名探偵コナン 紺碧の棺の作品情報・感想・評価・動画配信

名探偵コナン 紺碧の棺2007年製作の映画)

上映日:2007年04月21日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.2

「名探偵コナン 紺碧の棺」に投稿された感想・評価

あき

あきの感想・評価

4.8
安定のクオリティー。
劇場版名探偵コナン、万人受けする良い作風。
a

aの感想・評価

3.6
アンボニーとメアリリードみたいに蘭ちゃんと園子ちゃんがなってて感動した
LEEDS

LEEDSの感想・評価

-
第11作
与那国の海底遺跡×映画グーニーズのコナンコラボみたいな感じだったけど、グーニーズより冒険のワクワクは少ないかな。
記録🎞歴代映画9番目鑑賞👀
犯人結構酷いことする(笑)嘘つくコナンくんはかっこよかった!
ケイカ

ケイカの感想・評価

3.0
コナン11
いきなりのルパン
ゴールドロジャーじゃないか。
新一=ウソップ みつひこ=チョッパーだし。
棒読みの子どもたち、毎回何。
コナンくん(新一)基本ナルシだから知ってる知識ひけらかしたい系。大人しくしてなよ笑
あんな危険なのは嫌だけど、ダイビングしたいな
EDも蘭×園子なアン×メアリな感じでgood
2022-138

このレビューはネタバレを含みます

強気な佐藤さんかっこよい。カーチェイスから始まる。コナンの映画、ありえない運転と爆発がすごい。神海島、ジョリーロジャー。今回は島でのお話。パズルの懸賞があたり、自慢げに話すもホテルの予約取れてないとのこと。「夢見てるんだろうぜ、海に眠る財宝ってやつをな。」からのイントロ。俺は高校生探偵、工藤新一。コナンくん映しながら。高校生には見えないって?ハハハハッってところがいつもと違う!海底宮殿が出てきて、ロマンを感じる。この頃の絵柄も好き。宝探しに無理やり手を上げさせられるコナンと哀ちゃん。蘭と園子はシュノーケル。宝探しにやる気満々のコナン。素がでてる。海の中の宮殿をみに、蘭と園子が海の中へ。あんなんあったら怖い…しかもサメが出てきた。トジャーハンターが海の中で血を出してた。それにつられてサメが。血だらけのウエットスーツが、蘭かどうか心配するコナン。宝探しは少年探偵団だけに…魚の血でサメを誘き寄せてた。魚の血で誘き寄せた仕組みに、哀ちゃんが小五郎に気づかせた。哀ちゃんに写真撮るの手伝ってもらうとき、助手じゃなくて相棒って言う。推理中に、探偵団に呼び戻されるコナン。コナンが博士のクイズの答えを書いて、イカサマしてた。高木刑事が、瞬間接着剤で指紋を検出する方法を披露!海賊は泣く。鳴き砂。踏むと音が鳴らない砂浜のところに、次の宝探しのヒントあり。事件がらみのことを発見して、1人団体行動から外れるコナン。指紋を無事浮き上がらせることができた高木刑事。鑑識に行くなら推薦書くよ、と白鳥刑事。なんかのやりとりを目撃し、みつかるコナン。松本たちにより観光館のお宝が盗まれる。そのベルに気づくコナン。犯人が銃で攻撃される。松本たちが逃走、松本たちを狙う人たちもいる。15年前の映画か…。ハンターたちに狙われる蘭たち。持ち前の身体能力でハンターを倒そうとする蘭だか、人質に取られ何もできない。オーナーに金を払って、逃走経路を確保するハンター。ジョリーロジャー、愉快なロジャー。海賊旗のこと。博士が小型のエアボンベ開発。蘭と園子は2人で1本。サメの囮に使うため、2人を人質にした。サメがわんさか。エアーも持たないし…海の中に大きな船が。背中合わせで戦う蘭と園子。拳銃向けられてる時に、コナンくんのサッカーボールが。岩永さんがそっとついてきてた。空気のあるところに居たのに、地震で海水が入り込む。さらにガスも。博士のエアボンベ、2つしかないのに、園子と蘭を優先させた。僕のはちゃんとあるから大丈夫と。そこで作戦会議。ガス爆発させて、海底にあった船ごと脱出。犯人まで助けるコナンくん。鎖を天井付近の岩にぶつけて爆発させようとするコナン。蹴ろうとする時、てれてーてー、が流れる。船が夢見た宝?ロマンがある。中二の時、傘使えよ、もう一本あるから。って新一が。痩せ我慢(笑)
mayuko

mayukoの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

序盤の佐藤刑事のカーチェイスがカッコ良い。夏休みの少年探偵団って感じで普段の劇場版よりほのぼのして観れた。爆破とか無いし。蘭と園子の友情の深さも垣間見えて良かったな。

このレビューはネタバレを含みます

トレジャーハンター サメ
さりげなくマッチ借りて指紋取る高木刑事がかっこよかった
犯人初めて当てれた!
子供時代初めて見たコナン映画だから懐かしいかと思ったけどサメのシーン以外覚えてなかった。
駄作と言われてるけどそこまで悪くない気がした。そりゃ近年の劇場版に比べればかなり劣るけどアドベンチャー映画って感じで楽しめた。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品