれは移民のせいにされて、特捜隊がモスクを強制捜査、でっち上げ、それに移民や活動家や良心的な市民が怒って暴動、そんでまた特捜隊がっていうマッチポンプ。警察がひどいとなるとすぐにデモや暴動になるのはさすがフランスだよなあ。
CIAのカレンとガミュー局長は結構親しげだったが、これはデキているとかじゃなくて、普段から場合によっては協力体制を取っていて、カレンは連絡係ってことなんだろう。カレンといい、パスカルといい、ちょっと邪魔になったらすぐに殺してしまうガミューも特捜隊長ももう狂ってるとしか。
スリだって犯罪だしスマホやパスポート盗られた人は困っていると思うが、そんなもん大した悪ではないのだなと思わせてくれる。それでも多分実際に旅行中だったり生活してて迷惑なのは、大規模銀行強盗よりもスリや道路を占領するデモ隊のほうだったりするんだけど。大規模銀行強盗よりもその手段として移民をダシにしてるところが特捜隊やガミューらの悪の最たるとこかもしれない。
>|