小さな悪の華の作品情報・感想・評価

『小さな悪の華』に投稿された感想・評価

あろは

あろはの感想・評価

3.8

悪魔に魂を売った無邪気な少女たち。

実際にニュージーランドで起きた事件に影響を受けた本作。大人と子供の間でもがく14,5歳の少女の危うさを、子供らしい残酷さを孕みながら耽美的に描いていく。危険な悪…

>>続きを読む
ロボミ

ロボミの感想・評価

4.0
監督がニュージーランドで実際に起こった事件の新聞記事にインスピレーションを受けて作った作品だという。部分部分で妙に美しく、忘れ難い。なんか、見てはいけないものを見てしまった感がある。
kinomi

kinomiの感想・評価

4.2
けっこう前にみた
少女の大人びてる部分と子供らしい部分が同居しててなんかヤバい女性性がやばい
少年じゃ無理だったと思うからなんか女性の、、なんか、少女やべー
半兵衛

半兵衛の感想・評価

3.5

厳格なカトリック信者である両親や一方的に厳しい掟を押し付けがんじがらめにするキリスト教による寄宿学校に反発して段々と同性愛や悪の魅力にはまっていく少女二人の危ういドラマは熟女好きの私にはさほど引っ掛…

>>続きを読む
よつゆ

よつゆの感想・評価

4.0

荒削りだけど、とても良い作品で、美しさの中に秘めた狂気を感じる作品。

主人公の少女二人は反抗的で、それがエスカレートしてゆく。

ほとんどのシーンが印象的で、きっと忘れることはないだろう。
だがや…

>>続きを読む

おんなのこ怖すぎ。個人的にははよ痛い目みろ!人をなんだと思ってんだ!とかなりこの手の映画を観る人間ぽくない気持ちで観てたのですが、思ったんだけどこの子たちはあまり一人では大きな気持ちにならないなと。…

>>続きを読む

“神に背く”。それだけで十分映画は面白い。悪を生み出すのもまた神だからだ。抑圧もまた罪。でも話は簡単。イケメンとまで言わなくとも羊飼いのペーターとかで全然いいから同年代の男の子数人が野に放たれてたら…

>>続きを読む
しお

しおの感想・評価

4.3

やっと見れた カルトムービーも少女性も背徳耽美退廃も大好きなカルチャーなので…

ラストのボードレールの「旅」を朗読中、シスターの騒めきによって詩の翻訳がカットされてたので原文を読んだらちょうどその…

>>続きを読む


悪の魅惑にとりつかれた15才の二人の修道院生の数々の悪魔的な所業を描く。

寄宿学校に通う少女アンヌとロールはバカンスを利用し、牧童を誘惑したり、庭番の小鳥を殺害したり、悪魔崇拝儀式を取り行うなど…

>>続きを読む
Ados

Adosの感想・評価

4.2

反キリスト教的で淫らなその内容から、フランス本国をはじめ各国で上映禁止となった大問題作。
しばらく気になっていてようやく鑑賞。確かに上映禁止になったのも納得できる、衝撃的な映画だった。

15歳の少…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事