戦場カメラマン 真実の証明の作品情報・感想・評価

「戦場カメラマン 真実の証明」に投稿された感想・評価

jigsaw

jigsawの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます


「あまりにも残酷な真実」


久しぶりに印象的な戦争映画を観た気がします。
残酷描写はそう多くはない。でもそれが逆に妙にリアリティに溢れ、戦争の悲劇性を露骨に見せつけてくれる気がしました。

主人公マークは戦場カメラマン。同業者の親友デビッドと共に戦争の一部始終をカメラに収めるべく戦地を巡る。
今回もかねてから熱望していた様なとびきりの被写体に出会う為、2人は愛するそれぞれの妻(デビッドの妻はまもなく出産)を置いて旅立つ。

無我夢中で乱戦の中へ飛び込みシャッターを押し続けるマークの無謀さに危険を感じて罵倒するデビッド。
キャンプ地では、顔見知りとなった軍医が診る悪臭こもった療養地の悲惨さまでも目の当たりにする。
激痛に呻いて質素なスペースに横たわる人々。酷い傷口には無数の蛆が蠢き、肉片を滴らせ、痛みからの解放を切望している中を回診する軍医。その手には2色の細長いタグ状の紙。
ブルーは瀕死。手の施し様が無き患者に。
イエローは回復見込みあり。充分な治療は状況的に不可能ながら、ほぼ自然治癒に頼る事で治る患者。
ブルータグを置かれた患者達には、軍医がせめてもの救いをと、頃合を見て銃殺。

それでも紛争は続く。
目の前で無数の銃弾が行き交い、人が地に倒れ、地は赤く染まる。
呻き、悲鳴、嗚咽、苦痛、助けを求める表情…。

そんな光景を前に、親友デビッドは帰還を決意する。待つ妻の元へ、まだ見ぬ我が子の元へ。
そんな親友を理解しながらも、更なる被写体を求めて残留を提案するマーク。
押し問答が繰り返され、1度は折れてマークに従うデビッドだったが。
ついには独りその場を後にし、30kmの戦火の道のりを歩いて帰路を目指す決意をするデビッド。そんな背を見つつ、次の戦地を目指し背を向けたマーク。

……気付けば見慣れた軍医の顔が自分を診ている。虚ろに開く瞳で捉えたのは、痛々しい自分の身体。見下ろす軍医の姿。
夢なのか、何なのか、幾度となく脳裏や目の奥で蘇る濁流。鮮やかな真紅の花弁。
何かがフラッシュバックする…何かが。

幸いにも大怪我から奇跡の回復を経て、妻の待つ自宅へ帰還したマーク。
彼が抱えたのはPTSD。あまりにも惨い記憶を封印してしまった代償だった。
戦地の悲惨さ、戦争の非情さを知っている彼だからこそ、抱えてしまった闇。

やがてそれは妻や妻の祖父の支えで次第に明らかになっていく。
封印してしまった事実。何よりも伝えたかった筈の事実。伝えなければならなかった事実。
言えなくて、言えなくて自責を積み重ねた日々。


ラストにマークが握りしめていたブルーとイエローのタグ。
これは自責に離別を決心した想いの表れか、それとも生死に別れた自分と……。
本当の意味での弔いをしたのかもしれない。


戦場の悲惨さと、マークの痛々しい心情が印象的な作品でした。
yahhotaka

yahhotakaの感想・評価

3.0
ダニス・タノヴィッチ監督、脚本作品が気に入って「汚れたミルク」を観てから一連の作品をずっとを観てきていますが、今回の作品はダニス・タノヴィッチ監督らしさがイマイチ出ていないような気がしました。
一連の作品はラストが何となく嫌な感じで終わる事が多かったのに、今作はハッピーエンドとは言わないまでも、マークは自分を取り戻しました。奥さんを抱きしめたとき、戦場の医者が生かすか、安楽死させるかの目印のカラーシートを手放す事で(抱きしめている奥さんを現実として受け入れ、戦場の事は過去の事としてカラーシートを手放す)一歩踏み出す事が出来るというシーンでした。予備知識なしで観ましたが、クリストファー・リーが良い味出してましたなぁ~。
虚しさに、ただただ気が滅入る。
スポットを当てるべきは冒頭に登場する従軍医だろう。彼のメンタリティはこの物語のような悲しみを数え切れないくらい越えてきただろう。
血に染まった白衣に拳銃。グッとくる。
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.5
 いや「真実」ってそこかい。「戦場の真実」というよりも「主人公の友人の行方の真実」の方かい。何か焦点が違う気がした。うーん。『ノーマンズランド』の監督ということで期待しすぎたか。こういう映画こそ主人公のモノローグ語りで終始エピソードを展開していくべきなのかもしれない。しかし今は亡きサルマン様が出てきただけでもう何か泣きそうになった・・サルマンさま。
勉強にはなる。だがそんなに面白いわけではないし、感動も特にない。
Abu

Abuの感想・評価

3.0
正直に言うとナイトクローラーと同じ職業だと思う。
戦場で多くの人間の死に直面し、それでも尚、最も悲惨な被写体を探し回る。
それなのに危険を承知で一緒に行った友達が亡くなると勝手にPTSDになる。
ある意味無くてはならない職業かもしれないが…
矛盾を感じる。

ストーリーも大体予想がつくのに興味本位で観て、こんなコメントする自分にも矛盾を感じる。
ayuk

ayukの感想・評価

3.8
戦場カメラマンが戦争の悲惨さを訴えても亡くなっても変わらず戦争は続く…自分には理解できない。家族だったら、恋人だったら尚更やめてほしいと願う。
チュン

チュンの感想・評価

3.0

世界の紛争はイギリスと
フランスが起こす

戦場に行かないとわからない
ルールがある
助かる助からないを色札でわけたり
大量の骨の中から自分の家族の
骨を探し持って帰るなど
(どれかもわからないのに)
悲しい現実を写真におさめていく
悲しいほどでかい記事になり
値段がつく
そんなことよりもこの映画は
ひとりの戦場カメラマンの身に起きた
悲劇を紐解いていく話です。
ドキュメントのようにカメラマンに
密着して戦場の凄惨さを映す映画では
ないので注意。
コリン・ファレルの映画を観る感じです。
えひ

えひの感想・評価

3.4
物語:0.6
演技:0.8
音楽:0.7
映像:0.7
美術:0.6
恭介

恭介の感想・評価

3.2
レンタル鑑賞

原題はトリアージ

大事故や災害で怪我をした人達につける
治療の優先順位の事

コリン・ファレルがかなりの減量で痩せ細り、戦場での体験で心身共に蝕まれていく渾身の演技をみせる

戦地へと仕事で彼に同行した親友の行方がストーリーの本筋となるが、割と早い段階で予想出来てしまう

が、分かっていても明確になるまでの過程に於いて、コリンとクリストファー・リーの演技が素晴らしく最後まで飽きさせない

戦場のカメラマンは戦地の惨状を世に知らしめる、という大事な仕事だと思うが・・
その彼らを待つ家族も辛いなぁとこの作品を観て改めて思った
>|