レッド・ファミリーの作品情報・感想・評価

「レッド・ファミリー」に投稿された感想・評価

an0nym0us

an0nym0usの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

朝鮮半島の南北問題をコミカルに描いた作品。キム・ギドク監督作はまだ手付かずなんですが、今作では脚本を務められているようで…監督作にも期待が膨らみました。

実際、外側から見るとアンタッチャブルな根っこを張り巡らせているのかもしれないけれど…とても考えさせられますね。

そう、まるで隣家の夫婦喧嘩みたいに(苦笑

敬えと騒ぐ父、お金ばかり使う母…南北だけでなく、隣国である私たち日本や中国にも重なる多層的で風刺的なキャラクターたち。

私たちアジアの国々の中で、自分たちの立ち位置を客観視する意味でも…なかなかに見応えのある一本。

極東の縮図…とも思える。

日本人には思想教育はピンと来ないかもしれないけれど、民族意識はあるはず。
なんとも…苦笑いが漏れます。

そんな民族問題の中で、生命の価値を問い掛けてくるストーリーは…とても秀逸。

見終わった後で、なんだかブルーハーツを歌いたくなってしまいました(苦笑


世界中にさだめられた
どんな記念日なんかより
あなたが生きている今日は
どんなにすばらしいだろう

世界中に建てられてる
どんな記念碑なんかより
あなたが生きている今日は
どんなに意味があるだろう


隣国であるとかの垣根を越えて…
みんなにとって、素晴らしい世界へ…

暴走特急天国行きに、駆け込み乗車で乗り込みたいもんです(笑

このレビューはネタバレを含みます

レッド・ファミリー
北朝鮮の工作員の疑似家族という恵まれた設定から生まれたのは、ぬるま湯ホームドラマだった。前半は、家族を装いながらも工作員としての任務を全うする家族に期待大でした。ただ、隣の家族の様子および、自分たちの身内の様子から、南に傾倒しだす展開はありきたりだ。結局予想通り工作員たちは、処分されるわけだが、その際の「家族演技」で情に訴える描写がまぁ、きつい。これ、日本映画だったら真っ先にたたかれるやつだよ。傑作が多い韓国映画にも、トホホな作品があることを噛み締めた。
ピロン

ピロンの感想・評価

3.8
メッセージ性がかなり感じられる工作員の話。隣の家族の夫婦喧嘩にうんざりなのに、最後にその夫婦喧嘩のセリフで泣かされるとは..
テンポがよくて引き込まれた。
koki

kokiの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃに舵を切って物語が進んでいく感じ、テレビドラマを見ているようだった。
それでも最後の芝居が始まった瞬間はちょっと胸打たれた。
なな

ななの感想・評価

3.9
北朝鮮側をどこまでリアルに描いているのか分からないけど、シビアなのは変わらないんだろうな。
後半しんどい…。
金正恩関係のニュースが出たときに2つの家族が南北問題について話すところが印象的。

韓国では生活に儒教が根付いていて「家族」「上下関係」がすごく大切だということがよく分かる。
「夫婦はお互いを敬わないと」という台詞がかなり繰り返されていたけど、それは韓国と北朝鮮の関係に対してのメッセージなのかって深読みしてしまう。

それにしても隣の家の夫婦は喧嘩ばかりでよく同居し続けられるなって逆に感心した。
北朝鮮側の女性2人がめちゃくちゃきれい。
予告から想像していたスパイコメディでは全然なかった

最後は主人公側にとても感情移入してしまった

班長が酔ったところの破壊力
Aircon

Airconの感想・評価

3.6
北朝鮮工作員の偽装家族の話。
意外性のない展開だし、
テレビドラマクオリティだけど結構おもしろかった。

工作員はいるとしても暗殺とかホントにあるのかな。
韓国ではそういうニュースとかたまにあるのかな。

勲章授与のところ良かった。
朝鮮民主主義人民共和国って同じような発音なんだ。

隣の奥さんはそうとうヤバい人だと思う。

これ北朝鮮工作員の人も観てるかな。
MTAK815

MTAK815の感想・評価

3.6
南の家族アホすぎ

もっとポップな感じの作品かと思ってたんだけど、意外にもシリアスだったなー

北は無理。
理解できない。
Fumi

Fumiの感想・評価

3.5
ここまで赤を貧しく描かれてしまうと偏った視点になってしまいそうだけど、北朝鮮側の女性が美人さんだった
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.8
金正恩マンセー!!!中盤までコメディだと思って見てたので後半のあの芝居にガチ泣き。工作員である前に一人の人間。どっちが正解かとかそんなんないだろうけど、北朝鮮工作員がまるでMr.インクレディブルばりの凄腕ファミリーなトコで笑わせといてちゃんと後半でシビアなとこもってくるの上手い。あくまでも寓話として。2組のファミリーが食卓で議論交わすとことてもいいなぁ。映画館場面でさりげなく自分の映画をアピールするキム・ギドクにちょっと笑う。あそこは「JSA」とか「シュリ」もってくるよな普通。
>|