ダブリンの時計職人の作品情報・感想・評価

ダブリンの時計職人2011年製作の映画)

Parked

上映日:2014年03月29日

製作国:

上映時間:90分

3.5

「ダブリンの時計職人」に投稿された感想・評価

ダブリンが舞台だからという理由だけで、何となくレンタルしたんだけど、これは見てよかった!
ほのぼの系かと思いきや、ドキュメンタリー監督による硬派な社会派ドラマだった。でも全体の雰囲気は優しい感じだし、微笑ましい場面も多くて見やすい。
失業とホームレス、若者のドラッグ依存、という大きな社会問題を、海沿いの駐車場に停めた車で暮らす、おじさんと若者を通して描く。
原題は「Parked」。文字通り車を駐車していることと、人生が停滞していることを表すそう。Parkedの状態から、一歩前に進むことができるのか…
mai

maiの感想・評価

3.5
この夏アイルランドに行くことを決め、テンションを高めるためにアイリッシュムービーを見漁った中の1つ。
こじんまりとした街の雰囲気が好き!

人間は一人では生きていけない。
人との繋がりが自分と相手の心と人生を豊かにするから、繋がりは大切にしないといけないと感じた一作。
Misaki

Misakiの感想・評価

3.2
けっこうずっと暗くて
ちょっと重い雰囲気だった

もう少し明るい終わり方を期待してた
なんだかね
ずーーーーーーーっと
暗い

ラスト
カハルの父親の言葉にちょっと救われた。
親より先に死んだらいかん!!
月月

月月の感想・評価

3.9
「木の葉が枝を離れる瞬間を見たことがあるか?」

舞台はアイルランドの海沿いの駐車場。車で暮らすホームレスのおじさんが、同じく車中生活のドラッグ中毒の青年と出会い少しづつ変わっていく

手を差し伸べても、もう二度と針が動かなくなってしまう人もいる。彼が時計を返しに行ったことで、止まっていた心の針がまた動き出したような気がした。
ほろ苦く温かい気持ちになれる良作でした
movitomi

movitomiの感想・評価

4.5
失業保険申請中で、車の中で暮らす中年の時計職人が、ドラッグ中毒で父親に見捨てられた若者との交流を通して、人生への細やかな明るさを見出していく話😌

ゆっくりと物語の時間が流れていく。それを曇天と打ち寄せる波の音が支えている😕

その中で、生きるのが下手くそそうな、頑固な主人公が一生懸命生きている😕

そして若者との出会いにより、お互いの心が少しずつ救われていく。ところが、、、。😣

でも最後は、若者の父も、ピアノの先生も、主人公も、淡い明るさを感じながら観られて良かったです🙂

時計職人の意味も、よく分かったし😌
NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.2
なかなかの良作ですねー。
アイルランドを舞台にした映画はロンドンに移住するのが定番ですが、この作品はロンドンで職を失ってダブリンにUターンして厳しい冬を車上生活する(原題 PARKED)という設定。

映画監督に必要な能力として誰だったか?が「離婚、刑務所、ホームレス?」を経験しろと語っていたけど、ドキュメンタリー監督出身というダラ・バーンは、社会の片隅に追いやられた時、人生はより深みを持って現れると語っている。
漫画BECKでも、ジム・ジャームッシュをモデルにしたであろう映像作家が同じように、絶望したことがなければ本当に大切なことはわからないと語ってたな。

ダブリンの鼠色の美しくも鬱屈とした空と、その対比として社会の片隅に追いやられた主人公の深みを持って現れた人生の美しさ、花火で始まり花火で終わった脇役(名前覚えるのが苦手です)など、モロモロの絶望と光が心に深く沁みます。
ケイ

ケイの感想・評価

3.2
ドラッグは本当にやっちゃダメ。
復帰できない。

フレッドはすごいいい人だった。カハルとすごい仲良くしてあげてた。

ダブリンの街並みをもう少し見たかった。
Chisato

Chisatoの感想・評価

3.5
動かなくなってしまったその時計の針を直そうと思って向き合っていた。時々見捨ててしまうこともあったけど。直しかけている途中でもう直すことができなくなってしまったその針は、最期誰を想ったのでしょう。
ロンドンで職を失った元時計職人のフレッド。
故郷ダブリンに戻るも、仕事も住む場所も定まらず、凍てつく海沿いの駐車場で車中生活を送るようになった。

雰囲気はとても良い作品でした。
テーマは若干重く、不安な気持ちが見ているこちらに伝わってしまいそう。
終始暗い話というわけでもなく、そんな境遇の中での人との出会いから、様々な色合いを感じることができる作品となっています。

この映画のために監督はホームレスに取材を重ねて続けたそうです。
深刻な財政危機に喘ぐアイルランドの今を反映した作品。
>|