クライム・シティの作品情報・感想・評価

「クライム・シティ」に投稿された感想・評価

CROMA

CROMAの感想・評価

3.5
W杯の裏で起こる誘拐事件を軸に物語が進んでゆく
すごい勢いでパッパと年代が移り変わりながら物語が進んでいくのだが
この移り変わりが絶妙で、混乱する所も多々あるがこれが面白い
しっかり年代がいつか考えながら見ないと???っとなるので気軽に見れる作品ではないかも
しっかし向こうの人はみんなサッカー本当に好きやな!
yeeEsan

yeeEsanの感想・評価

3.2
わかりにくいけど、そこそこ見応えのある映画でした
issei

isseiの感想・評価

3.2
難しかった。正しく理解できているか不明。というかあまり覚えてない。
LEON

LEONの感想・評価

3.5
2002年日韓W杯〜2006年ドイツW杯〜2010年南アフリカW杯…各W杯開催時に起こった出来事をランダムに展開していくメキシコ犯罪の悲劇。
時系列が入り組み複雑な構成になってはいるが、各年代のW杯を思い起こせばついていける。
熱狂するW杯の裏で犯罪は行われるメキシコ社会の闇は、何が正義で何が悪なのかストーリーが進むにつれ各年代の出来事が繋がってくる(u_u)
えりみ

えりみの感想・評価

3.8
WOWOWで。
メキシコのスタイリッシュなクライムサスペンス。
本国以外でも映画祭などで評価されているらしいです。
サッカー好きなメキシコ人は「W杯の30日間は時間の感覚がおかしくなる」といって、異なる時間軸の3つの事件を複雑に絡ませながら物語が進みます。時間軸を理解する手掛かりが2002年(日韓)2006年(ドイツ)2010年(南ア)各ワールドカップの実況という、不親切なヒント(日本人だけ?)なのでストーリーを把握しづらいです(意図的にも思えますが)。
主役の熱血デカ「自称ハイエナ」にだけ注視しておけばよろしいかと。
前にメキシコが舞台のドキュメンタリー「皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇」を観てしまったので麻薬犯罪と誘拐犯罪(2大儲かり仕事らしいです)の違いはあれど、この映画で描かれていることが然程誇張されたものとは思えず「メキシコで真っ当に生きていくのはかくも難しいのか」とゾっとします。


あ、エンドクレジットの最後にも1カットありますので最後までみて下さい~。何を意味したのかは分かりませんでしたがw
highlife78

highlife78の感想・評価

2.0
ながら観だったからわかりづらい。
もう一度、観てみるかなぁ。
KAIMAR

KAIMARの感想・評価

3.2
メキシカンギャング‼️
サッカーW杯と、あまり繋げる必要性は無かったかな。 ジダンの頭突きと、ワザとリンクさせてる部分あったりw
Takuma

Takumaの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

「時間は概念を失う」と作中で言っていたように、僕の時系列も崩壊した。
ついていけないよ!w
最後には理解できるけど、そこまでが長くてよくわからないまま見てたし、レビューを見る限りそういう人は多そうだ。
その時点で映画としてどうなのかなと思う。
更に僕は特にダメっ子なようで、殺されたと思った誘拐された人が釈放されててさっぱりわかんない・・・。
って暴露したら頭悪いみたいで恥ずかしいけどw

それでもある程度集中して見れました。
悲しみと憎しみの連鎖が表現できていたと思う。
まさかあたなが!?と思ったし、少年の彼にはなんとかそこから逃れて良い人生を送ってほしいと思った。
彼は実際のとこ犯罪に加担しているわけだけど、きっと世界には環境やいろんな要因でそこに引き込まれていく人がたくさんいるんだろうな。
自分はどう生きればいいんだろう??
キーン

キーンの感想・評価

3.9
メキシコってこんなんなん?恐ろしや…
映画としては変な癖とかもなくよくできている。
NeruPopo

NeruPopoの感想・評価

2.0
時系列がめちゃくちゃで最後まで観たがイマイチ理解できなかった。映像はかっこいいんだけにおしい
>|