ダークスカイズの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ダークスカイズ」に投稿された感想・評価

‪郊外の一軒家に住むパレット一家は、父・ダニエルが失職し、母であるレイシーの収入のみで暮らしていた。ある夜、レイシーは不思議な現象を目にする。翌朝それを聞いた末っ子のサミーはサンドマンがやったと主張した。その日から立て続けに不可思議な現象が起こり、サミーの様子がおかしくなっていく。‬
宇宙人ものでは今の所一位!

エイリアン手抜きとか雑って意見も見るけど、私は敢えてリアルにしない、皆まで見せないこの位のシルエット的な感じが逆にリアルやし怖さ感じるから好き。

家族全員其々の身体に異変の演出、素晴らしかた。

ストーリーの運び、テンポ、オチ、全部好きでした。ゾワっとしたい時にはまた観たい。

その後どーなったか、続編あるといーなー。
あれ?
ホラーじゃないじゃん!
でも、SF好きだから楽しかったっす!
「サイン」好きにはたまらない。
一見幸せそうに見える四人家族。しかし夜中に起きる不思議な現象に彼らは少しずつ追い詰められる…。

『パラノーマル』シリーズ
『パージ』シリーズを成功させた
!!ブラムハウスプロダクション!!
製作のお家系ホラー映画。
フォロワーさんのオススメで鑑賞


この家を襲う怪奇の正体は…。


ある意味正統派の
“我が家の様子がおかしいんだが…”
系ホラーなんだが、蓋を開けてみるとちょっと畑が違って拍子抜けしてしまう、そんなお話。
普通のビビらせるホラーとはアプローチが違うのが面白い。
冷蔵庫の中身が食べられたり!
家具が無駄に幾何学模様に!!
SECOMが誤作動したり!!!
子供が夢遊病きなったり!!!!
と嫌がらせレベルで面白い。
さてその正体は……
本編でご確認を(笑)

キャストはあんまり知らず。
ただ専門家のJKシモンズが全然役に立たず出てくるのが面白かった。

変に期待しても何も面白くないが、家の異変の正体をどうしても知りたい方は是非!

ホラー好き、家の様子がおかしいん系の話が好き、そしてなんの役にも立たないJKシモンズを見たい方にはオススメの作品。
個人的に好きな″プリースト″ ″レギオン″の監督作品です🎦

まずこのポスター写真が悪いわ笑笑

もっとセンスある写真無かったんか笑

ホラーの雰囲気ムンムンで
攻めてくるのは凄い良かった✨

日本人に分かりやすく?言うと
『世界なんだこれミステリー』 です笑
↑が好きなら この映画は好き👌


こゆ存在を信じてる身からすると
この映画の展開はリアリティを感じる😅😅

JKシモンズ(″セッション″のイカれ先生)が出てきて 作品の質を上げてるのも良い👌

もっと怖いかと思てたけど

そこまで怖くなかった笑
(死霊館 平気やった人の意見です。参考にはなりません笑笑)
心霊系かと思いきや宇宙人の仕業👽
恐怖を最も訴えていた弟が当然奴らの狙いかと思いきや、まさかのお兄ちゃん
宇宙人の諦めの悪さにびっくり。
せっかく宇宙人対策に窓打ちつけたりしたのに難なく侵入され、記憶操作され、太刀打ちできんわ…
家の中で次々に起こる異変、その原因、正体は一体なんなのか?って映画
ずーっとこれでもかってほどホラーテイストで進んでいきます、それがまたわかっちゃいるけど見せかたがなかなか上手くて怖いんです
しかも原因が原因だからなぜ?とかそんなバカな?ってのも吹っ飛ばすどうしょうもなさ、理解できないものだからより増す恐怖です
ホラーにつきものの幼児の使い方もうまいし、ちょっと倍賞千恵子に似てる美人の奥さんも好演してました
怖くはないけどビビる演出ありのSFミステリー?って感じだった。父親がヘタレで見せ場がないのと、一 仕事終えた感のまったくないラストはいいかもね。ゴヨ君はリアルスティールからだいぶ成長しましたな~。次男役の子かわいい。

Dakota Goyo
ダコタゴヨ

ホラー映画だと思ったら違った
考えが最後に全部ひっくり返った
まさか ! と声に出してしまった位

お兄ちゃん役のダコタゴヨくん
とても美しい顔
J・K・シモンズの助言をもってしても
結末は変えられない…と 笑
まあ〜そう簡単にはいかないってことか。

突如として
家の中で起こる奇妙な現象や感じ始める”何か”の気配に悩まされるようになった一家、
それに怯えながらも
原因究明と大切な家族を守ろうとする姿を描いております。
自分はケリー・ラッセル目当てで観たようなもんなんでけどね 笑


不況の煽りで失業中の夫 ダニエル、
不動産業界で働く妻 レイシー、
思春期の長男 ジェシー、
そして次男 サム。
ダニエルは新しい職を探すもなかなか採用してもらえない、
住宅ローンの滞納や金銭面に余裕がない中
レイシーの稼ぎでなんとか日々を暮らしている。

そんなある晩
耳鳴りで起きたレイシー、
階下へ下りると食べ物が荒らされ散在しており、リビングの窓が開きっぱなしであった…
何者かの不法侵入なのか、警察に通報するも外から侵入された形跡が見つからず
家庭内の問題と処理されてしまう。

その出来事を境に
家の中では毎晩怪現象が起き、人知を超えた特異な”何か”の存在に
一家は悩まされることとなる…


人の目玉を食らう”サンドマン”、
防犯アラームの誤作動、
説明のつかない体調不良、アレルギー反応や鼻血、
言い争いが増え家族間の雰囲気は悪くなるばかり、
設置した6台の監視カメラ、
生き物の異常行動、
意識の喪失や記憶にない時間、
自分の体をコントロールできない、
移植と心当たりのない異常な傷痕、
孤立、
各地で相次いで報告される失踪事件、…

ご近所からはイカれた一家だと噂され
話したところで
誰もまともに話を聞いてくれやしない
確かな予兆と接触、
一家で団結して立ち向かうしかない…と。


”何か”に必死の抵抗をするか、
さもなくば愛する者のと別れが待っている、
踏ん張りどころでしょうかね。

Two possibilities exist...
Either we are alone in the universe or we are not.
Both are equally terrifying.
>|