ウィザード・オブ・ライズの作品情報・感想・評価・動画配信

「ウィザード・オブ・ライズ」に投稿された感想・評価

YU

YUの感想・評価

3.6
なかなか重たい実話を基にした作品。
デニーロの好演といえばそうなんだけど、うまく説明できないが、ゆえに特に後半重たくずっしりくる。
マドフは自己偏愛とでもいうべきか、、。
そして長男もある種、そうだったのかもしれない。。そして実話に関する記事を調べるとデニーロにしか見えなくて更にびっくり。
黒澤弘

黒澤弘の感想・評価

3.8
今回の英グリーンシル破綻で思い出したマドフ事件。ロバートデニーロとミッシェルファイファーのリアルな名演技。数百億円まで膨らんだポンジスキームでもう後戻りできなくなった巨大詐欺事件。自らの家族まで崩壊し、恐らく騙された側の被害者やその家族も多くの命を失ったであろうことを考えると殺人と変わらず。騙されないことが大事。いい話には裏がある
『父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え』 ジェイエル・コリンズ #ブクログ https://booklog.jp/item/1/4478108196
の中で紹介されており鑑賞。

投資を始める前に実際にあった詐欺的な金融事件を知っておきたかった。

世の中は社会的に信頼できそうな事でさえ、本当か嘘なのかはわからない。こんな巨大な金融機関がネズミ商法的な詐欺を行なっていたとはみんな気づかないだろう。
一つ嘘をついたことで、抜けられなくなり、自分の大切な人々を最終的に大きく傷つけてしまう。

殺人鬼と一緒にされては困ると主人公は言うが、側からみたら一緒なのだ。自分がしている目の前の行為が最終的に何に繋がるのかを考えながら動かねばと思った。

そして、やはり他責はよくないなと。主人公は自分を頼りすぎた人が悪いというが、間違ってはいない。自分の人生、このように騙されても大きな失敗をしても、これでよかったのだと納得できるよう、自責で生きないとなと改めて思った。
H

Hの感想・評価

3.6
HBOらしい、アメリカのドラマってこういう作りだよね。やっぱり日本で上映されてるアメリカ映画がいかにわかりやすい大衆(世界)向けかとよくわかる。
結末はわかってるけど、この過程をどう描くか、本人がどんな感情だったか、にフォーカスを当てる作りというか。ドラマっぽい。
ドラムのリズムで展開を盛り上げる演習もセッションですかって感じで。被害にあった人たちを多く、よりリアルにちゃんと映し出すことでことの重大さを描く感じもちゃんと伝わってます。
スターチャンネルによると、邦題は「嘘の天才〜史上最大の金融詐欺〜」。ちょいダサ。。
blue

blueの感想・評価

3.2
なかなか上手く出来た再現劇だと思う。
事前にマドフ証券の巨額詐欺事件についての予習をしておいた方が良い。
事件そのものよりも、悪事を働くことの代償の大きさにフォーカスを当てているように感じた。
映像にお金がかかってるし、ロバート・デニーロの演技も見応えあった。
rage30

rage30の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

実際にあった、金融詐欺事件を描いた作品。

詐欺事件を描いた犯罪映画…と言うよりは、加害者家族が崩壊していく様子を描いた、人間ドラマといった印象の方が強い。

正直言って、特に目新しい要素はないのだが、HBO作品らしい重厚な作りと、デ・ニーロとミシェル・ファイファーの共演によって、ついつい引き込まれてしまった。

主人公であるバーナードの歪んだパターナリズムによって、守るべき家族を逆に失っていく展開が印象的。
家父長的な、父親が一家を守るという価値観の限界を、本作は描いているのではないだろうか。
明るい要素のないコロナ禍にも関わらず、日経平均は30年ぶりの高値を記録しました。また始まってます。本当に懲りないですね。
100年に1度だの、1000年に1度だのと言いますが、実際は10年に1回くらいで金融危機が訪れます。何回危機が訪れようと、同じことを繰り返します。人間の強欲は死んでも直りません。
数千人いると言われる被害者の多くも同様に強欲なだけでしょう。日本の大手金融機関のいくつかも被害に遭っていて、愉快です。クスっとさせていただきました。
殺人の場合だと何人殺せば禁錮150年になるのでしょう❔
Yukimin

Yukiminの感想・評価

3.3
ナスダック創設者が巨大詐欺を働いた、普通にやらないだろうって思う人物だから 長期に渡って続いたんだろうね。観てると家族は全く知らなかったらしいから、観ていて息子達の人生が変わって行くのが見ていて胸が痛かった、まぁ被害者だってもっと酷い目にあってるんだけど。これ動機について一切触れなかったけど、何不自由無く生活出来るのに何でこんな事したのか謎。
Ivy

Ivyの感想・評価

-
2008年に発覚したBernard Madoffによる巨額詐欺事件を描いたHBO映画
配信終了近いと出てたから観たけど、我ながらクリスマスに観る映画じゃないww でも、バーニーを演じるデニーロ様、さすがだった🎄 最後の表情!

元NASDAQ会長とか務めてた人物だからなのか、こんな架空の資金集めがこれだけの規模で続いてたことに捜査当局も含め長い間誰も気付かなかったことが衝撃

人生カネじゃない、と言われたりするけれども実際に被害遭って全資産を失い絶望に追い込まれた多くの人達がいたと思うと、やっぱりお金の怖さというか魔力はすごい

犯罪しながらも家族のことを考えてた、みたいな描写も一部あったが、結局家族も壮絶に崩壊 詐欺師をヒーロー的に描かなかったのは好印象。
刑期150年(アメリカの司法制度やっぱ半端ない)について本人が最近トランプに短縮を陳情したみたいな話も聞くし、結局人間は自分本位だよね〜

バリーレヴィンソン監督あまり知らなかったけどスリーパーズの監督だったのか!!
史上最大の巨額詐欺事件をおこしたバーナード・L・マドフの心情を描いたHBO制作TV映画
殺人鬼と同等に見られて嫌悪感を覚えたり眠れず悪夢に魘されたり上手く描写されてたと思う
>|