戦国自衛隊の作品情報・感想・評価

「戦国自衛隊」に投稿された感想・評価

シティ

シティの感想・評価

4.6
見たい映画なければ、これを見れば
外れはないかなー٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
澪標

澪標の感想・評価

3.5
今見ると突飛な感じもあるけど、それもまたエンターテイメント!
粉雪

粉雪の感想・評価

3.3
テレビで昔、見ました。戦国時代にタイムスリップした自衛隊の話。色々あって、戦国時代の戦いに巻き込まれ、現代の武器で戦うことになりますが、初めは圧倒的と思われた戦力もその内に段々と、、。千葉真一が印象に残ってる、角川映画のなかでは割と覚えてる作品。薬師丸ひろ子もちろっと出てきます。
たかぱ

たかぱの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

Q.『歴史は俺たちになにをさせようとしているのか?』
A.死ね

って感じのオチになっててめちゃくちゃ困惑した。原作はもっとカタルシスある作品だと聞いて一安心。野原一家の自家用車の方がもうちょっと活躍してるぞ。

あと『こうすれば戻れるんじゃないか?』っていう根拠のない理論が成立する瞬間をワクワクしながら見てた分終わり方にがっかりしてしまった。

あと撮影用の馬は無事だったのか、もう心配で心配で映画どころじゃなかった。
ふるち

ふるちの感想・評価

4.2
自衛隊が演習中に戦国時代にタイムスリップしてしまうザッツ角川映画。本来タイムスリップものはいかにして現代に戻るかぎ軸になるがこの作品はお構いなしで、むしろ天下取りにノリノリというクレイジー展開。巻き込まれた人間にもスポットライトがあたり、これも興味深い。角川映画作品ではかなり上位。
ぺ

ぺの感想・評価

3.0
歴史は俺たちに何をさせようとしているのか?は結局よくわからなかった。
運命には逆らえない的なことなのかな。
千葉真一と夏八木勲の海辺でちゅっちゅですよ。とても仲良しです。
Uknow

Uknowの感想・評価

3.0
うーん悲しい終わりだったなぁ…そもそもなんのためにワープしたんだろ。なんだったんだろ。

はじめの方でズボン下ろして下穿きのまま時計みてるのがなんか間抜けで面白い。
自分がもしタイムスリップしたら 戦わずに 農民として行くだろうな
P1島

P1島の感想・評価

-
今でも結構語られることが多いから現代の鑑賞にも耐える内容なのかと思いきや、悪い意味で非常に古臭い映画だった。


10分おきぐらいに挿入される歌謡曲もそうだけど、何が一番古臭く感じたかと言えば女の描き方。
(一応)メインのヒロイン(?)が二人ぐらいいるんだけど、何せ台詞が全くない。マジで一つもない。この映画で女がすることといえば
①黙って男の帰りを待つ
②黙って男の後をついてくる
③男に犯される
の三つだけ。女キャラクターの口から出てくるのは、喘ぎ声だけ。

僕は別にフェミニストではないし、女が活躍しないから駄目だとか言うつもりはない。でも、台詞が一つもない、人格も役割も与えられていないキャラクターに頻繁に時間を割くような構成にはとてもイライラする。他のことに時間を割いていればもっと内容も濃いものにできただろうに。内容は良くならないにしても、せめてもっと短くまとめられたはず。昭和の映画(カドカワ映画?)に特有の「お色気」ノルマってやつなのだろうか。まあ好きな人は好きなんだろうけど、古臭いことは否定できない。
「戦国自衛隊」ってタイトルの映画に恋愛とかお色気とかそもそも求めてないから……
ただ戦車やヘリが無双するのを見たかっただけなのに……

ついでに言うと、車すら一度も見たことがない人間が戦車を目にしていきなり「鉄の馬」と形容するあたり、戦国時代と近代のファーストコンタクトのリアリティにも疑問が残る。


未だによく語られるのは、まあ設定とタイトルのインパクト強いからでしょうね。
>|