天と地との作品情報・感想・評価

「天と地と」に投稿された感想・評価

Masataro

Masataroの感想・評価

3.4
色々と不評なコメントも多く、そのコメントの多くは頷けるものが多い。

しかしながら、映像・音楽・スケール。ここに限って言えばこれ程の映画は他には見当たらないと思います。

原作に忠実にもっと人間模様を生々しく掘り下げれば、もっと深く重みのある作品になったと思いますが、それをする為には二部作位の尺にしないと描ききれないように思います。

つまり不満はあれども一作品の映画として評価すればむしろ高評価と思います。

黒と赤のコントラストは非常に美しく、間に位置する迷いの色として緑を配色しているのは上手いですね。

あの部隊は表現せずとも良かったのでは…
その尺を他の掘り下げに活かせば…
近い年度に武田信玄の大河ドラマが大成功を収めており、世間にはニワカ武田ファンが増えていたように思う。だから上杉謙信ファンとしては、主人公扱いで脚光を浴びるだけでも嬉しい作品だった。

史実的に信憑性が怪しいとはいえ宇佐美氏のエピソードが一つの山場であり、そこそこの感動はある。宇佐美氏の緑の甲冑がまた壮麗だ。

とはいえ、どうしても尺不足なのだろうが、全体的に掘り下げは不十分。
muka

mukaの感想・評価

2.9
バブル経済の頃の作品。大規模な制作費の割には非常に退屈な感じが否めない。

各武将の人物描写も薄い。

せめて角川春樹が監督じゃなければ…
koma

komaの感想・評価

3.0
合戦部分のみに焦点を当てると見所もあるのかなと。
失礼ながら女武者隊については蛇足としか思えなかった。
チケットもらったので友達誘って見に行った。友達が口開けて寝てたことしか覚えてない。
Akiyo2

Akiyo2の感想・評価

2.0
原作の何をどうしたらこんな映画になるのか?
津川信玄が情けない。脚本も編集もいただけない。財前直見の乗馬シーンだけが救い。
ごじ子

ごじ子の感想・評価

1.1
赤と黒の大迫力合戦シーン、主役渡辺謙、音楽小室哲哉、角川ブランド、潤沢な資金で大宣伝、邦画史に残る大作を、私の映画制作の力を日本中に知らしめるーという自意識は伝わってくるけれど。代役榎木孝明はじめ、借り出され付き合わされた人々が気の毒。
中2位かな、見に行きました。小室哲哉は歌ってはいけないと、その当時から知ってました。なぜYOSHIKIとV2なるユニットを組んで歌ったのか、曲は最高なのに。映画の感想はうーん。
HIDEOTOSHI

HIDEOTOSHIの感想・評価

2.6
いやぁ~金❗掛かってるなぁ。

俯瞰の使い方が今一…
今は無き山一証券も協賛してる!
時代だなぁ…

渡辺謙が降板してなくても評価はさして変わらないような…。
ボブ

ボブの感想・評価

1.8
角川らしいもったいない大作映画の代表みたいな作品でした。
戦のシーンはわー金かけてるなあなんです、それ以上になってないけども。そこを見せたいだけという感じ。
ストーリーなにそれ?いいんです戦のシーンの人の多さをみてください。
>|