TOKYO TRIBEのネタバレレビュー・内容・結末

「TOKYO TRIBE」に投稿されたネタバレ・内容・結末

○この映画の世界観に全くハマれなかった。顔芸とか楽しめる要素もあったが。
クセになる面白さ。スルメ。
ミュージカルは好きじゃないけど、ラップミュージカルとはなんぞやと興味を惹かれ視聴。とにかくぶっ飛んでる。窪塚最高。しょこたんかわいい。
チーム抗戦物は良い。
ここまで原作ぶっ壊してくれると逆に清々する。中途半端に追うよりずっと良い。BAD FILMで金無くて出来なかった事、出来て良かったと思う。終盤の回転刃のシーン、めちゃくちゃで良かった。練馬ザファッカーが普通に話す時のイントネーションが怖すぎてオシッコちびる。
「花子とアン」をセットで観ると、より面白い。ついでに「HK変態仮面」も観ると更に面白い。

とにかくぶっ飛んだ内容。台詞にもあるように「意味」を考えること自体がナンセンス。「ろくでなしBLUES」をもう少し大きなスケールに、かつもう少しエロくしたらこの作品になると思う。

あと、しょこたんが叶美香の妹役で出てた。チャイナドレスで「らしくない」と思いながら観ていたら、最後はやっぱり期待を裏切らない展開に。やっぱりしょこたんは「オタク」なキャラクターだよね。

それにしてもこの作品を「ラップ」のミュージカルに仕立てるなんて発想はスゴいと思う。ミュージカルになったお陰で、最後まで陰惨な気持ちにならずに観ることが出来た。「癒し」を完全否定するこの監督にしては、いい意味で「らしくない」作品だったとも思う。

不満な点を挙げるとしたら、やっぱり神楽坂恵のヌードがなかったこと。
この映画は、清野菜名に尽きるな。
竹内力の周りのTRIBEだけおかしなことに。。。監督、大丈夫?!
なんともワケわからん映画だったけど、
なんだか最後まで観てしまった。
作った人たちが一番楽しんでそう。
時計仕掛けのオレンジの再現はちょっと良かった。

MVPは竹内力。
導入はかっちょよかった!メラの、「死んだ後も生きるために伝説を残す」って台詞(ラップ)がモロ悪役!!てかんじで印象に残った。子分とかいっぱいいてイキってる系の悪役は自分って存在がなくなったり忘れられたりするの極端に怖がってそうで脆くて素敵だな~~
東京の地域で複数のトライブがあってリーダー格がそれぞれいるっていうの、オタクにはたまらない様な設定なんだけど、私はキャラそれぞれにもっと人間味があるほうが好みです。
鈴木亮平が半裸と聞き映画館へ。ナンヤコレと終始思ったが、染谷くんのラップは結構ハマるし耳にきた。群(縄張り)毎に曲調や雰囲気がガラッと変わるのが面白かったし、戦ってる理由がくだらなくて、真剣に観ていた自分が可笑しくなって笑った。
園子温監督と聞いて観ましたが、はっきり言ってとんでもないクソ映画。俳優のラップのフロウが全員良くない上にオーバーキルしてしまうこととなった本物のラッパー(漢 a.k.a. GAMI、D.O.など)のドープなフロウ。
物語とか関係無しに人が死にまくるアクション重視の映画とは思ってましたがそこまで派手なアクションは無いし、やっぱり下手なラップが頭から離れない。
いいシーンをひとつ挙げるとするならば竹内力が白目剥きながら叶美香のおっぱいを揉みしだくところです。
中学生のときペニーズに憧れたし、メールアドレスをborn2dieにしてた位、井上三太にハマってた(恥)

内容はクソだけどラップミュージカルって発想は面白い

やっぱ園子温は苦手
いわゆるひとつの原作レイプ
>|