名探偵コナン 紺碧の棺の作品情報・感想・評価

名探偵コナン 紺碧の棺2007年製作の映画)

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.0

「名探偵コナン 紺碧の棺」に投稿された感想・評価

評価低いけど、普通に楽しめましたb
確かに宝?を見つけるまでとか超あっさりですが、リゾート地っぽい夏の島が舞台で、明るい雰囲気がよかったです✧

そしてサメのシーンはドキっと!
園子が腕切られるところなんてこっちも痛い(>_< )
でも絶対に親友を守る蘭姉ちゃん、さすがかっこいい♪

あとまだこの頃は、歩美とか灰原さんがちょっとコナンのこと好き、、?みたいな感じがいいですね~~✩
あや

あやの感想・評価

3.7
海底宮殿がある神海島を訪れたコナン達。この島はかつて女海賊のアンとメアリーが立ち寄った島といわれ、隠し財宝を狙うトレジャーハンター達が集まっていた…ーー。
 昔見たときはピンと来なかった記憶があったので、あまり期待していなかったが、改めて見るとレギュラーを含む女性陣が次々活躍する良作だった。そして作画がとても良い。「ゼロの執行人」では安室のドライビングテクニックが評判になったが、本作の佐藤刑事も負けていない(RX-7の持ち主は皆こんななのだろうか…)。強いて言えば殺人ミステリーよりアドベンチャーに比重が置かれているため、人によっては期待と違う印象になるかもしれない。昔ピンと来なかった一因も、コナン界にいきなりアンとメアリーがこじつけられたことへの違和感だった記憶があるし…。
 蘭と園子の友情がメインのようだが、園子が戦力的に乏しい事情もあって、実際にそこまでアピールポイントがあったかは疑問(コナン映画は企画コンセプトと実現力の乖離がたまに見られる気がする…)。ただ園子を守る蘭は最高にカッコいいので必見。
テレビアニメSPなら まあまあ観れるなというレベル
ただ 映画としては コナンに求めていたのはこれじゃない感。
高木刑事のしたたかさは おっ!! となる。そこがピーク。

映画って感じじゃなくて
いつものコナンの事件って感じ
だった!
ほべ

ほべの感想・評価

3.0
私の体感としてコナン映画の中でいちばんと言ってもいいくらい人気のない作品…だけどまあまあ面白かった気がする。主題歌が良い。

というかこれを映画館で観たのが11年前というのが衝撃的…年取ったなあ
レンタルして鑑賞

微妙というよりイマイチでした。

期待していた分です。
回収してない、細かい関係者の罪状が気になるけど、アンとメアリのわくわくする友情と、コナンの格好良さが100点満点なので大好き。
蘭が自分で事件に巻き込まれていく展開が大っ嫌いだから、今回の不可抗力で巻き込まれちゃったのをコナンが助けに来る展開は大好きです。
トリック…というか、〆も自然で無理なく観れるのが良い!
昔映画館で見たことあるような、ないような……
蘭と園子は、過去作で「記憶がなくなっても友達だからね」って言ってるくらい固い絆で結ばれた親友だから、二人の友情を描くテーマ設定好き。
米花町に住んでる人護身術教わった方がいいよ。
11作目。
昔映画館に見に行ったことが懐かしい。
いま見ても面白かったけど、蘭と園子の戦うシーンはすこし興ざめ、😇
AtoZ

AtoZの感想・評価

3.2
コナン劇場版全部見ようキャンペーン
第11弾

見たことはあるんだけど個人的にはコナン映画歴代でも1番しょうもないと思ってる
なんというかコナンらしくない作品。

コナンのテーマは、ピアノイントロの部分はかっこいい。
そして導入ナーレションがいつもと違う
紹介が雑。笑
新一のアドリブ感があって嫌いじゃない

登場数秒で犯人とわかる犯人。
逆にすごい。

子供たちの宝探しがガバガバ。
橋渡った先にその注意書き置くんはあかんやろ

零の執行人の前に既に逮捕されてるおっちゃん

殺人事件じゃなくて宝探しがメインになってるせいでコナン映画としての違和感になってる。

何百年も経ってたら船の状態そんなに良くないやろ!というツッコミ。
そしてわざとらしい鎖。

いい話風に終わらせてるけど、そうでもない

コナンらしさもないしかっこいいシーンもきゅんシーンもなく
脚本家のやりたいことが空回りした感。

コナンはいつも何かしらが爆発してんな〜

〜自分メモ〜
佐藤刑事の初恋の人はルパン
おっちゃんいいやつ笑
バカンス先でトレジャーハント
子供たちは宝探しゲーム
トレジャーハンターサメにくわれる
盗まれる女海賊の宝
撃たれるトレジャーハンター
蘭と園子を人質にトレジャーハンターが宝の場所へ

爆発
>|