ウルフ・オブ・ウォールストリートの作品情報・感想・評価

ウルフ・オブ・ウォールストリート2013年製作の映画)

The Wolf of Wall Street

上映日:2014年01月31日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」に投稿された感想・評価

ぶっ飛びすぎ!色んな意味でやりすぎ。本当に呆れる。でもジョーダン・ベルフォート、さすが詐欺師なだけあってスピーチが上手い!誰でもついて行きたくなるような強いリーダーシップ。随所にブラックコメディが散りばめられていて、楽しめた。ディカプリオが演技うますぎ!顔見てるだけで笑えた。
noa

noaの感想・評価

3.1
3時間もの長編をそこまで長く感じさせないところはさすがマーティン・スコセッシ。でもこの映画で彼は一体何を伝えたかったんだろう?

社会風刺というよりも、他人を蹴落としてでも貪欲に生きる者の讃美歌だなと感じ始めた時に正直いって嫌気がさしてしまった。

ところであそこまで酒とドラッグを乱用しちゃっていつ誰がばたっと息絶えてもおかしくないなと思いながら観てたけれど、結局ラストまでオーバードースによる死者も出ず、人間って思った以上に強靭なんだなとストーリーとは関係ないところで妙に感心してしまった。

一番印象的だったのは、自分にとっては『フライデー・ナイト・ライツ』(TV版)のコーチ役でお馴染みのカイル・チャンドラーが演じるFBI捜査官が、帰宅途中の地下鉄の中で一人静かにジョーダン逮捕の記事を読んでいるシーン。彼ってこういう頑固だけれど誠実に地に足付けてしっかりと生きている姿が本当にぴったりとくるのよね。彼の静かな勝利、でも人生の勝利者という意味ではどうなんだろう...、と、そんなことが彼の頭をよぎっているのかなと思わせる、なんともいえない余韻の残るシーンでした。
おすず

おすずの感想・評価

1.0
現実でも根性論的なザ・体育会系のノリが苦手だし、金、ドラック、セックス!のテンションがしんどかったなー。ハングオーバーも同じ理由で楽しめないコメディ。

個人的にはレオナルド・ディカプリオの無駄遣いに感じだけど、ディカプリオだからこの映画成立してたなと。演技が素晴らしかったのと、最後まで保身と金がすべてを貫いたのが救いでした。

それにしても179分あるからこその深みや良さが見つからなかった。基本的には、映画は2時間に収まってるものが好きです。
MEGUMI

MEGUMIの感想・評価

3.6
こういう役柄を本当にうまく演じるディカプリオ!なかなか面白いです。
テンポもいいし、飽きず楽しめます。
Rinko

Rinkoの感想・評価

4.5
レオ様、大暴れ

テンポよく、中だるみせず、楽しめた
takena

takenaの感想・評価

3.6
すごいよかった、ビジネスって難しい
酒、女、薬、金だけで観る3時間だった
結局世の中お金じゃんねって気分になってしまうけど、それは世の中のごく一部だけなので地味に生きるほかない
Megumi

Megumiの感想・評価

4.0
これと華麗なるギャッツビーとの2作やその他諸々の私生活のイメージにより、
ディカプリオに対して私の中で"ディカプリオ的な"という形容詞が生まれてしまったぐらいに強烈なキャラが演じられてる。
(ちなみに"ディカプリオ的な"の意味は色欲豊かで強気な大富豪です)
こんな放蕩でクソみたいな自信家男といても幸せにはなんないけど楽しいんだろうな、とか思っちゃうよね
fuckってこの3時間で何回聞いたんだろ、豪快でお気に入りの映画。
かれん

かれんの感想・評価

3.8
おもしろい!
放蕩ぶりもここまで突き抜けているともはや爽快。破茶滅茶だけど後悔なさそうな人生だ。
>|