さよなら歌舞伎町の作品情報・感想・評価・動画配信

「さよなら歌舞伎町」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

一日のうちに自分が働いてるとこに彼女と妹来る人生散々だし
時効は成立して良かった、
あと色々生々しくリアルで勉強になったわ
れいな

れいなの感想・評価

3.8
映画館で観て以来の鑑賞。

新宿歌舞伎町のラブホテルに訪れる男女の群像劇。
ラブホテルが舞台なだけに露出も多いけど、心にグッとくるシーンも多い。
みんな幸せになってー!って思う。


こういう感じの染谷くんいいよなー。
有名なセリフ「洗って。私の身体をきれいにして。落ちないかもしれないけど。洗って」を聞くために、、、

予想はしてたけどなんだか苦しくなってしまった
男性はこの映画にどんな感想を持つんだろう
新宿ってなんでもあるし、バス1本で塩釜まで帰れちゃうなんてすごい町だなあって
改めて思いました
えいむ

えいむの感想・評価

3.4
染谷将太さん、南果歩さん、イ・ウンウさん、良かったです。この御三方が柱としてこの映画を支えてました。

ラストシーンの南果歩さん、流石とても綺麗でした。お相手が松重豊さんで良かった。

映画全体としては微妙でしたが、明るく終わっていて良かったです。

おまけで忍成修吾さんと家出少女役の我妻三輪子さんのパートのラストも可愛かったです。
odyss

odyssの感想・評価

3.8
【刑事だって不倫する】

新宿歌舞伎町のラブホテルを舞台にした映画。

話の軸になるのは、このホテルで仕事をしている青年(染谷将太)で、彼の同棲中の恋人(前田敦子)やホテルの従業員、そしてこのホテルを利用する客たちによって映画が進行します。

約一日の出来事が語られますが、仕方がないとは言え、次から次へと色々なことが起こるし、しかも偶然が過ぎるという気がします。こんなに色々あったら身が持たない。でも、きっと特別な一日だったんでしょう(笑)。

私の好きな南果歩さまが従業員役で登場。しかし、私に言わせれば従業員役はもったいない。熟女のデリヘル嬢ということでどうでしょうか。私なら若い韓国人のデリヘル嬢より、南果歩さまのデリヘル嬢を選びます(笑)。

エリート刑事同士の不倫カップルがいいですね。ついでに、彼らがセックスシーンを大胆に演じてくれるのがさらにいい。でも南果歩さまと刑事には因縁が・・・・私は最後のあたりで南果歩さまを応援していました。

なお前田敦子が脱いでいないことについてレビューでは色々言われていますが、個人的な趣味の話で申し訳ないけれど、私は前田敦子に女としての魅力を感じません。何人も集まってのアイドルの一員としてならいざしらず、女優として独り立ちできるほどの器量があるとは思えない。だから脱がなくても別に、という感じでした。

この映画では、前田敦子より、貧困女子を演じる我妻三輪子のほうがチャーミングですよ。

しかし、韓国人デリヘル嬢も女刑事も脱いで頑張っているので、この点数ということで。
ゐ

ゐの感想・評価

4.5
死にたくなったら観たい映画

(アディダスジャージを尊ぶ心の原点)
都会を感じられるような、少し夜っぽい映画が好きで観がちなんですが、
そんな邦画とりあえず観たいー!と思い、好みそうなこの映画を鑑賞。
でもやっぱり観たことがあって、
そうそう!と思いながらも
また新たな発見などあったりして楽しく鑑賞できました。
そしてシンプルに好きだなぁと。

様々な関係や悩みを抱える男女、
意外と繋がってたりして
警察きてーだったり、警察こないでーだったり。

韓国人カップルの入浴シーンは
つい泣いてしまいました。あの瞬間すごく切なかった。
oden8

oden8の感想・評価

3.4
当たり前っちゃそうなんやけど。
みんな、生活の為に仕事をしている人が殆どで。
今の仕事に誇りとか、やりがいを感じてる人ってどれぐらいいるんやろ。
別に、お金さえもらえりゃ〜どんな仕事でも尊いはずやのに…
なんか…たまに"自分がしたかった仕事じゃねぇ〜よっ!!!"って、モチベーションが上がらんかったり…ふてくされたりしてまうよね〜。
だって、人生の大半を仕事に費やさにゃならんのだもんよ。ってなると、どんな仕事であれ…そこにどんな価値でもいいから何か見出したくもなる。

ラブホテルに集まる人達の人間模様。
めっちゃくそわかるわぁ〜ん。とはならへんけど…。
ちょっぴりチクッと胸に刺さる。
それと…囁かな感動と。

仕事や夢や恋だの愛だの。上手くいくことばかりやないから。それらが思うようにいかない歯痒さを、奥歯でくいしばり耐えている。自分を誤魔化しながら。とりあえずの明日の為に。きっと叶えるだろう夢みる明日の為に。

65点の人生にも、素晴らしいことはある。

Cast(役者·キャラ) 4.5
Story(物語) 3
Architecture(構成) 3
Picture(画) 3.5
Acoustic (音) 3
8時だJ

8時だJの感想・評価

2.5
歌舞伎町のラブホを舞台にした様々な人間模様を描いた群像劇
濃いエピソードが多い中、主演のマエアツの存在感がちょっと薄く感じたかな
na

naの感想・評価

4.4
見たかった映画じゃなくて適当に出てきた映画を見たら自分的にかなり刺さった
日本の学校の恋愛青春映画が大嫌い
嘘くさくて台本の通りって感じすぎるし顔だけで売れてる男と女できゅんきゅんするようなストーリーにして少女漫画みたいな現実味も無いようなもので本当にきもい
それがいいって人ももちろんいるけど

この映画こそが本当の恋愛映画だと思った
いろんな登場人物がいて全員あのラブホテルで繋がってる まあそれも現実味はないけどなんかリアルで、歌舞伎町なんて行ったこともないけど
ああいうのは歌舞伎町に限らずだなと思った
最初2時間長いなと思ってたけどあっという間に映画が終わって、登場人物たちに気持ちがはいりすぎて気がついたら泣いてた
>|

あなたにおすすめの記事