牢獄処刑人の作品情報・感想・評価

「牢獄処刑人」に投稿された感想・評価

ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.0
スカパーにて。「サービス」以来、久々のフィリピン映画でしたが、いやあ面白かった。設定も面白いし作りもしっかりしてる。ノワール感もちょうど良い。ハリウッドじゃないからガンアクションは特にないけど、その分目立たないところまでちゃんと作ってありました。放送がもう一度あれば、また見たいな〜。

このレビューはネタバレを含みます

・フィリピンの殺し屋と権力者と連邦警察の終わりなき三つ巴戦争
・まずもって二人の殺し屋が警察の手引きで刑務所の囚人に紛れ込んで、依頼する国家の要人にとって都合の悪い政府関係者を暗殺するというストーリーがフィリピンでしか生まれない設定で◎
・警察組織が既に終わってる前提で話が始まるので先が全く読めないスリリングさ
・ヘッドショットの肉片の飛び散り方を見て、この映画の暴力表現は期待できると確信
・ベテランヒットマンと新人、連邦捜査官と地元刑事、議員と娘婿の捜査官など中年と若者の組み合わせで二つの立場を対比させていて巧い
・中盤で警察で複雑な人物関係を図にして説明してくれるのありがてえ
・主人公の引退間近のヒットマン、タタンがとった退路を断つエンディングも闇の深さを物語る好きな終わり方
・2016年ドゥテルテ大統領になってから、麻薬撲滅で逮捕者が膨れ上がり刑務所が囚人で溢れているのが「クレージーシャーニー」で紹介されていた
・映画撮影当時から現在の警察の動きの変化も含めどう変わったのか知りたくなった
・「キナタイ」でも警察の腐敗が描かれてたし、南米の麻薬カルテルものみたいに一大ジャンルになるか
国領町

国領町の感想・評価

5.0
★★★★★it was amazing
『牢獄処刑人』 エリック・マッティ監督
On The Job

めちゃイケ!
フィリピンのクライム・アクション&サスペンス
2013年カンヌの監督週間で上映され
スタンディングオベーションで賞賛された傑作

看守の手引きで出獄し、依頼された殺しを鮮やかに
実行する2人の囚人
フィリピンの刑務所がスラム街の合宿所みたい、
囚人服ないし、なんだか開放的?

政治権力者、警察、殺し屋が三つどもえに
絡みあう壮絶な攻防、裏切り・・・
殺し屋がベテランと弟子、警察もエリートと叩き上げ
いろいろ絡みあって複雑でおもしろい
動きのあるカメラ、迫力あるアクション・・・バン、バン!
演技上手い、エンディングもシブーーーい
pongo007

pongo007の感想・評価

4.0
 普段は囚人だが、当局から依頼を受けると、秘密裏に出獄しターゲットを始末するヒットマンを描いた映画。緊迫感があってスリリングな展開でした。
Nash

Nashの感想・評価

3.5
フィリピン発のアクションサスペンス。時の権力者の依頼で殺人を実行する囚人とそれを追う警察のストーリー。事実ベースというだけで驚きですが、大学の寮くらいの感覚で出入り自由な囚人達や真っ黒の政界にフィリピンが抱える闇に重い気分になるものの、バディものに師弟もの色々詰め込んだところにフィリピンの熱さを感じる映画でした。
白昼の繁華街で起こった殺人事件の犯人は、実は警察の手引きを受けた服役中の囚人だった……という驚き (?) の冒頭から、熟年ヒットマンのタタンの家族との繋がりや一人前になろうとしている弟子のダニエル、エリート捜査官コロネルが巻き込まれる陰謀など、懐かしくも判りやすいネタをモトに仁義なき戦いを描いた男前な一作。
全体に少しモッサリした印象が否めない展開は色んな意味でお国柄というヤツと解釈すれば、日本のヤクザ映画に匹敵する人情感を堪能できる……かも。正直、コロネルが家庭のシガラミで思うような捜査ができないという辺りから微妙な雰囲気になっちゃったけど (むしろコロネル・サイドのエピソードって必要なのかどうか)、出所=引退を云い渡されながらも家庭という心の支えがなくなってしまったタタンが刑務所の生活にしがみ付くしかない様にはちょっとホロッと来た。

ハリウッド・リメイクが決まってるらしいんだけど……このジットリ感はなくなってしまうんだろうなァ、と思うとちょっと寂しい。
初のフィリピン映画。
銃撃戦の演出かっけえ、太鼓の音で盛り上げてズドン、無言の緊張感の中予想外の所からズドン。
小汚いオッさんによる無駄の無いプロの動きが渋い。
殺し屋側も警察側もどっちのキャラも良いキャラで中々面白かった。
ベテランと新人のバディ物としても楽しい。
原題:On The Job

フィリピン映画です。
終始、じっとりした雰囲気が国を表している。
今作のジャケ画像上に写っている中年のオヤジと、下部分に写っている若い兄ちゃんがコンビを組んでいる殺し屋の活躍か?っと勝手な思いを抱いていたが、違かった。
主役の中年オヤジがいい味出ていて、殺しのキャリアを持ち
合わせている感がヒシヒシと伝わってくる。
オヤジ出所後の後釜を育てるも、オヤジの出所後に”次に自分が
狙われたらどうしよう?”や、出所後の働き口を考えてヒットマンを続けていく展開が個人的に良かった。

この中年オヤジ、観ている内にチョウ・ユンファに見えてきましたw
えりみ

えりみの感想・評価

4.3
実話ネタだそうで(この内容が!?
さすがフィリピン。

もっとエグいアクションが見られるかとおもったけど普通。
妙なイケメンも出てくるので、フィリピンじゃメジャータイトルなんかな?

普通~と思って見てたら、最後は好きな展開になってテンションUP!
ちゃんと布石は打ってあったなあと後で気付く。

オヤジええぞ~(*^▽^)/
桔梗F

桔梗Fの感想・評価

4.3
囚人ヒットマン×2、生え抜き熱血捜査官、エリート捜査官、悪徳権力者の壮絶なサバイバルを描いたクライムアクション。
刑務所に服役中でありながら、警察の手引きで出獄し仕事の依頼をこなすベテラン殺し屋タタンと新米ダニエル。
そんな彼らに、連邦警察と巨悪の脅威が同時に迫っていた…

フィリピンから「メトロマニラ」に続くとんでもない骨太クライムものがやってきました( ;∀;) 

各国映画祭で評判になり、既に続編決定!!
そして…ハリウッドリメイクも決定したそうです(苦笑)クタ○レ!

実話が元らしいですが、囚人が買収された刑務官の手引きで刑務所を出て、標的を殺して、また帰って来るという(。>д<)
まさに鉄壁のアリバイの完全犯罪。

ストーリーは囚人殺し屋二人と家族や恋人とのドラマ、彼らを追い詰める叩き上げおっさん警察官とイケメンエリート警察官。最初、反りが合いませんが、徐々に共闘態勢に。
それに黒幕たちも絡んで来るので、かなりごった返してきます(゜ロ゜;
中盤以降は気を抜くとついていけなくなるので集中が必要。

低予算のフィリピン映画なので、とにかくシナリオと演出重視!!
目まぐるしく変わる展開に予想し難い終盤と緊迫感は◎
最近のクライム映画の質に関しては、邦画を越えてしまったのでは…( ´△`)

低予算なので派手さはありませんが、銃撃戦や追撃戦もなかなかのもの。
特に警官たちが守る病院での暗殺劇の緊迫感は半端ありません!!(゜ロ゜;

3つどもえのクライム劇にかなり家族ドラマもぶちこんで来るのでシナリオに粗もなくはないですが、勢いで乗り切る荒削りな面もフィリピン映画の良さでもあります(^^)

まあいつものことですが…個人的には良作扱いですが、展開はかなりきつめで万々歳ラストには遠いものがあり、画面も終始暗めで人物関係もややこしいと、日本ではおおよそ大衆受けする映画ではありません(;´_ゝ`)

重めのノワール映画が好きな方ならはまると思います(^^)
ラストの余韻は凄いですよ(゜ロ゜;
終盤はきっついですが(´д`|||)

1つ断言できることは、それなりな予算投入しようがハリウッドリメイクは並のクライムアクション映画になるでしょう(*^^*)
フィリピンの政治も絡んでくるので、どうやっても同じ設定をハリウッドでは無理!

原題は「On The Job」
邦題はB級感丸出しなので、もうちょっと何とかならなかったか(^^;
>|