私は貝になりたいの作品情報・感想・評価

「私は貝になりたい」に投稿された感想・評価

ももこ

ももこの感想・評価

4.4
戦争が生んだ理不尽な結末にもどかしさを強く感じた
中居くんの優しい演技
そういえばずっと昔に映画館で観たなあ
って思い出したのは、
Mr.Childrenの花の匂いを聴いたから
今までは、この歌の寂しい雰囲気がすきで聴いていた
これからは、もう会えない大切な人を想って
ruu

ruuの感想・評価

3.0
多分テレビ放送でみたかと……

とても切ない最後だったのを覚えています。
yui

yuiの感想・評価

3.0
なんとも言えない、、、。
ただ言えることは、戦争をしても何も得るものはないということ。
人を傷つけることに何の意味があるのか。
昔の人には分からなかったのかな。
とにかく、この世の中から戦争が無くなることを祈ることしかできない。
社会の授業で子どもたちと一緒に鑑賞しました。

結構、子どもたちが色々なことを言い合いながら観ていて嬉しかったというのが感想。
中居くんが歌っているシーンで笑いが起こってしまいました。何故でしょうね(笑)

ラストのシーンは子どもに見せようか最後まで迷いましたが、とりあえず観ました。
終わった後も色々質問しに来てくれました。
LO

LOの感想・評価

4.5
1959年版は コレ観た後に鑑賞。

凡人が戦争に振り回される映画です。
邦画嫌いでも観れた良い作品。

主演は中居正広なのだが、キャストの中に草彅剛がいるのは驚いた。まさかSMAPが二人出るとは。草彅の演技は良い。
鶴瓶の演技は相変わらずひどい。出来れば観たくなかった。

BGMはジブリで有名な久石譲。


'59年版の尺(時間)が短いとすれば、こっちは話が長く丁寧に進むので分かりやすい。
比較すると当然ながら、演出面も進化してるので感情移入もしやすい。



邦画の中では 舞台作りも演出も脚本も演技も音楽もクオリティ高い。
ナゼ評価が微妙に低いのか気になる。4.0近く行ってもいい気がする。

日本人って高質な作品は観なかったり放送しないで、低質な作品は放送して 多くの人が評価して騒ぐ。
視聴者・ユーザーの眼が肥えてないから、邦画はレベル低いって言われるし、成長しない。


勘弁して欲しいものです。
…なんて無意味な事を考えたくないので、私は貝になりたい。
フライ

フライの感想・評価

3.6
仲間由紀恵の健気な行動を見て絶対ハッピーエンドだと思っていただけに…
最後涙が止まらなかった
中居くんの演技も予想以上に良かった
haru

haruの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

なんとも惨い。
中居正広主演映画は、模倣犯といい、貝になりたいといい、必ずしも良い終わりで無いことがある。
Nao

Naoの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最後の遺書で、「家族のことも心配しなくていい」から貝になりたいってあったけど、大事な人たちを心配もしたくないほど精神的苦痛が大きかったんだと衝撃だった。一緒に暮らしたいはずの家族を、たったひとつの貝になって海底でひっそりと生まれ変わりたいと思わせるまで、1人の人間を追い詰めた…
かみま

かみまの感想・評価

3.1
戦争がもたらす絶望の一つとして受け止めた。
ただ、たぶん海の貝はもっと毎日が戦争と絶望でそんな事当たり前過ぎて感じないんだろなぁ~って思いながらエンド。
みみず

みみずの感想・評価

3.1
最初から最後まで救われない。
こんな人生たまらないだろうと思うほど、悲しく暗い。
ひとりの人のstoryとして受け止めることが精一杯で、深く考えを巡らせる余裕もなかった。死ぬ覚悟のない自分のようなのんき者からすると残酷すぎて、心打ちのめされた。
わたしは貝になりたいってそういうことだったのかって最後に思った。
諦めずひたむきな努力や愛情を踏みにじる戦争…繰り返してはならない。人類は永遠にこのことを刻み込んでいかないといけない
>|