アビエイターの作品情報・感想・評価

アビエイター2004年製作の映画)

THE AVIATOR

製作国:

上映時間:169分

ジャンル:

3.3

「アビエイター」に投稿された感想・評価

Miki

Mikiの感想・評価

3.3
長かったけど無駄なシーンはなかったと思います。ストーリーは山も谷もなく淡々と進むので個人的には退屈でした。レオ様がガールフレンドに髭を剃ってもらってるシーンはセクシーでなかなか好きです。最後の公聴会のシーンは上院議員を糾弾する姿がかっこよかったです。もっと消費カロリーの高い感じのレオ様の方が好きです。
KouAraki

KouArakiの感想・評価

3.0
キャッチミーイフユーキャンみた次の映画がこれだったから、なんかどっちのディカプリオも小賢しい飛行機好きのクソガキでリアルのディカプリオもそーなんじゃねえのかとおもってまう
SatokoAkai

SatokoAkaiの感想・評価

5.0
ディカプリオ演技〜〜〜 なんでこんな評価低いのすっげー面白かった
Kazumi

Kazumiの感想・評価

2.5
前半、画面が赤すぎるのが気になって物語に集中できなかった。
キャサリンとゴルフするところは特に気になる。パソコンが壊れたかと思うくらい赤い。後半、ドマーグが登場したあたりからは普通になってくるのはなんなのか。
Amazonだけかな。
こういう色味です、っていうなら最後まで統一してほしい。変える必然性が感じられない。

レオ様の器用な演技はため息もの。
yu5071ki

yu5071kiの感想・評価

3.9
「病気を抱えながらも
世界に名を残した男の生き様」

映画業界、航空業界に大きな影響を与えた男、ハワード・ヒューズ。彼の生き様をディカプリオが熱演している。

映画を観た後に評価を観たのだが、あれこんなに評価が低いのかと正直驚いた。これは衝撃的な作品。

ハワード・ヒューズという男のことをこの作品を知るまでは名前も聞いたことがなかった。でも観たあとにはもっと彼のことを知りたいといろいろ検索してしまうほど、ものすごい生き方をしていたのだと生き方に驚かされた。でも彼の実話、それだけでなく、ディカプリオが見事にこれを演じきれていることがこの映画が大きな評価に値する点である。

約3時間近くの超大作。でもハワード・ヒューズの生き方は3時間では物足りないと思う、それほど密度の高い、内容の濃い映画だった。

彼の母親は極度の潔癖症。彼女に育てられたハワード・ヒューズはある病気を抱えて生きることとなる。その病気は強迫性障害。言葉で伝えても良いのだが、よくこよ病気がどのようなものか映画で表現されているのでそこでぜひ病気についても知ってもらいたい。そして彼は難聴も抱えていた。そんな中でも彼は強く、そしてクレイジーに生き抜いた。かっこいい。アメリカン・ドリームをつかんだ男、憧れでしかない。好きなことをやり貫くそんな人生を送りたいよね。

ウルフオブウォールストリートといい、このアビエイターといい、ディカプリオの演技の幅と質というのはものすごい。個人的に実話シリーズ、とくにあの生々しいシーンってのが好きなのもあってこの映画がハマったのかもしれない。だがこういう人がいたから今の技術の発展があるのだと、学びの材料としてこの作品を観てみてもいいかもしれない。
nickryok

nickryokの感想・評価

3.8
ディカプリオ作品の中でも、個人的のこの作品での彼の演技は凄いと思う。揺さぶられる。
mechimone

mechimoneの感想・評価

3.1
天才がだんだん頭狂っていくという印象
狂っていくといっても障害が生じるイメージだろうか
多動感とひらめきが神がかっていたんだろう
人になんて言われようと真っ直ぐ突き進む。成功者はかっこええな〜
さくら

さくらの感想・評価

4.1
あっというまの三時間でした。

主人公のハワードヒューズは、周りが「そんなのお金の無駄だ」とか「遊びだ!」とか反対するなか、自分の目指すものをまっしぐらに作り続けて、それが時代を動かしていっている。とてもかっこいいとおもった。
けれど、そういう1つのことをとことんこだわる性格があるぶん、普段の生活にも影響が出ていてとても苦しんでいた。その演技もすごかったなぁ。

冒頭のシーンが、とても印象に残っている。親子のシーンなんだけど、とても色っぽく写されていた。
ayaka

ayakaの感想・評価

4.2
潔癖症と強迫観念のなんかみたいなので途中から怖かった😔だがしかしやはりカッコいいディカプリオ❤️❤️
>|