殺人の告白のネタバレレビュー・内容・結末

「殺人の告白」に投稿されたネタバレ・内容・結末

"아직 공소시효가 14분 정도 남아있다. 이 씨발 족 같은 새끼야."
サスペンスかとおもいきやアクション映画でした。
犯人役サイコパスすぎな。
こういう映画然り報道とかでも100被害者の方に感情移入します。韓国映画やから最後まじで嫌な終わり方するのかなって頭の中よぎったけど決してそんなことない、むしろ結末的にはスカッとする話のはず、、
けど私の心はスカッとしない、、数あるシチュエーションのなかでは良い筈なのに、、そもそもどんな結末であったとしても殺されている人がいる時点でスッキリ終わる筈がないか、犯人がどんな死に方したら納得するのか、、考えても答えなんかない
スヨンが生きてたら私も喜べたかもね、いくら犯人を自らの手で殺めたって心は晴れないけどその辺で罪を償うことなくのうのうと暮らしてるのなんて想像しただけで腹が立つ、だから最善ではないけど最悪ではない
面白かった〜〜〜!!!
本当にね〜アホなのでこういうの1ミリも見抜けないんですが純粋に騙されることができるのでかなりラッキー🤞

カーアクションが長くてだるかったみたいなレビューもあったけど、私的にはすごいよかったよカーアクション、、、カーアクション経験値低めだから他のに比べてどうこう言えるわけではないんだけど、憎しみからくる執拗さ的なのをミシミシと感じてよかった、、、カーアクション①と②のシーンがあると思うんですが、①のストレッチャーを上手く使ってどうこうするところとかドーン💥バーン💥的な派手さは無いにしろハラハラ感がとてもよかった🚑。②は冷静に永野すごいなという感想

時計のくだりとかだいぶ序盤からチョロチョロ仄めかされていたのアツかったな、、、真犯人と班長とドゥソク氏の関係が明らかになった時、序盤からの微妙に変だな〜と思ってたやつが、、、、、ああ〜〜〜〜〜!?!?こういうこと?!??!?となり始めるやつ、こういうの好き、、、ってなるよね、、、、
是非とも日本版を観る前に観たかった。

あと、真犯人の永野がクドクドい。
あと、アクション多すぎて途中から
あれ?私なんの映画観てたんだっけ?
ってなった。

2020-42
『殺人の告白』
日本版は"知"の印象だが、韓国版は"暴力"や"動"な感じ。映画の作りも良悪両方の意味で荒い。真犯人が時効日をただ数え間違えるのは…ギリ有りか…
ただ、感情描写も映像も熱量に溢れて映画の楽しさが強いのは本作
韓国映画は感情のまま殺して心のハッピーエンドなのが人間臭くて良いね

前情報なしで見始めたけど
途中でもしかして!?ってなったけど
日本版の方が何年もあとのリメイク

先に『22年目の告白』の方を観てしまっててどうしても対比してしまうけどまさかのアクションの壮大さにめちゃくちゃ笑ってしまった 全員タフ過ぎる

ちょっと情緒が凄すぎて解せんとこがあったな
複雑なサスペンスを期待して観るとかなりガッカリします。サスペンスよりアクション的な要素が多く、「もうそういうのいいから早く!!!」「いや、仲間呼んでたら逃すことないだろ!馬鹿!」とツッコミどころ満載。アクション好きならよいかも。後半は流し見になってしまった。
真犯人が永野(芸人)に似ているとのレビューが多いけど、本当に似てる..
時効となり無罪となった連続殺人犯が、告白本を出版しメディアから注目を浴びる。
遺族らは彼に報復をしようとするが、事件の担当だった刑事が阻止する。だが刑事も、かの殺人で愛する人をなくしていた。
そして真犯人と主張するJが現れる。彼はまさしく真犯人であり、告白本はおびきだせるため刑事と連続殺人犯協力したものだった。刑事はJを殺害する。


告白本を出した男が若すぎて、15年前に殺人を犯したとは到底思えない。

終盤の討論会で真犯人を主張するJが現れ、告白本男の置いてけぼりが酷い。
エンタメとしてとても楽しめた。

こういう映画の刑事って暴走するイメージがあったけど、ドゥソクを助けたのには意味があって、へーと思った。
>|