「ロスト・ハイウェイ」に投稿された感想・評価

デヴィッドリンチの作品は基本ぶっとんでて、理解しようとすればするほどわからなくなるので今回は頭を空にして観てみた。
なんとなーくこういうことなのかな?って思った途端、やっぱわからなくなるし、ストーリーの軸は最後あたりでようやく掴めてた気もするけど、うーんやっぱわからない。
何度観ても理解出来ないかもしれない。
やっぱデヴィッドリンチはぶっ飛びすぎててよくわからない。でもなぜか中毒性あるんだよなー。
引退しちゃったのが残念です。
不気味で、不安なオレンジ色の光。
小さいおっさんが、レネエかもしれないと言う疑念をもった瞬間からこの映画にはまりこんでいく。
幻?現実?妄想?夢?
この世界は、主人公でなく、レネエによって作り出されたものだとすれば・・・。

このレビューはネタバレを含みます

やばすぎおもしろすぎ。正直まったく期待してなかったのに、マルホランドドライブよりも好きかもしれん。。。まずサントラ良すぎやろ。映画って登場人物の名前とか人物像を覚えて見ていくことが大事だけど、ほんとこの映画こそ人物が混同させられちゃうから(てかむしろ同化してるけど)ちゃんと自分の頭の中で整理させながら見ていくことをお勧めする。リンチで一番難解って言われてるけど、精神異常者の精神構造をそのまま映画化しちゃうからこーなるんだよなぁ。でもそこがリンチの面白いとこなんだよなぁ。「記憶は常に自分なりに,起こったとおりに記憶したくないんです」ってセリフ聞いた時に、なんか怪しいなって思って絶対これが話のミソになるだろうなぁって思ったけどやっぱりそうだった笑 OJシンプソンとかの詳しい話は前知識なしだからわかんなかったけど、ただただ自分の中で色々整理して解釈してなんとなくこうかなぁ〜ってやるのがとにかく楽しいし、それでこそ変態リンチ作品を見る肝ですね!別にカルト映画好きって言われたいから高得点付けてるんじゃなくて、何度でも見たいと思えるからここまでつけちゃう。わかった気になってるけど、まだまだ噛み続けれるぞこのガム(本作)。 初見の自身の理解度のイメージをいうと、なんとか完成したけど、部分的にずれが生じて安定しない建物って感じ。人によって解釈違うから面白いし、意見ぶつけ合うのもリンチ映画の醍醐味だし、何度も何度も見て、考えて考えて、、、ここまで僕らの人生の時間を奪う映画監督なんて他にいるだろうかね笑 リンチなんて絶対好きになってやらねーよって思ってたのに、どんどんリンチ沼に沈んでいく自分が嫌になる。笑

このレビューはネタバレを含みます

フレッドがインターホンに出るとディックロランドは死んだと告げられる、その頃愛する妻の行動に疑心暗鬼になっていた、ある日ビデオテープが届き再生すると自宅の玄関先が写っていた、翌朝またビデオテープが届き再生すると寝室で寝ている妻レエネとフレッドが写っていた、警戒した2人は警察を呼んだ、
パーティーに妻と出掛けた時、白塗り男にあった、前にお会いしましたご自宅でと、
警戒して自宅に帰った
次に届いたビデオテープには妻の血だらけの死体とその目の前にいるフレッドだった、
それが証拠で死刑判決で独房に入るが、自分には記憶がない、不安だ眠れないし、頭痛が激しく限界に達した時、フレッドは別人になっていた、
その別人ピートは釈放され、自動車整備士の仕事にもどったが、心ここにあらずの状態だった、
自動車を預けに来た金持ちの男の隣にいる金髪美女アリスにピートは釘付けになった、
その美女はレエネにそっくりだった
アリスはピートを誘ってきてピートは彼女がいたがミステリアスなアリスにゾッコンになった
2人は密会を繰り返すが、金持ち男にバレつつあり、それはロラントだった、
アリスにお金を盗んで2人で逃げようと持ちかけられ実行し、車で逃走し、小屋で休憩をし、愛し合いピートはアリスを欲しいと言うがあなたにあげないと言って小屋に戻っていった、
その時、パーティーであった白塗り男が現れたそしてピートはフレッドに変わっていた
白塗り男にアリスはレエネだ、お前は誰だと言って録画していた、
車を走らせ逃げるフレッド向かった先のホテルはレエネとロラントの密会場所でフレッドはロラントを殺した、そしてインタホンに向かってディックロランドは死んだと言って追いかけてくる警察から逃走しパニックになりながら走り続けた


謎ばかりだった、見直して気づく事が多かった、
ロラントの家にピートの指紋だらけだったと警察が言った時、フレッド=ピートを表していたし、ピートが過ごしていた空間にアリス=レエネ、アンディ、ロラントが存在していた、白塗り男は現実に引き戻してくれる役なのか、
いろいろ感じて繋がった時が面白かった
結果フレッドは嫉妬心に狂って妻を殺し、復習するためにロラントを殺したと思った
マルホランドドライブは好きだけどこれは分からんかった…
スローテンポに進んでいきなりリンチ節そしてまたスローテンポでいきなり…って感じのテンポ。解説読まんとわからんけど解説読むとわかる。マリリンマンソンが出て来るのはよかった
デヴィッド・リンチ監督 1997年公開ですのでもう20年前の作品
レンタルのVHSソフトで以前一度観賞、今回約19年ぶりの再見です。

この映画、以前観た時にも大いに戸惑いましたが、20年近く経ってもやっぱり戸惑います。
観終わった後、人にどうやってこの筋書を説明していいのやら困ってしまうような展開
なんでこうなるんだ?どういう事?
と思わず言ってしまいますが、もう筋書や理屈ではなく、人の心の中の複雑怪奇さを極上の映像と音で楽しむサイコサスペンス・ワンダーランドとでも言ったらよいのでしょうか…
何だかよく解らないんですけど楽しめました。

「インデペンデンス・デイ」の大統領と司令官が「オレの俳優魂爆発だ!」とばかりに今作ではキレまくってます、凄いです。
オープニングがかっこいい
オープニングだけでも凄く満たされる
一回目はなんだかわからない
2回目から分かりだして
3回目はまた今度みる
とても刺激的で癖になる面白さがある
訳が分からないけど、面白い。サントラも最高。
>|