テンジャンの作品情報・感想・評価

テンジャン2009年製作の映画)

된장/The Recipe

製作国:

上映時間:105分

3.1

「テンジャン」に投稿された感想・評価

IPPO

IPPOの感想・評価

3.3
テンジャン=味噌 をテーマに1本の映画を生み出すとは…。凄い。

『ハイヒールの男』と同じ脚本の方だと知り鑑賞。こちらはまた違う角度である意味斬新。
味噌で繋がるラブストーリーをバックに据えたファンタジックサスペンスというなんとも類を見ない世界観。

リュ・スンリョンに不満は無いけど、もう少し若い俳優さんが主演の方が見やすかったかも。謎解き型の進行にちょっとイラっとしたな。後半はしっかりと映画的見応え。途中いきなりアニメが挿入されて困惑したけど。ちょっと作風が掴みにくい…。

味噌、麹、梅の花=香ばしい
という表現が、日本と通ずる感覚でほっこり。大豆畑の緑の美しさも印象的。
満開の梅の花の下のシーンは素晴らしい。

なんかこれは連ドラだったらNHKが気に入りそう…。味噌に関する知識が増えます。

そして、梅の存在がこの作品全体の演出になってることが素敵でした。
最後は塩なんだけど…この意味は最後まで見たら分かる。
テンジャンチゲ食べたい!!!!!
最後にそういうことかー!って声出た(笑)
てぃだ

てぃだの感想・評価

4.0
ミステリとしての導入が非常にうまい。少女漫画風なべたべたなロマンスがちょっとだけ気恥ずかしくもなるけど韓国やっぱこういうの作らせたらほんと上手い。職人か
kaohana

kaohanaの感想・評価

-
タイトルを見て 味噌???
結局最後まで鑑賞。チゲが無性に食べたくなった
よかった❕ストーリー導入部分から引き込まれた。ミステリアスな部分もあり、せつない恋愛部分もあり。盛り沢山。暖かみがある。その味噌チゲ🍲を食べた人たちが幸せになる様子がとても素敵。ホントに美味しそう❤
食べたくなる🍲😄
へいけ

へいけの感想・評価

3.9
味噌造りと酒造りの人の悲恋。記憶を小出しに辿る感じがいい。テンプレっちゃテンプレだけど、綺麗にまとまっていた。味噌も製法を見ているだけで、とても美味しそう。純度100%ナトリウムはギャグなのか、シリアスなのか、。兎角食べてみたい。凶悪犯はあまり関係なかった。
Ryoko

Ryokoの感想・評価

3.0
凶悪犯までもが癒されたという奇跡の「味噌チゲ」に秘められた切ないラブストーリー。お伽話のようなミステリーのような昭和の匂いもするような不思議な雰囲気を纏った映画。発酵を促進させるためにコオロギを鳴かせるとか、梅の甘い香りがする甕(カメ)とか、土に混じった梅の花びらとか、噂の味噌の旨味の秘密が明らかになっていくのも面白い。味噌チゲが食べたくなる。
しずく

しずくの感想・評価

2.5
何人もの人を殺害した凶悪犯が死刑執行直前に「あの味噌チゲが食いたい」と言い残したことを知ったテレビプロデューサーが、その言葉の謎を追い、探しあてたのは、ある女性と男性の切ない愛の物語だったというストーリー。出だしはサスペンスかと思いきや、韓国らしいラブストーリーでした。こんな美味しそうな味噌チゲ食べてみたいなぁ。(2015年鑑賞@GyaO!) 96
アルマ

アルマの感想・評価

3.3
味噌の話‼︎あ、、今笑った人?結構味わい深いんですよ〜(@ ̄ρ ̄@)
「テンジャン」は繊細で奥深い。番組プロデューサーが番組制作のためではなく、テンジャンそのものへの想いが次第に強くなっていった様子が印象的だった。

GYAOにて鑑賞。
>|