戦国自衛隊の作品情報・感想・評価

「戦国自衛隊」に投稿された感想・評価

Topaaaas

Topaaaasの感想・評価

3.8
戦国時代にタイムスリップ…という作品は目にする事はあるが、中でもこの作品が素晴らしい。
若き日の、名優と呼ばれる役者多数出演。
自衛隊の1小隊が戦国時代へ…
近代兵器が、圧倒的に勝ると思われていたが、その時代の命を賭けた武将・兵士に圧倒され、追い詰められていく…。
千葉真一の、武将に似た戦い抜く執念…。タイムスリップした仲間とのギャップが浮き彫りになる。
太田

太田の感想・評価

3.5
戦国時代で銃をぶっ放すという発想がもうイカすぜ!千葉真一もカッコよすぎる。途中何度もぶち込んで来る謎の曲でシラけるが
戦のシーンはそこそこ頑張ってたけど、一番欲しい自衛隊が来ちゃったことで未来がどう変わったのか、ってとこが全く描写されてないのが物足りない。まあ原作通りなのかは知らんけど。

このレビューはネタバレを含みます

千葉真一が判別出来ない私に家族総ツッコミが入りました。
渡瀬氏のあの血なまぐさいキャラクターも良い。彼らは表裏一体だったのかもしれない。
道中で女をはべらかした角野卓造のフィーバーぷりが笑えるほど陽気。
自衛隊(陸海空軍)がなんでかわからんが戦国時代に飛ばされて、なんやかんやあってかまやつひろし以外みんな死ぬ。みたいな感じ。
とにかくお馬さんたちがいい仕事をしている。
夏八木氏のあの武将さんはファーストコンタクトで死んでてもおかしくない無防備っぷり。お前首取られるぞ。

途中で夏八木氏と千葉真一氏のひと夏の思い出ショットみたいな仲良しシーンでなんか恥ずかしくなる。なんやねん、めっちゃラブラブやん。


しれっと出てきた真田広之氏のシュッとしたいい男感、すごい。色男だろうなって顔。美人だよね。

船やらヘリやらタンクやらボコボコに無残にお釈迦にしていくのがもうもったいなくて、何度「あーもったいない!」と言ったことか。切れても鉄塊なのだからシェルターくらいにはなるやろもったいなーい。


なんといいますか、歴史に殺されるのはよいとして、現代ではどのように扱われてしまっているのか気になります。

自衛隊やらそういった軽いミリタリー好きなら楽しいです。
plaski

plaskiの感想・評価

3.0
旧京成ローザにて。
途中で農民に扮した草刈正雄が「忙しい、忙しい」と言いながら一瞬映って、劇場が笑いにどよめいていた記憶があるのだが、DVD版ではカットされているようだ。当時角川映画にひっぱりだこだった彼の、当時だからこそのタイムリーなジョークだから、今DVDで唐突にそのシーンが残っていたとしても、ピンとこないだろう。
はに

はにの感想・評価

3.4
途中までは自衛隊の俺TUEEEで楽しめたのに、隊長がここで生きていく発言をしたときから不安な気持ちいっぱいになったし、その通りで竹やりがトラウマだよww
あんなんでヘリ突かないで欲しい
akilla

akillaの感想・評価

2.7
角川映画が元気だった頃の少年時代に戻りたくてシリーズ。
でもこの作品はいろいろメチャクチャでした笑
好き嫌いや、時代考証・設定の辻褄など気になる人には不向きだろうが、突飛なアイデアは面白いと思うし、キャストの熱演がそれをかき消している

渡瀬恒彦のトンガリぶりや、千葉真一のギラギラ感、その千葉と並んでも食べたい見劣りしない夏八木勲の貫禄と肉体美

その他スケールも大きく好きな作品だ

漫画「ジパング」等、自衛隊がタイムスリップする物語には整合性も求められようが、そもそもがフィクションなので多少の雑さがないと、結局はまとまらないのでは?!とも感じる

全編・ラストに渡って流れる煽り❓ソングも作品を盛り上げようている
シズヲ

シズヲの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

異形の映画を観たなぁ、という気分。
戦国武将と自衛隊が並んでいる絵面だけでも強烈。時折顔を出す青春物めいたムード、補給や消費について殆ど触れられない等勢いに任せた展開と描写、戦国時代が舞台なのに高頻度で挟まれるロック・ブルース系のBGMといった要素が更に異様な雰囲気を形成している。

それでも役者の気迫や理不尽な無情さは秀逸だし、武田軍が集団戦法で自衛隊を追い詰めていく終盤の合戦は凄まじい。乱世を生きる侍と現代を生きる自衛隊が実に対照的に描かれていて、だからこそ伊庭が本格的に『乱世の人間』となってしまったのが際立つ。伊庭が友情を結んだ長尾影虎に討たれ、丁重に葬られるラストは虚しくも印象的。ただ伊庭以外の隊員は伊庭の狂気の道連れを食らった感が強く、妙に後味が悪い。

原作は架空戦記としてのシミュレーション的な要素や歴史に関わる数奇な運命もあるらしいけど、本作はとにかく粗削りで外連味重視の印象。しかし自衛隊員の必死さはとにかく迫真だし、極限状況における絶望感の書き方も凄い。傑作と呼ぶにはとっちらかってるけど、暑苦しい程にギラついている。
自爆王

自爆王の感想・評価

5.0
これは名作でしょ!

リメイク許したの誰だ?はらわたが煮えくり返る!!!
>|