戦場カメラマン 真実の証明の作品情報・感想・評価

『戦場カメラマン 真実の証明』に投稿された感想・評価

一応戦争ものではあるが、激烈な戦場を体験したカメラマンの帰国後のPTSD。
それを謎としているのでミステリの種もある。

気になったのは感動させようとしている節がある事。
戦争の体験から抜け出すためとはいえ、この演出方法になると冷めて見てしまう部分が間違いなくある。

これがあの「ノーマンズランド」を作ったダニス・タノヴィッチの演出と思うとがっくりする。

真実を話せばならない理由がカメラマンに見えてこないのも問題だ。
身内に医師と打ち明ける環境が出来ているにも関わらずだから尚更おかしく思う。
mh

mhの感想・評価

-
ヨーロッパ製のエンタメ戦場カメラマンもの。
アイルランド・ダブリン在住のカメラマンが主人公で、取材先はイランイラク戦争末期1988年のクルディスタン。そこで行われていたアンファール作戦(サダムフセインが行ったクルド人大虐殺)。
クルド人武装勢力の従軍軍医による安楽死ジャッジが大スクープであり、また、話のテーマに絡んでくるといううまい脚本。
黄色い付箋だとセーフで、青い付箋だとアウトだったけど、色になにか関連があるのかは謎だった。
ひとの生死でウソ話をやられると、微妙な気持ちになるけど、これはそんなことなかった。大けがしたことを、川に落ちたとウソついていたのかと思ったら、川に落ちたのも本当でシナリオがほんとうまい。
彼女のお父さんが、フランコ政権下で精神科医をやってた(ので、主人公も治せる)というプロットは雑な気がした。時代遅れの精神外科手術(ロボトミー)やるのかと思ってたら、それはなかった。
「世界の紛争はイギリスかフランスが原因」というセリフは、この映画がアイルランドで作られた所以かね?
戦場カメラマンものは面白い映画が多いけど、これもかなり面白かった。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.5
戦場カメラマンってほんと自己責任だとは思うが怪我などせずに戻ってきて欲しいよね
彼が隠した真実、それは辛いものだったな。
usme

usmeの感想・評価

4.0
クルディスタン(シリアとイラクの間)の紛争地域で戦場カメラマンしていた男と親友の話
自己責任という意見も絶対でてくるだろうけど、良い作品だと思う。
トリアージと安楽死を行う医者を問い詰めていたが自分に降りかかった場合、自分が行わざるを得ない場合などなど
カジュアリティーズの感想もまた変わってくる
演者が良かった
ロン毛のコリン・ファレルがまずかっこいいし、女優2名もとても綺麗
極めつけはサルマン。渋い。医者もよい
原題と内容を無視した邦題はいただけない
[ 所持管理番号]
E98

このレビューはネタバレを含みます

【記録】
・C.ファレルがよかった
・前半の“トリアージ”“射殺”のくだりは重くて心に迫りました
・後半(主人公帰国後)、“相方不在の真相”だけで最後までひっぱるのはちょっと物足りなかった。特に女性二人のキャラクターがぼんやりしてたし。
犬

犬の感想・評価

3.4
爆弾

戦場で何があったのか、、

近い

悲しいドラマでした

過去の記憶
胸が痛みます

コリン・ファレルの演技が印象的

戦争はいけない
ゴフ

ゴフの感想・評価

4.0
コリン・ファレル目当てで観ましたが、とてもよかった。
クリストファー・リーが演じるマークの妻の祖父の精神科医がいい味出してる。PTSDを抱えた男が戦場での記憶に苦しみ、そして告げられなかった真実を告白する話。
戦場から怪我を負って帰還した男の話なのでコリン史上もっともやつれている気がする。しかし邦題がひどい、Triageが重要な要素なのになんで戦場カメラマンなんでタイトルにしたんだろう?
ザン

ザンの感想・評価

3.4
どうしても、そう言われると喋りが超スローな日本人カメラマンを思い浮かべてしまう。

ボロボロがよく似合うコリン・ファレル。きれいにひげを剃った後に、少しずつひげがまた伸びてくる様子と現地で日数が経過していくのが上手くマッチしていた。

やっぱし川に飛び込んだのはまずかったか。それと最後の告白に臨月の奥さん妊婦がその場に居合わすのはまずい。
ELEANA

ELEANAの感想・評価

2.5
昔観た作品。

だーいすきなコリン ファレルが出てるってだけでみた記憶。


死者だけが戦争の終わりをみてきた プラントン
jigsaw

jigsawの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます


「あまりにも残酷な真実」


久しぶりに印象的な戦争映画を観た気がします。
残酷描写はそう多くはない。でもそれが逆に妙にリアリティに溢れ、戦争の悲劇性を露骨に見せつけてくれる気がしました。

主人公マークは戦場カメラマン。同業者の親友デビッドと共に戦争の一部始終をカメラに収めるべく戦地を巡る。
今回もかねてから熱望していた様なとびきりの被写体に出会う為、2人は愛するそれぞれの妻(デビッドの妻はまもなく出産)を置いて旅立つ。

無我夢中で乱戦の中へ飛び込みシャッターを押し続けるマークの無謀さに危険を感じて罵倒するデビッド。
キャンプ地では、顔見知りとなった軍医が診る悪臭こもった療養地の悲惨さまでも目の当たりにする。
激痛に呻いて質素なスペースに横たわる人々。酷い傷口には無数の蛆が蠢き、肉片を滴らせ、痛みからの解放を切望している中を回診する軍医。その手には2色の細長いタグ状の紙。
ブルーは瀕死。手の施し様が無き患者に。
イエローは回復見込みあり。充分な治療は状況的に不可能ながら、ほぼ自然治癒に頼る事で治る患者。
ブルータグを置かれた患者達には、軍医がせめてもの救いをと、頃合を見て銃殺。

それでも紛争は続く。
目の前で無数の銃弾が行き交い、人が地に倒れ、地は赤く染まる。
呻き、悲鳴、嗚咽、苦痛、助けを求める表情…。

そんな光景を前に、親友デビッドは帰還を決意する。待つ妻の元へ、まだ見ぬ我が子の元へ。
そんな親友を理解しながらも、更なる被写体を求めて残留を提案するマーク。
押し問答が繰り返され、1度は折れてマークに従うデビッドだったが。
ついには独りその場を後にし、30kmの戦火の道のりを歩いて帰路を目指す決意をするデビッド。そんな背を見つつ、次の戦地を目指し背を向けたマーク。

……気付けば見慣れた軍医の顔が自分を診ている。虚ろに開く瞳で捉えたのは、痛々しい自分の身体。見下ろす軍医の姿。
夢なのか、何なのか、幾度となく脳裏や目の奥で蘇る濁流。鮮やかな真紅の花弁。
何かがフラッシュバックする…何かが。

幸いにも大怪我から奇跡の回復を経て、妻の待つ自宅へ帰還したマーク。
彼が抱えたのはPTSD。あまりにも惨い記憶を封印してしまった代償だった。
戦地の悲惨さ、戦争の非情さを知っている彼だからこそ、抱えてしまった闇。

やがてそれは妻や妻の祖父の支えで次第に明らかになっていく。
封印してしまった事実。何よりも伝えたかった筈の事実。伝えなければならなかった事実。
言えなくて、言えなくて自責を積み重ねた日々。


ラストにマークが握りしめていたブルーとイエローのタグ。
これは自責に離別を決心した想いの表れか、それとも生死に別れた自分と……。
本当の意味での弔いをしたのかもしれない。


戦場の悲惨さと、マークの痛々しい心情が印象的な作品でした。
>|

あなたにおすすめの記事