アビエイターの作品情報・感想・評価

アビエイター2004年製作の映画)

THE AVIATOR

製作国:

上映時間:169分

ジャンル:

3.3

「アビエイター」に投稿された感想・評価

レオ様とマーティンスコセッシ監督タッグの2作目。

スコセッシが描く一人の人間の人生作品って好きです。

スコセッシ作品はどれも必ず良作なのが素晴らしい安定感。

もちろん、大傑作も生むし。
GoofyGrape

GoofyGrapeの感想・評価

3.7
随分前に一度観ているが、ネットフリックスでもう一度再観賞。
前に観たとき、ハワード・ヒューズの異常すぎる潔癖症が気持ち悪すぎて忘れられなかった。今回も同様に感じたが、その役をやってのけたレオナルド・ディカプリオの演技力はすごいと思う。前にみた時ラストの場面の意味が分からなかったが、ある意味であれはポジティブなエンディングだと思った。
ゆぅ

ゆぅの感想・評価

3.0
長い、とにかく長い。

レオ様=豪富=ちょっとヤバめ
こうゆう役ぴったしだね( .. )

狂ったレオ様、なんか、凄かった✨
前半どうやってストーリーを追えばいいのかよく分からずダレてしまった ディカプリオ以外に 人生絶好調🔜絶不調 をこんなにも演じさせたい役者いるかな?
めちゃくちゃになった昔の男を優しく更生に導く女性がイケメン
とりあえずディカプリオに実話やらせたら間違いない。富豪って役柄も満点でぇ!

映画家でありパイロットであり航空会社の社長であるハワードは完璧だ。と周りは思っているが強迫神経症に苦しみながら生きていた。

マイ石鹸を持ち歩き執拗なまでに手を洗うシーンは何度か作中であったが狂気さを感じつつ自分も持ち歩きたくなるような格好良さも感じた。

作品自体は長いが物語が進むにつれて見応え度が増していく。後半では部屋に閉じこもり極度の潔癖から衣服を着ることにも抵抗を感じ全裸で閉じこもる。肌が触れる場所との接触はペーパー越しでないと触れることができない。

ライバル会社とその癒着先の上院議員の営業妨害。何か新しいことをしようとする人には大きな障害となる壁は付き物なのだろうか。

これぞ偉人!!ということをビシッと伝えられた作品でした。
mis

misの感想・評価

3.4

内容に対して時間が長くって四回くらいに分けて観ざるを得なかった、けどレオ様はこういう役が本当に上手いな。。😿狂
そしてこの時代背景。。20s調度品からインテリアファッションヘアメイク、はあうっとり。でも長かった〜!
広野

広野の感想・評価

2.5
前半、画面が赤すぎるのが気になって物語に集中できなかった。
キャサリンとゴルフするところは特に気になる。パソコンが壊れたかと思うくらい赤い。後半、ドマーグが登場したあたりからは普通になってくるのはなんなのか。
Amazonで見たからおかしいのかな。
別にこういう色味です、っていうなら最後まで色調は統一してほしい。

レオ様の器用な演技はため息もの。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.0
大富豪の飛行機にかける情熱。
こんな偉人がいたんだなにしては、少々長過ぎる。何かと凄いけどお腹いっぱい。
ヘルズエンジェルスはこっからだったんだ。
つな

つなの感想・評価

3.0
莫大な富があり、愛人を次々取り替えても自分の中の牢獄には捉えられてしまうのだなぁ。
ディカプリオの名演技、ケイト・ブランシェットの美しさが、映画のたたずまいをクラシカルで王道な雰囲気に押し上げていて素晴らしかった。
cam

camの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

catch me if you canの中で出てくるミルクはこれか
>|