さよなら歌舞伎町の作品情報・感想・評価

さよなら歌舞伎町2015年製作の映画)

上映日:2015年01月24日

製作国:

3.4

あらすじ

一流ホテルマンと周囲に偽る歌舞伎町のラブホテルの店長・徹。彼はプロのミュージシャンを目指す沙耶と同棲しているがちょっぴり倦怠期。ある日、徹は、勤め先でいつもの苛立つ1日を過ごすはずだった。そこに集まる年齢も職業も違う訳アリな男と女たち。彼らの人生が鮮やかに激しく交錯した時にあらわれる欲望や寂しさ、そして秘密とは……。

「さよなら歌舞伎町」に投稿された感想・評価

showmore

showmoreの感想・評価

2.8
うーん。特に感情移入するシーンもなく、最初から最後までのっぺりとした展開。
役者陣は結構いい感じなのになあ。演技はやや芝居がかってるけど、雰囲気は素敵。カットがあんまり好みじゃないのかも。第三者視点が多すぎていまいち臨場感に欠ける。

いくつかのストーリーが並行して進む。群像劇というよりもオムニバス。どれも訳あり風なストーリーでありながら、収まりがいいように仕立て上げられた感が否めない。端的に言うと作り物っぽい。
現実はこんなに手触りがよくないよ〜ましてや歌舞伎町の人間物語、もっとガサツでむき出しで腐りかけなほうがいい。

家出少女とイリアちゃんのキャラクターが最高だった。あと女優さんたちの体がすべからく美しすぎる。
染谷将太が微妙すぎた。役どころのせいもあるけど、いまいち葛藤が見えてこない。人間味があるようでない。ロボットっぽい。
前田敦子はいい表情してるけれど、歌がひどい。あのシーンはまるまるいらなかったと思う。いい余韻が残らない映画は締まりが悪い。
それぞれの話が普通なら暗く重くなりがちな所を、後ろで流れるポップな音楽とか少しコメディ寄りなセリフのやりとりで良い意味で軽い映画になってて観やすかった。
これが染谷将太じゃなくて菅田将暉とかだったら全然評価が低くなってたと思う
共感とかは出来なかったけど、人間味あってよかった。嫌いじゃない。
SALA

SALAの感想・評価

3.4
Netflix入ってから
邦画を最近ずっと見てるけど
群像劇好きの私としては
楽しめた。
韓国カップルの演技が上手いけど
ちょっとスポット当て過ぎw
(特におっぱいポロリでバスタブ
入ってるシーン)
そしてムラジュンが出ているとは知らず
観ていたら、ムラジュンがちょっと変わった役で出て来たので複雑だったw
みかこ

みかこの感想・評価

3.6
物語や配役は良かったのに群像劇の割に内容が物足りない感じがしました。色々詰め込みすぎてる感じも。
ただ、南果歩さんの演技はさすがの貫禄でした。
ちーず

ちーずの感想・評価

3.4
ラブホ1つの中にいろんな人間のいろんな感情がいっぱい隠れてて、ラブホを通して露わになってぶつかりあっていくって思うと、ラブホがなんとなく深くて尊く感じた。
ラブホほど人間身が露わになる場所って
ないよなぁっていうか、、、
うーん、言葉にするのは難しい。
うまく伝えらんない
h

hの感想・評価

2.2
ほとんど染谷くんと前田あっちゃんが出てこない。よくわからない韓国の女優の尺が長すぎる。
記録。
いつ見たんだっけ。

人間味あふれる人たちがラブホテルを介してそれぞれの物語を描く映画。際どいシーン多数。

あまり刺さらんかったな。
momoco

momocoの感想・評価

3.0
「やりたくてやっているわけじゃない。自分はここにいるはずじゃない。もっと上にいける。」と考えている人たちが1日にぎゅっと。
多崎

多崎の感想・評価

3.5
これ好きなんだよねー、それぞれの登場人物が人間関係ある程度の、オムニバス形式でありながら、話がそこまで薄くもなっていずちょうどいい。うまくまとめようとなされていないのも現実味のある群像劇たる所以だと思える。セリフと空気感がいい。
>|