私は貝になりたいの作品情報・感想・評価

「私は貝になりたい」に投稿された感想・評価

ごみ

ごみの感想・評価

3.5
ラストのどんでん返し
「貝になりたい」の意味、分かってはいたけど重い
まな

まなの感想・評価

4.0
小学生の時映画館で鑑賞。中居くんてこんな演技上手かったんだ、、って思った。
結末がやばい。貝ってなんだって思ったけど最後に分かる。
UME

UMEの感想・評価

3.8
中学生くらいの時に見て、今また見て、感じ方が全然違った。
もっとたくさんの人がこの映画見たと思ってたけどそうでもないの…かな?
戦争に翻弄された男とその家族の話。自分を守るには勉強しなきゃなあと思った。貝になりたいとは思わないけど。
中居くんの演技がすごい。
ともこ

ともこの感想・評価

3.5
トラウマになった映画の1つ。
ラストにかけての絶望感が、主人公の目が、叫びが全部物語ってる。
罰するのはA級戦犯だけでいいだろうと思わされる 何で靖国で祀る必要があるのか
たえこ

たえこの感想・評価

4.0
何度かリメイクされてるけど、何度でも観てしまう。
私は貝になりたい…なんて悲しいセリフでしょうか。
ただただ胸が痛くなります。
あだち

あだちの感想・評価

3.0
「私は貝になりたい」っていうのは人間世界の暗部に晒され続けた男による最大級の絶望の言葉だと思うんだけど、出てくる人間が仲間由紀恵を筆頭に割と高潔で生きる力全開。こりゃ貝にはなれないわ。

ラストの思わせぶり恩赦だけに全ての絶望を担わせてる気がしてすごい唐突だけど、そこから処刑までの演出はなかなか強烈で良かった。中居くんがすごい。
ograchan

ograchanの感想・評価

3.6
中居くんの演技がすごくいい。

いまのひとにみてほしい映画。
戦争の恐ろしさ、その犠牲になる人が必ずいること。
階段を昇るシーンではとても心にきた。

私は貝になりたい、
その台詞にここまで心揺さぶられるとは思わなかった。

このレビューはネタバレを含みます

 戦時中の上官の命令は当然、絶対で仕方なく従っただけなのに。突然の理不尽な裁きによって追い詰められていく悲劇で、とてもよかったです。

 刑を言い渡された後は、ひたすら巣鴨プリズンで待機の状態になる主人公ですが。事件の司令官、死刑執行となる同じ房の人、そして身の回りの解説をしてくれるに西沢さん。その人たちの行動で、主人公と一緒に一喜一憂できたので。とてもよかったです。

 オリジナル版になかった奥さんの助命嘆願を200人集めるモンタージュは、日本の四季を織り交ぜることで。ずっと独房の映像ではなく、外の景色が観れたのは。これがあったことで、逆に長く感じてしまいました。

 第2幕が終わる116分あたりから、さっきまで大きな音楽が流れっぱなし状態から一転、主人公と牧師さんの静かな会話になったのがよかったです。
 
 ただ、全編に渡って音楽が延々と爆音で流れるのがダメダメちゃんでした。

 とはいえ、130分という長い時間ですが。爆撃シーンや焼け野原の東京等、迫力ある映像の効果もあって飽きることなく、主人公が助かる事を願えるような映画になっていたと思います。
>|